「SixTONES」ジェシー、松村北斗、田中樹、好きな女子のタイプ&理想のデートを語る 【インタビュー『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』】

2016年9月2日 / 17:18

 ジャニーズJr.内のグループSixTONES(ストーンズ)のジェシー、松村北斗、田中樹が初主演した青春SF映画『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』が、9月3日から公開される。『私立バカレア高校』でも共演した3人が、本作で自身にそっくりと語るキャラクターを演じた様子や、リアルな恋愛観について語った。

 

(C)2016「バニラボーイ」製作委員会

(C)2016「バニラボーイ」製作委員会

─本作は3人の初主演映画でしたが、現場の様子はいかがでしたか。

田中 大先輩の方がたくさんいらしたけど、撮影の合間は皆さん気さくに話しかけてくださいました。

ジェシー 要潤さんもかっこいいし。最初は怖そうだったけど、芝居中に台本と全然違うことをやり出して。笑っていいシーンだったけど、芝居をしている俺たちがテレビを見ているような感じで笑っちゃいました。

田中 そう、芝居中に素で笑っちゃったんですよ。部室のシーンだったのですが、要さんは部活の顧問の先生を演じられていて。一緒のシーンが多くてすごく面白かったです。

松村 (カメラが回っていない)裏も面白かったですし、撮影場所にあるものを大事にしたような、ライブ感のある現場だったと思います。

─要潤さんのアドリブには皆さんもアドリブで対抗したのですか。

田中 沖縄のシーンはジェシーと要さんのやり取りが多くて、ジェシーがアドリブを入れたらそれに要さんが乗ってきてくれたりしたよね。

ジェシー 「えー、聞いてないですけど?」って(アドリブで)言ったら、要さんも「いやいや言ってないですから」って応えてくれて。「やってくれた!」って思いました。

―小西成弥さんや前田航基さんは同じ部員の役でしたが、同年代の共演者はどんな感じでしたか。

田中 2人(ジェシー、松村)とも溶け込んだよね。

松村 最初は「3人ってこういう雰囲気なんだ」って思って見ていたら、樹もジェシーも話しかけるからすっと入って。ジェシーはみんなにいじられるし、樹はみんなのことをいじるし、自然と5人の雰囲気になっていました。

―ジェシーさん、松村さん、田中さんは『私立バカレア高校』でも共演していましたが、今回新たな発見はありましたか。

ジェシー 顔が大人になりました(笑)。

松村 これまで共演してきた作品とは違う作風で、「こういうのも一緒にできるんだ」と思ったことは発見でした。

ジェシー コメディーテイストが『バカレア』よりも強いけど、はしゃいでばかなことをするシーンもみんな大人になった芝居というか、恥ずかしさがなくなっていると思います。

松村 ある意味まだ制服もいけるなと。撮影は去年だったから全員コスプレなんですよ。

田中 俺がまだ18歳だったからね。後、シンプルにあんな楽しそうな北斗は初めて見ました。何年も一緒に仕事をしているけど、同世代の(小西)成弥や(前田)航基もいて、北斗が仲良くなっているのを見ていたらある意味嫉妬したというか。

ジェシー メンバーと話してるよりも楽そうだった(笑)。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「皆さんに奄美のことを知っていただけるのが本当にうれしいです」里アンナ(里千代金)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年5月20日

 奄美大島に流された吉之助(鈴木亮平)は、思いやりと優しさにあふれた人柄で信頼を得て、島民たちとの交流を深めていく。その1人が、愛加那の義理の姉でもある島唄の名手・里千代金だ。演じているのは、オープニングテーマで美しい歌声を披露している奄美 … 続きを読む

【映画コラム】CGの発達で映画化が可能になった『ランペイジ 巨獣大乱闘』と『ピーターラビット』

映画2018年5月19日

 今週は、CGの発達によって映画化が可能になった“動物絡み”の2作を紹介する。まずは、ドウェイン・ジョンソンが、巨獣たちと互角に渡り合う!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』から。  遺伝子操作の実験の失敗によって、ゴリラとオオカミとワニが巨大化か … 続きを読む

セクシャルマイノリティーの役柄に「責任を感じる」トランスジェンダーの次はゲイの美男子役 志尊淳(藤堂誠)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年5月18日

 秋風羽織(豊川悦司)の漫画家事務所「オフィス・ティンカーベル」でアシスタントとして働くゲイの美青年ボクテ(藤堂誠)を演じる志尊淳。ドラマ10 「女子的生活」でのトランスジェンダー役に続き、ゲイというセクシャルマイノリティーのキャラクターを … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】須賀健太が語る2.5Dの魅力「特殊な世界観」と「高いエンターテインメント性」

アイドル2018年5月15日

 3歳で子役としてデビュー以来、現在まで映画やドラマ、そして舞台の第一線で活躍し続けている須賀健太。2.5D(2.5次元ミュージカルの略)作品では、現在上演中のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”の主役・日向翔陽 … 続きを読む

【インタビュー】『ピーターラビット』ウィル・グラック監督「CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかった」

映画2018年5月15日

 1902年の初出版以来、世界中で親しまれているビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』が初めて実写映画化された。5月18日の日本公開を前に来日したウィル・グラック監督が、イギリスの美しい湖水地方を舞台にした本作の見どころや、製作 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top