【インタビュー】『ReLIFE リライフ』中川大志、平祐奈 「メークさんから『17歳にする方が大変だ』と言われています」(中川)/「大志くんが本当に27歳の人のように見えてきます」(平)

2016年12月17日 / 17:00

 漫画アプリ「comico」の人気ナンバーワン作品を映画化した『ReLIFE リライフ』(2017年4月15日公開)の撮影が11月23日、宮城県仙台市の尚絅学院大学で行われ、出演者の中川大志、平祐奈、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大らが参加した。快晴ながら時折小雪がちらつき、寒風が吹く中、約300人のエキストラが参加し、学園祭での女子バンドの演奏シーンや、主人公が乱闘に巻き込まれるシーンなどが撮影された。

 本作は、27歳の主人公・海崎新太が、1年間限定で見た目だけ若返り、高校3年生に編入し、人生をやり直すという青春ストーリー。中川が海崎を演じ、彼が恋をする女子高生・日代千鶴を平が演じる。この日の撮影終了後、二人がインタビューに応じた。

 

(前列左から)平祐奈、中川大志、(後列左から)池田エライザ、高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵

(前列左から)平祐奈、中川大志、(後列左から)池田エライザ、高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵

-撮影現場の雰囲気はいかがですか。

中川 11月3日に東京でクランクインして、仙台に来てから2週間ぐらいたちました。撮影はすごく楽しいです。

 みんな仲が良くて、監督やスタッフも本当に穏やかな人ばかり。寒いけれど心は温かいです。

-27歳の主人公が10年若返って高校生になるという設定とは逆に、18歳が27歳を演じる難しさは?

中川 昔から割と年上に見られることが多くて、年上の役をやることが多かったのですが、まさか18歳で27歳の役を頂くとは思っていませんでした。新たな挑戦で不安も大きかったのですが、27歳の海崎のパートはすごく手応えがありました。ビジュアル面では衣装やメークのチームと一緒に試行錯誤しながら27歳っぽく作っていますが、もともと老け顔なので、メークさんからは「17歳にする方が大変だ」と言われています(笑)。27歳は想像の域でしか演じることができないので難しいけれど楽しいです。同級生役のキャストは自分よりも年上の人が多いのですが、演じているとその人たちがかわいく見えてきます。みんなが10歳年下だと感じられるようになってきて、海崎というキャラクターが出来上がったという気がしました。

中川 主人公がタイムスリップをする話ではないので、過去に戻るわけではありません。1年間限定で高校生になるというのがちょっと新しい気がします。海崎は見た目は高校生だけど中身は27歳なんです。実際の僕はその年にはなっていないので、想像するしかないのですが、普段、高校生として当たり前だと思っていることが、海崎として外から見ると新鮮な感じがしました。

 大志くんは本当は18歳だけど、27歳が18歳になっている感じをちゃんと演じてくれているので、こちらも気持ちを作りやすいです。毎日すごいなあと思っています。本当に27歳の人のように見えてくるんです。

中川 この映画はファンタジーですが、細かい部分をよりリアルに表現できたら面白くなると思います。実際の自分はまだ高校生なので、油断すると普段の自分が出てしまいます。だから、27歳の男が10年ぶりに高校生に戻った時に、どう動いたり感じたりするのかを常に考えながら演じています。大人としての戸惑いや、27歳の感覚や話し方を意識しています。

-お互いのことをどう思っていますか。

中川 祐奈ちゃんは、クランクインの前から、役のことをノートに書いたりして、研究したり準備したりしています。表情やしぐさを見ていると、台本を読み込んでいるのがよく分かります。これなら原作の好きな方にも十分に伝わるはず。すごいと思います。

 映画での共演は3度目ですが、大志くんはすごく真面目で、いろいろな表情を持っています。毎回、本当に登場人物の気持ちになって演じています。とても同い年とは思えない。尊敬するところばかりです。

-自分がブレークしたなと思う瞬間は?

中川 年配の方に声を掛けていただくことが増えたことでしょうか。今回のように主役をやらせてもらうことで、自分の作品、自分の大切な現場だという思いがとても強くなりました。幸せだなあという思いが常にあるし、もっと頑張らなくちゃと思います。

-もし27歳になれたら何をしたいですか。

中川 千葉(雄大)くんと飲みに行きたいですね。

 結婚したいです。

(取材・文/田中雄二)

(左から)高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵、平祐奈、池田エライザ、中川大志

(左から)高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵、平祐奈、池田エライザ、中川大志

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top