「爆笑王になりたいと思っています」大野拓朗(青柳清) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年4月23日 / 05:07

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の舞台は、浜松から常子(高畑充希)の祖母・滝子(大地真央)が住む東京、深川へ。滝子が切り盛りする製材問屋・青柳商店に、跡取りとして迎え入れられた養子の清を大野拓朗が演じる。清は滝子の実の孫である常子たち三姉妹の登場に心を揺らす。きざな性格だが仕事はできる、そんな清の思いを大野が語った。

 

青柳清役の大野拓朗

青柳清役の大野拓朗

-清を演じてみていかがですか。

 とても楽しいです。朝ドラというのはまさに朝から皆さんに元気を与えられる作品だと思うので…。ただ、今回の清はどうでしょう。元気を与えられますかね。周りのみんなから相手にされなくても“めげない”という勇気は与えられると思いますが(笑)。

-演じる上で心掛けていることはありますか。

 清は、自慢話ばかりでちょっと“うざい”部分もありますが、うざいというよりも「何だこいつは」と心のなかでニヤッとしてもらえるような“うざかわいい”キャラクターを目指したいです。

-清役に決まった時の心境を教えてください。

 台本を読ませていただいた時に「どうして僕のことが分かったんだろう?」と思いました。

-大野さんご自身が清に似ていたということですか。

 そうですね。モチーフが『暮しの手帖』(の創業者)と聞いていたので「よし、編集者の役だな」と思って、オーディションの時に編集マンぽい格好をして行ったんです。シャツにジャケットを着て、革靴を履いて、髪もきれいにセットして…みたいな。でも、思い返してみると「国会図書館に行って『暮しの手帖』をいっぱい読んできました!」って自慢していたんです(笑)。

-その自慢が決め手になったということですね。

 はい。だから「よく、あそこで自慢した!」って自分を褒めてあげたいです。うれしかったですね。

-清があそこまで“自慢しい”なのには何か理由があるのでしょうか。

 200年の歴史を誇る青柳商店の跡取りとして引き取られた養子の清は、お母さん(滝子)に褒めてもらいたいという一心で“自分頑張っていますよ”とアピールをしてしまう、そんな要素もあると思うんです。だから単なる嫌なやつではない。今日も(常子の母親役の)木村多江さんに「実は清ってけなげで切ないよね」って言ってもらえて…。話が進むにつれて、見ている方にも清のそういう部分を感じてもらえたらと思います。

-役柄と大野さんの共通点はありますか。

 前向きなところは完全に一致しますね。清って「みんなに認めてもらいたい」という気持ちプラス「笑わせたい」「人の関心を引きたい」という思いを持っている。僕も常々、人を笑顔にしたい、爆笑王になりたいと思っています(笑)。

-小橋家の三姉妹とは現場でどう過ごしていますか。

 ちょっと愚痴っていいですか(笑)。僕、結構役を引きずるタイプで前室でもずっと清でいるのですが、最初の方はみんなすごく面白がってくれたんです。収録以外でも「参ったな~」とか僕の口癖をまねしてくれてて…。それが今や無視ですよ。無視というか、スルーすることで、逆にいじられてるというか(笑)。でも僕がいなくなったらきっとみんな寂しく感じると思うんですよね。

-義母役の大地真央さんや筆頭番頭役の片岡鶴太郎さんはアドリブがすごいと伺いました。

 めっちゃすごいんですよ。芝居が終わったちょっとした余韻の部分に鶴太郎さんが(アドリブを)ぶっ込むんですが、真央さんも素早いリアクションで返すんです。僕は全く入る余地がなくて、いつかここに入れるようになりたいなって思いました。スタッフさんもみんな笑顔になるし、いつかこういう役者になりたいなと思いながらお二人を見ています。

-初の朝ドラ出演について先輩からのアドバイスはありましたか。

 (「あさが来た」のヒロイン)波瑠ちゃんと、バラエティー番組で一緒になった時に「充希ちゃんのこと支えてあげてね」と言われました。やっぱり主役を盛り立ててこその作品だと思うので、僕も微力ながら支えていけたらと思います。

-ご自身のチャンスとしてはどう捉えていますか。

 ずっと憧れの朝ドラでしたし、しかもこんなに強烈なキャラクターをつけていただいたのでうれしいですね。“清ロス”、ほしいな~(笑)。

-目指せ“清ロス”ですか。

 はい。実際に僕の出番がオンエアされる時は、僕の撮影は終わっているので、それはちょっと寂しいですが。だからこそ、現場にいられる間に少しでもいいものを残せたらと思ってやっています。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」竹野内豊「ゆり子さんには、女優さんに感じる壁が全くない」石田ゆり子「竹野内くんはミントガムみたいな人」15年ぶりの共演を語る

ドラマ2021年5月15日

 東野圭吾原作の「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」(全6話)が、5月15日からWOWOWで放送・配信される。男手一つで育ててきた娘を少年たちに惨殺され、復讐(ふくしゅう)の道に走る主人公・長峰重樹を竹野内豊が演じ、長峰の正体を知りつつ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top