要潤「多部ちゃんは正直だけで生きてる…」 多部未華子、“独自キャラ”で会場魅了

2016年4月14日 / 20:27

ほんわかキャラで会場を魅了した多部未華子

 映画『あやしい彼女』の大ヒット御礼舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、要潤、水田伸生監督が登場した。

 73歳のおばあちゃんが心はそのままに、突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる珍騒動を描いたこの作品は、公開後、多方面で好評価を獲得。

 周囲の反響について要が「同級生の友だちから『久しぶりに終わってほしくない映画だったね』とメールをもらいました」と笑顔で明かせば、水田監督も「ヤフーの映画レビューで、評価平均が(5点満点中)4点を超えたのは僕の作品7作目にして初めて」と喜んだ。

 一方、主人公の節子を演じた多部は、「(反響は)私は全然聞いてないですね…」とポツリ。劇中では歌声を披露するなど、熱演ぶりが話題となっているものの「友だちからもLINEで『見たよ~』と来ても、(私からは)『そうなんだ~』で(話は)大体は終わるので…」と明かすと、「感想は特に聞いてないんです」とほんわかした回答で笑いを誘った。

 また、“イケメン”音楽プロデューサー役を演じた要は、役作りについて「(劇中歌をプロデュースした)小林武史さんを意識してやりました」と明かし「お会いしたことはないのですが、メディアに出ている姿やインタビューの記事を読んで“こういう人なんだろうな”と想像して…」と撮影を述懐。

 一方、今回小林氏のレッスンを直接受けた多部は「似ていたと思う?」という質問に「いや、特には似てなかったですけど…」とあっさり回答。これに要は「多部ちゃんは正直。正直だけでこの業界生きてますよね…」と苦笑いを浮かべ、多部は「どっちもカッコいいですよ。似てないけど…」とマイペースにフォローしていた。

 さらに、劇中と反対の設定で「朝起きて突然73歳になっていたらどうする?」という質問も。多部は「どうしましょうね。結婚もしてないのに…。とりあえず自撮りして友だちに『ヤバくない?』ってメールを送ります。あっ、戻れるんですか? もし1日で(実年齢に)戻れるって分かっているんだったら、誰にも会わず1日家にいますね」と淡々と答え、再び笑いを誘っていた。

多部未華子(左)と要潤

多部未華子(左)と要潤


芸能ニュースNEWS

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

「赤いナースコール」5話“恐怖の病院”の謎に考察多数 「“院長”鹿賀丈史に息子がいる?」「“老婆”藤夏子が母親?」

ドラマ2022年8月9日

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演するドラマ「赤いナースコール」(テレビ東京系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、主人公の春野翔太朗(佐藤)が入院した病院で、奇妙な現象や連続殺人などの恐怖に見舞われる、“5分に1回の恐怖”をテーマ … 続きを読む

「競争の番人」“六角”加藤清史郎の決意に「カッコいい」 アレス電機編が解決「仲間との絆は大事だと思った」

ドラマ2022年8月9日

 坂口健太郎と杏がW主演するドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)の第5話が、8日に放送された。  本作は、“公正取引委員会”を舞台に、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉(坂口)と、実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓(杏)がバディを組 … 続きを読む

竹内涼真、初共演の横浜流星と「仲良くなれた」 「現場で互いのダサい部分をさらけ出す」

映画2022年8月9日

 映画『アキラとあきら』完成披露舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の竹内涼真、横浜流星、高橋海人(King & Prince)、石丸幹二、ユースケ・サンタマリア、江口洋介と三木孝浩監督が登壇した。  池井戸潤氏の同名小説を … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top