「三成と吉継は、ただ信頼し合っているという関係ではなく、また違った感じの男の世界。涙なしでは語れません」片岡愛之助(大谷吉継)【真田丸 インタビュー】

2016年9月1日 / 07:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で豊臣家の重臣、大谷吉継を演じている片岡愛之助。豊臣秀吉(小日向文世)の死後、孤立する盟友、石田三成(山本耕史)に加勢し、義を貫く壮絶な生きざまを語る。

 

大谷吉継役の片岡愛之助

大谷吉継役の片岡愛之助

-大谷吉継はどんな人物ですか。

 吉継は石田三成以上に、さらに物事を俯瞰して見ている落ち着いた人物です。ただ、わーっと感情的なシーンがなく、いい人過ぎて最初はどう演じていいのか不安でした。結局、台本を読み込んだことでようやくそういう人物像に至りました。ですが、いい人キャラクターの中に冷酷さもあるんです。ですから、NHKの番組で「すごくいい人ですよ」って言った後の放送回で、千利休(桂文枝)に冷酷に切腹を言い渡していたりして、周りからは「本当にいい人なの?」って言われていました(笑)。

-三谷幸喜さんからの要望は?

 「すてきにかっこよく、関ヶ原の西の陣にさっそうと吹く風のような男であってください」ということでした。

-山本耕史さんとは大河ドラマ「新選組!」のスピンオフの「新選組!!土方歳三 最期の一日」でも共演されていますね。

 それ以来です。何年も会っていませんでしたが、吉継と三成のようにすっと入れました。

-あのドラマでも、愛之助さんが演じた榎本武揚は山本さんが演じた土方を助けようとしました。今回の関係とかぶりますね。

 そんなに深く考えたことはないですけど、役者としては関係がしっくりきて、演じやすい環境を作っていただいてありがたかったです。

-「真田丸」では三成にとって吉継はどういう存在だったのでしょう。

 そりが合っていないのかなという瞬間もあるんですが、結果的には頼りにはしてくれているのでは。信頼し合っていると思います。

-孤立している三成に勝ち目がないことを説きながらも、最後には味方につきますね。

 そこに来てようやく熱くなれる瞬間が来たわけです。でも、一方では吉継は病にかかっているので三成に対しては心苦しい。演じがいのあるシーンでした。撮影も2人のシーンですから、ピリッとした空気がありました。ただ信頼し合っているという関係ではなく、また違った感じの男の世界。涙なしでは語れません。

-徳川家康(内野聖陽)との関係は悪くなかったのに、なぜ吉継は敵に回る判断をしたのでしょうか。

 当時を生きた人にしか分からないでしょう。三成との友情やいろんな思いがそうさせたのでしょう。吉継の生きざまはすてきだと思いますよ。男としての理想です。しびれますね。

-主人公の真田信繁(堺雅人)に娘の春(松岡茉優)を嫁がせますね。信繁との関係はどう表現していますか。

 役の上では年齢差があるので、雑に扱ってしまうところもあるんですが、信繁は頭の切れる男で信頼できると将来性を見込んでいます。実年齢では堺さんとあまり年が変わらないので、娘を嫁に出すというのもいろいろ複雑なんですが、堺さんは若く見える演技をされているので、すごいなと思っています。

-春はどんな娘ですか。

 しっかりしていると思いきや、天然のところがある。両面持ち合わせた魅力的な娘という感じです。

-堺さんや山本さんに対する三谷さんの当て書きはどう感じていますか。

 堺さんはぴったりで、しっくりきます。普段からてきぱきと物事をこなしているんじゃないかと思います。実際の耕史くんもなんでもできますし、冷静です。ただ彼は撮影現場では(三成と違って)ムードメーカー。面白いことを言ってくれるから場が和むんです。

-真田幸村(信繁)がお好きだったとか。

 4年ぐらい前に、幸村を描いた講談の「難波戦記」を歌舞伎に作り直してみたいと思うようになって、いろいろ調べ始めました。ただ作業にはかなり時間が掛かるなと感じていて、いまはストップしたままなんです。今やって、「真田丸」のブームに乗っかっていると思われても何ですので、すぐには上演しませんが(笑)、いつかはやりたいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】一人の人間が他者に与える影響力の大きさを知らされる『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』

映画2021年3月4日

 ベトナム戦争にまつわる実話を、ユニークな視点から描いた『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』が3月5日から公開される。タイトルは、エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説の一節「最後の全力を尽くせ」から取られている。監督・ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 世にも奇妙な君物語」黒島結菜「『これをやるのは嫌だな…』と思ったぐらい不気味で奇妙な話」 朝井リョウ原作のオムニバスドラマに主演

ドラマ2021年3月3日

 『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウの小説を原作にしたオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」が、3月5日からWOWOWで放送開始となる(全5話/第1話無料放送)。世の中を鋭い視点で見つめた斬新なアイデアを … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

舞台・ミュージカル2021年3月3日

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービ … 続きを読む

【インタビュー】映画『NO CALL NO LIFE』優希美青&井上祐貴、期待の若手俳優が挑む「若さ故の危うい恋」

映画2021年3月3日

 ホリプロ60周年を記念した映画『NO CALL NO LIFE』が3月5日から公開される。本作は、壁井ユカコの同名小説を原作に、親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の、痛いほどに切ない恋を描いた青 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

amazon

page top