「私は茶々がどこかで生き延びていたという説の方を取りたいです」竹内結子(茶々)2 【真田丸インタビュー】

2016年12月18日 / 21:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、真田幸村(堺雅人)を頼りにしつつも、息子、豊臣秀頼(中川大志)を溺愛するあまり、適切な決断が下せなくなる茶々を演じている竹内結子。豊臣家の悲運と茶々の波乱の生涯を語る。

 

茶々役の竹内結子

茶々役の竹内結子

-クランクアップ時はいかがでしたか。

 「真田丸」での生活が終わってしまうんだなという寂しさが大きくて、無性に泣けてきました。学びが多い現場で、茶々という役を皆さんに育てていただいた感覚が大きかったです。

-信繁と離れ、14年を経ての再登場でしたが、年月を経た演じ分けは?

 台本には「それはそれは堂々としたもので」と書かれていたのですが、見た目の変化はあまり見せないということでしたので、声のトーンを少し下げて大きく出してみるようにしました。

-茶々が自ら陣羽織を着て出ていくシーンがありました。

 試しに着てみたらインパクトが強くて採用になりました(笑)。しゃしゃり出てきたお母ちゃん感が出ていたら大成功ですね。

-大河ドラマの醍醐味(だいごみ)は、歴史上の人物像を更新していく面白さです。新しい茶々像を打ち出せたと思いますか。

 三谷(幸喜)さんの台本には、ヒステリックな部分だけでなく、母親として、女としての感情や”もろさ”も描かれていたので、一人の人間として共感を持って演じることができました。演じたことで、あの時代に確かにそこにいたんだという実感も得られた気がします。作品によって人物像や印象が違って見えるところを面白いと感じてくださっていたらうれしいですね。

-信繁が幸村となって戻ってきました。

 想像していた面影とは違っていて茶々は驚いたでしょうし、一瞬で時間が戻ったはず。ひげがかっこいいし、何かを振り払ってきた風情がありました。

-2人の関係性に変化は?

 今までは自分が好きなように話し掛けるぬいぐるみのような、持っているだけで安心する一方的な働きかけの対象だったのが、どこか頼りにする気持ちの方が強くなっています。幸村の”話を聞く”ことが圧倒的に多くなりましたし、”守られたい”という感じでしょうか。

-表面的には手を握ったり抱きついたり、ライクよりラブに近い?

 ロマンスがあってもおかしくないけど、そこまでいかないという微妙なさじ加減ですよね。これは(茶々のような)甘ったれにしかできないこと。恋人というよりは兄や父に重ねるような。異性の部分は強くないと思います。

-大河で得たものは?

 一人で着物が着られるようになったことです。毎度のリハーサルのために自分で着付けをしていて、気づいたら着られるようになっていました。

-撮影現場の雰囲気は?

 皆さん自分にしかできない役柄だという誇りを持って演じているところがあったと思います。スタッフの皆さんも温かくて、とてもすてきな現場でした。

-印象に残っているシーンは?

 初対面した信繁の顔をぴたっと触って「割と好きな顔」って言うシーン。それと、石田三成(山本耕史)が桃の木を持ってくるシーン。あの場面では茶々の政治的な能力の無さを感じました。茶々は三成と家康(内野聖陽)が対立していることにも無関心ですし、大蔵卿局(峯村リエ)が豊臣の権力闘争に利用されることを懸念して三成から遠ざけようとしていることにも気付きません。姫という存在は大事にされ過ぎて周りが見えなくなると思ったシーンでした。

-大坂の陣の一番の敗因は?

 これでいいと決めたことがことごとく負の結果を招いていく感じがあって、ころころと悪い方へ転がっていきました。片桐且元(小林隆)をはじめ、秀吉の時代からの豊臣恩顧の家臣たちが大坂にいないという状況を作ってしまったこと。目先の結果ではなくもっと先を見すえて、物事を広く見て考えることができていたらと思いました。

-茶々の人生をどう振り返りますか?

 終盤で「逃げ出したい、死んでしまいたい」と言っている茶々に幸村が「生きる希望を持ってちゃんとあなたは一人で立っていきなさい」と気の持ち方を正すんですが、それがなければ殿下(秀吉)や誰かのせいにしたまま終える人生だったような気がします。「秀頼と生きるために彼を支え、生きる望みを捨てずにいよう」と考えが変わるんです。その望みを持って迎えたラストシーンだったのでもう、ね。私はどこかで生き延びていたんじゃないかという説をとりたい。茶々のお墓というものに対し、いやこんな所で眠ってなんかいないはず、フェイク(偽物)なんじゃないかと勝手に生存説を唱えています。私の思いの中だけでのことですからアリだと言わせてください。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

page top