「夫婦2人でいる時は照代が主導権を握っています」 森田照代(平岩紙) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年9月2日 / 14:23

 高畑充希がヒロインを演じる連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。第100回からは常子たちが以前に住み込みで働いていた仕出し屋、森田屋の主人・宗吉(ピエール瀧)とその妻・照代(平岩紙)が再登場。終戦により東京に戻ってきた2人は洋食屋「キッチン森田屋」として新たな一歩を踏み出した。平岩が朝ドラに登場するのは「ちゅらさん」(01)、「ゲゲゲの女房」(10)に続き3度目。常子たちを温かく見守る夫婦を演じる上で、大切にしていることや共演者とのエピソードを語った。

 

森田照代役の平岩紙 

森田照代役の平岩紙

-約2カ月ぶりに撮影に入った時の現場の様子はいかがでしたか。

 常子たちに久々に会ったら、大人びていてちょっと寂しくなりました(笑)。あれ、色気づいた?って…。自分もまだ36歳なんですが、常子たちに会うと“大人になったなぁ”と感じます。

-再登場に際して、役作りで意識したことはありますか。

 表には見せないのですが、夫婦2人でいる時は照代が主導権を握っているんだなと、瀧さんとも、お互いにそう思ってやってきました。(宗吉の母の)まつさんがいなくなって、照代もしっかりしなきゃと思う半面、自分も年を取ってきているので、前よりも夫婦で仲良く支え合っているような印象です。

-外見からのアプローチもありますね。

 はい。瀧さんもコックの姿になっているし、私もシワを増やしたり、髪を分けて白髪にしたりなど、見た目がまず変わっています。前より落ち着いて腰が据わった感じになっていると思います。

-照代はどんな人物だと思いますか。

 肝が据わっている人です。ほんわかとしているけど、考えをちゃんと持っていて、たまにすごく辛辣(しんらつ)なことを言ったりもするけど嫌味はない。ある意味、裏表がないんです。

-平岩さんと照代さんとは似ている部分はありますか。

 似ているかもしれない。親には「すごく頑固だ」と言われるし、決めたことは曲げないタイプなので。照代よりも頑固です(笑)。ほかにも、共通点はあります。自分ではあまりのんびりしているとは思っていないけど、周りの人にそう思われていたり、モニターで自分の映像を見た時に、動きがすごく遅いなと自分でもびっくりすることがあります(笑)。

-宗吉は年齢を重ねたことで少し穏やかになったイメージがありますが。

 怒鳴らなくなりました。怒鳴る相手もいないんですよね(笑)。

-ミュージシャンでもあるピエール瀧さんとの共演はいかがですか。

 体も心もでっかくて器も大きいし、めちゃくちゃ優しいです。リハーサルの時も全体を見ていて、「ここ違和感あるよ」という部分があれば監督に伝えてくれる。みんなの思いをまとめるリーダー的な存在です。それでいて圧力もない。すごく自然で優しい方です。

-演技についての印象はいかがですか。

 自然体だけどちゃんと考えて役作りをされている。音楽をやっている方の演技に私自身すごく興味を持っているんです。役者だと「こういうせりふはこうしゃべる」といった、せりふのリズムがメソッドのように決まっている部分があるのですが、音楽の人ってそれをいい意味で乱してくれる。それが楽譜みたいで、いきなりビョーンと違う音符にいったりするのが面白いなって思っていて。昔、忌野清志郎さんとご一緒した時も「こういう球を投げるんだな」って感動しました(笑)。

-先ほど言っていた、平岩さんの頑固さを示すエピソードを聞かせてください。

 私が「役者になる」と言い出した時も、やると言ったら曲げないので、親も意外と驚かずに「じゃあ東京に行きなさい」とパーッと送り出してくれたんです。私が幼いころにちょっと病気をしてしまったこともあって、「こうしなさい」「ああしなさい」という家庭ではなく、やりたいことをやらせてあげようという環境で。それが今につながっていると思います。

-平岩さんが女優をやっていくうえで心掛けていることは?

 仕事では柔軟でありたいし、監督の言うことも聞きますが、昔からどこかで平岩としてのスパイスを効かせたいなというのはあります。自分が出させてもらう意味をなんとなく残せたらいいなと。名前を知らなくても「この役者さんまた出てる」と思ってもらえるような存在でありたいです。

-今回も味のある役柄ですが苦労はありますか。

 自分が体験したことのない年齢を演じるのがすごく難しいです。背伸びをしている状態で演技をしているんですけど、それを見せたくないというのもあって(笑)。自分の母親だったらこんな時にどんな顔をするだろうって、身内の表情を想像しながら頑張っています。

-余裕なのかなと思っていました。

 全然です!(笑)。声のトーンを落としたりして、工夫しながらやっています。

-役柄と同様、女優としても新しい世代を見守る立場になってきました。

 年を取ってくると監督にあまり怒られないと聞くし、先輩からも「怒られた方がいいよ」と言われてきたのですが、中堅になると本当に言われなくなるので、やばいやばいと思って(笑)。自分より若い人が増えているのでもっとしっかりしなきゃと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top