「私は茶々がどこかで生き延びていたという説の方を取りたいです」竹内結子(茶々)2 【真田丸インタビュー】

2016年12月18日 / 21:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、真田幸村(堺雅人)を頼りにしつつも、息子、豊臣秀頼(中川大志)を溺愛するあまり、適切な決断が下せなくなる茶々を演じている竹内結子。豊臣家の悲運と茶々の波乱の生涯を語る。

 

茶々役の竹内結子

茶々役の竹内結子

-クランクアップ時はいかがでしたか。

 「真田丸」での生活が終わってしまうんだなという寂しさが大きくて、無性に泣けてきました。学びが多い現場で、茶々という役を皆さんに育てていただいた感覚が大きかったです。

-信繁と離れ、14年を経ての再登場でしたが、年月を経た演じ分けは?

 台本には「それはそれは堂々としたもので」と書かれていたのですが、見た目の変化はあまり見せないということでしたので、声のトーンを少し下げて大きく出してみるようにしました。

-茶々が自ら陣羽織を着て出ていくシーンがありました。

 試しに着てみたらインパクトが強くて採用になりました(笑)。しゃしゃり出てきたお母ちゃん感が出ていたら大成功ですね。

-大河ドラマの醍醐味(だいごみ)は、歴史上の人物像を更新していく面白さです。新しい茶々像を打ち出せたと思いますか。

 三谷(幸喜)さんの台本には、ヒステリックな部分だけでなく、母親として、女としての感情や”もろさ”も描かれていたので、一人の人間として共感を持って演じることができました。演じたことで、あの時代に確かにそこにいたんだという実感も得られた気がします。作品によって人物像や印象が違って見えるところを面白いと感じてくださっていたらうれしいですね。

-信繁が幸村となって戻ってきました。

 想像していた面影とは違っていて茶々は驚いたでしょうし、一瞬で時間が戻ったはず。ひげがかっこいいし、何かを振り払ってきた風情がありました。

-2人の関係性に変化は?

 今までは自分が好きなように話し掛けるぬいぐるみのような、持っているだけで安心する一方的な働きかけの対象だったのが、どこか頼りにする気持ちの方が強くなっています。幸村の”話を聞く”ことが圧倒的に多くなりましたし、”守られたい”という感じでしょうか。

-表面的には手を握ったり抱きついたり、ライクよりラブに近い?

 ロマンスがあってもおかしくないけど、そこまでいかないという微妙なさじ加減ですよね。これは(茶々のような)甘ったれにしかできないこと。恋人というよりは兄や父に重ねるような。異性の部分は強くないと思います。

-大河で得たものは?

 一人で着物が着られるようになったことです。毎度のリハーサルのために自分で着付けをしていて、気づいたら着られるようになっていました。

-撮影現場の雰囲気は?

 皆さん自分にしかできない役柄だという誇りを持って演じているところがあったと思います。スタッフの皆さんも温かくて、とてもすてきな現場でした。

-印象に残っているシーンは?

 初対面した信繁の顔をぴたっと触って「割と好きな顔」って言うシーン。それと、石田三成(山本耕史)が桃の木を持ってくるシーン。あの場面では茶々の政治的な能力の無さを感じました。茶々は三成と家康(内野聖陽)が対立していることにも無関心ですし、大蔵卿局(峯村リエ)が豊臣の権力闘争に利用されることを懸念して三成から遠ざけようとしていることにも気付きません。姫という存在は大事にされ過ぎて周りが見えなくなると思ったシーンでした。

-大坂の陣の一番の敗因は?

 これでいいと決めたことがことごとく負の結果を招いていく感じがあって、ころころと悪い方へ転がっていきました。片桐且元(小林隆)をはじめ、秀吉の時代からの豊臣恩顧の家臣たちが大坂にいないという状況を作ってしまったこと。目先の結果ではなくもっと先を見すえて、物事を広く見て考えることができていたらと思いました。

-茶々の人生をどう振り返りますか?

 終盤で「逃げ出したい、死んでしまいたい」と言っている茶々に幸村が「生きる希望を持ってちゃんとあなたは一人で立っていきなさい」と気の持ち方を正すんですが、それがなければ殿下(秀吉)や誰かのせいにしたまま終える人生だったような気がします。「秀頼と生きるために彼を支え、生きる望みを捨てずにいよう」と考えが変わるんです。その望みを持って迎えたラストシーンだったのでもう、ね。私はどこかで生き延びていたんじゃないかという説をとりたい。茶々のお墓というものに対し、いやこんな所で眠ってなんかいないはず、フェイク(偽物)なんじゃないかと勝手に生存説を唱えています。私の思いの中だけでのことですからアリだと言わせてください。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top