「SixTONES」ジェシー、松村北斗、田中樹、好きな女子のタイプ&理想のデートを語る 【インタビュー『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』】

2016年9月2日 / 17:18

 ジャニーズJr.内のグループSixTONES(ストーンズ)のジェシー、松村北斗、田中樹が初主演した青春SF映画『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』が、9月3日から公開される。『私立バカレア高校』でも共演した3人が、本作で自身にそっくりと語るキャラクターを演じた様子や、リアルな恋愛観について語った。

 

(C)2016「バニラボーイ」製作委員会

(C)2016「バニラボーイ」製作委員会

─本作は3人の初主演映画でしたが、現場の様子はいかがでしたか。

田中 大先輩の方がたくさんいらしたけど、撮影の合間は皆さん気さくに話しかけてくださいました。

ジェシー 要潤さんもかっこいいし。最初は怖そうだったけど、芝居中に台本と全然違うことをやり出して。笑っていいシーンだったけど、芝居をしている俺たちがテレビを見ているような感じで笑っちゃいました。

田中 そう、芝居中に素で笑っちゃったんですよ。部室のシーンだったのですが、要さんは部活の顧問の先生を演じられていて。一緒のシーンが多くてすごく面白かったです。

松村 (カメラが回っていない)裏も面白かったですし、撮影場所にあるものを大事にしたような、ライブ感のある現場だったと思います。

─要潤さんのアドリブには皆さんもアドリブで対抗したのですか。

田中 沖縄のシーンはジェシーと要さんのやり取りが多くて、ジェシーがアドリブを入れたらそれに要さんが乗ってきてくれたりしたよね。

ジェシー 「えー、聞いてないですけど?」って(アドリブで)言ったら、要さんも「いやいや言ってないですから」って応えてくれて。「やってくれた!」って思いました。

―小西成弥さんや前田航基さんは同じ部員の役でしたが、同年代の共演者はどんな感じでしたか。

田中 2人(ジェシー、松村)とも溶け込んだよね。

松村 最初は「3人ってこういう雰囲気なんだ」って思って見ていたら、樹もジェシーも話しかけるからすっと入って。ジェシーはみんなにいじられるし、樹はみんなのことをいじるし、自然と5人の雰囲気になっていました。

―ジェシーさん、松村さん、田中さんは『私立バカレア高校』でも共演していましたが、今回新たな発見はありましたか。

ジェシー 顔が大人になりました(笑)。

松村 これまで共演してきた作品とは違う作風で、「こういうのも一緒にできるんだ」と思ったことは発見でした。

ジェシー コメディーテイストが『バカレア』よりも強いけど、はしゃいでばかなことをするシーンもみんな大人になった芝居というか、恥ずかしさがなくなっていると思います。

松村 ある意味まだ制服もいけるなと。撮影は去年だったから全員コスプレなんですよ。

田中 俺がまだ18歳だったからね。後、シンプルにあんな楽しそうな北斗は初めて見ました。何年も一緒に仕事をしているけど、同世代の(小西)成弥や(前田)航基もいて、北斗が仲良くなっているのを見ていたらある意味嫉妬したというか。

ジェシー メンバーと話してるよりも楽そうだった(笑)。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top