【インタビュー】『ReLIFE リライフ』中川大志、平祐奈 「メークさんから『17歳にする方が大変だ』と言われています」(中川)/「大志くんが本当に27歳の人のように見えてきます」(平)

2016年12月17日 / 17:00

 漫画アプリ「comico」の人気ナンバーワン作品を映画化した『ReLIFE リライフ』(2017年4月15日公開)の撮影が11月23日、宮城県仙台市の尚絅学院大学で行われ、出演者の中川大志、平祐奈、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大らが参加した。快晴ながら時折小雪がちらつき、寒風が吹く中、約300人のエキストラが参加し、学園祭での女子バンドの演奏シーンや、主人公が乱闘に巻き込まれるシーンなどが撮影された。

 本作は、27歳の主人公・海崎新太が、1年間限定で見た目だけ若返り、高校3年生に編入し、人生をやり直すという青春ストーリー。中川が海崎を演じ、彼が恋をする女子高生・日代千鶴を平が演じる。この日の撮影終了後、二人がインタビューに応じた。

 

(前列左から)平祐奈、中川大志、(後列左から)池田エライザ、高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵

(前列左から)平祐奈、中川大志、(後列左から)池田エライザ、高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵

-撮影現場の雰囲気はいかがですか。

中川 11月3日に東京でクランクインして、仙台に来てから2週間ぐらいたちました。撮影はすごく楽しいです。

 みんな仲が良くて、監督やスタッフも本当に穏やかな人ばかり。寒いけれど心は温かいです。

-27歳の主人公が10年若返って高校生になるという設定とは逆に、18歳が27歳を演じる難しさは?

中川 昔から割と年上に見られることが多くて、年上の役をやることが多かったのですが、まさか18歳で27歳の役を頂くとは思っていませんでした。新たな挑戦で不安も大きかったのですが、27歳の海崎のパートはすごく手応えがありました。ビジュアル面では衣装やメークのチームと一緒に試行錯誤しながら27歳っぽく作っていますが、もともと老け顔なので、メークさんからは「17歳にする方が大変だ」と言われています(笑)。27歳は想像の域でしか演じることができないので難しいけれど楽しいです。同級生役のキャストは自分よりも年上の人が多いのですが、演じているとその人たちがかわいく見えてきます。みんなが10歳年下だと感じられるようになってきて、海崎というキャラクターが出来上がったという気がしました。

中川 主人公がタイムスリップをする話ではないので、過去に戻るわけではありません。1年間限定で高校生になるというのがちょっと新しい気がします。海崎は見た目は高校生だけど中身は27歳なんです。実際の僕はその年にはなっていないので、想像するしかないのですが、普段、高校生として当たり前だと思っていることが、海崎として外から見ると新鮮な感じがしました。

 大志くんは本当は18歳だけど、27歳が18歳になっている感じをちゃんと演じてくれているので、こちらも気持ちを作りやすいです。毎日すごいなあと思っています。本当に27歳の人のように見えてくるんです。

中川 この映画はファンタジーですが、細かい部分をよりリアルに表現できたら面白くなると思います。実際の自分はまだ高校生なので、油断すると普段の自分が出てしまいます。だから、27歳の男が10年ぶりに高校生に戻った時に、どう動いたり感じたりするのかを常に考えながら演じています。大人としての戸惑いや、27歳の感覚や話し方を意識しています。

-お互いのことをどう思っていますか。

中川 祐奈ちゃんは、クランクインの前から、役のことをノートに書いたりして、研究したり準備したりしています。表情やしぐさを見ていると、台本を読み込んでいるのがよく分かります。これなら原作の好きな方にも十分に伝わるはず。すごいと思います。

 映画での共演は3度目ですが、大志くんはすごく真面目で、いろいろな表情を持っています。毎回、本当に登場人物の気持ちになって演じています。とても同い年とは思えない。尊敬するところばかりです。

-自分がブレークしたなと思う瞬間は?

中川 年配の方に声を掛けていただくことが増えたことでしょうか。今回のように主役をやらせてもらうことで、自分の作品、自分の大切な現場だという思いがとても強くなりました。幸せだなあという思いが常にあるし、もっと頑張らなくちゃと思います。

-もし27歳になれたら何をしたいですか。

中川 千葉(雄大)くんと飲みに行きたいですね。

 結婚したいです。

(取材・文/田中雄二)

(左から)高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵、平祐奈、池田エライザ、中川大志

(左から)高杉真宙、千葉雄大、岡崎紗絵、平祐奈、池田エライザ、中川大志

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top