要潤「多部ちゃんは正直だけで生きてる…」 多部未華子、“独自キャラ”で会場魅了

2016年4月14日 / 20:27

ほんわかキャラで会場を魅了した多部未華子

 映画『あやしい彼女』の大ヒット御礼舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、要潤、水田伸生監督が登場した。

 73歳のおばあちゃんが心はそのままに、突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を描いたこの作品は、公開後、多方面で好評価を獲得。

 周囲の反響について要が「同級生の友だちから『久しぶりに終わってほしくない映画だったね』とメールをもらいました」と笑顔で明かせば、水田監督も「ヤフーの映画レビューで、評価平均が(5点満点中)4点を超えたのは僕の作品7作目にして初めて」と喜んだ。

 一方、主人公の節子を演じた多部は、「(反響は)私は全然聞いてないですね…」とポツリ。劇中では歌声を披露するなど、熱演ぶりが話題となっているものの「友だちからもLINEで『見たよ~』と来ても、(私からは)『そうなんだ~』で(話は)大体は終わるので…」と明かすと、「感想は特に聞いてないんです」とほんわかした回答で笑いを誘った。

 また、“イケメン”音楽プロデューサー役を演じた要は、役作りについて「(劇中歌をプロデュースした)小林武史さんを意識してやりました」と明かし「お会いしたことはないのですが、メディアに出ている姿やインタビューの記事を読んで“こういう人なんだろうな”と想像して…」と撮影を述懐。

 一方、今回小林氏のレッスンを直接受けた多部は「似ていたと思う?」という質問に「いや、特には似てなかったですけど…」とあっさり回答。これに要は「多部ちゃんは正直。正直だけでこの業界生きてますよね…」と苦笑いを浮かべ、多部は「どっちもカッコいいですよ。似てないけど…」とマイペースにフォローしていた。

 さらに、劇中と反対の設定で「朝起きて突然73歳になっていたらどうする?」という質問も。多部は「どうしましょうね。結婚もしてないのに…。とりあえず自撮りして友だちに『ヤバくない?』ってメールを送ります。あっ、戻れるんですか? もし1日で(実年齢に)戻れるって分かっているんだったら、誰にも会わず1日家にいますね」と淡々と答え、再び笑いを誘っていた。

多部未華子(左)と要潤

多部未華子(左)と要潤


芸能ニュースNEWS

佐藤二朗、ジャック・ブラックのメッセージに感激 宮沢りえ「2人の体積が似ている気がする…」

映画2018年9月24日

 映画『ルイスと不思議の時計』吹き替え版完成会見が24日、東京都内で行われ、吹き替え声優を務めた佐藤二朗、宮沢りえ、松本梨香ほかが登場した。  本作は、両親を亡くした少年ルイスが、伯父でポンコツの魔法使いジョナサンと、隣に住む一流魔女のツィ … 続きを読む

佐藤流司&藤田玲「撮影現場でもラブラブ」 木崎ゆりあ「入り込む隙がなかった」

映画2018年9月24日

 映画『ダブルドライブ ~龍の絆~』初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の佐藤流司、藤田玲、木崎ゆりあ、脇知弘が登壇した。  本作は、『ガチパン』『闇金ドッグス』の製作スタッフが再集結し、過激な暴力描写で描いたクライムアクショ … 続きを読む

小泉今日子「“ツナグ女”になる」 「偉大な先輩方の教えを次の世代に…」 

映画2018年9月22日

 映画『食べる女』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、シャーロット・ケイト・フォックス、壇蜜、鈴木京香と原作者の筒井ともみ氏、生野慈朗監督が登壇した。  本作は、筒井氏の短 … 続きを読む

棚橋弘至と寺田心がそろって“男泣き” 木村佳乃「棚橋さんは女子力が高い」

映画2018年9月22日

 映画『パパはわるものチャンピオン』の公開記念舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の棚橋弘至、木村佳乃、子役の寺田心くんほかが登場した。  本作は、悪役レスラーを職業とするパパ・孝志(棚橋)が、自身のプライドと家族のために最強のチ … 続きを読む

野村周平、SNS利用の難しさを語る 「会ったこともないのに人格否定しないで」

映画2018年9月22日

 映画『純平、考え直せ』の初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、柳ゆり菜、毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、片岡礼子と森岡利行監督ほかが登壇した。  本作は、奥田英朗氏の同名小説を映画化した衝撃作。対立する組の幹部の命を取 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top