「あの子いろんな役ができるよね、と言われるようになりたい」川栄李奈(森田富江) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年5月9日 / 15:05

 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で、ヒロインの常子(高畑充希)らが住み込みで働くことになった仕出し屋「森田屋」を切り盛りする宗吉(ピエール瀧)と照代(平岩紙)の一人娘・富江を演じている元AKB48の川栄李奈。小学校卒業後、店に入った富江は「森田屋」の重要な戦力。同世代の常子たちに最初はクールに接するがその真意とは…。朝ドラ初出演となる川栄が役への意気込みを語った。

 

森田富江役の川栄李奈

森田富江役の川栄李奈

-朝ドラに初出演した心境はいかがですか。

 朝ドラは自分の目標でもあったので、夢がかなってうれしいです。共演者の方々は、経験が長くお芝居も素晴らしい方ばかりですが、撮影の合間は本当に面白く、学ぶところがたくさんあります。

-常子役の高畑充希さん、鞠子役の相楽樹さんなど、同年代の役者さんも多いですが、現場の雰囲気はいかがですか。

 充希ちゃんはとてもきさくな方で、大変な時でも疲れなどは全く見せずに話し掛けてきてくれます。樹ちゃんとは同じ年です。そんなにがっつりとガールズトークなどはしないのですが、いろんな話をして楽しんでいます。

-高畑さんの意外な一面として驚いたことがあれば教えてください。

 ふんわりした雰囲気なのかなと思いきや、ちょっとおじさんぽいところもあります(笑)。空き時間にイカを食べていたりして、「あっ、イカ食べるんだ!」って思いました。何だか面白いです(笑)。

-森田屋は弁当の仕出し屋ですが、調理場で使う道具についてはいかがですか。

 包丁が、四角い大きな包丁なんです。家にあるような普通の包丁ではないので、野菜の皮をむくシーンが大変でした。

-川栄さんご自身はよく料理をされますか。

 もともと料理は好きでしたが、今回はお弁当屋さんで、料理のシーンがたくさんあると聞いてからは、結構作るようになりました。

-最近の川栄さんの得意料理を教えてください。

 煮物などは結構作ります。撮影現場のご飯が本当においしいので、「これはいい!」と思ったものがあれば家で検索して作ったりします。昨日は、現場で茶飯が出たのですが、それがすごくおいしかったので早速今朝作りました。

-ピエール瀧さんなど「森田屋」のメンバーとの共演はいかがですか。

 私、結構人見知りで、普段は現場でもあまり話せないのですが、そんなことを言っていられないほど、騒がしくて会話が弾む家族なのですごく楽しいです。お母さん(平岩紙)もノッてくると結構関西弁で話されます。ずっと一緒にいるので、本当の家族みたいですね。ピエールさんは本当に面白い方で、いつもなぜかおなかを出しているんです(笑)。

-森田屋に欠かせない“戦力”である富江を演じるに当たって、特別に練習したことはありますか。

 お弁当の並べ方や所作を学びました。あとは、箸の持ち方を一から教えてもらいました。

-昨年の8月にAKB48を卒業後、1年足らずで自分がこれだけ女優として活動しているという状況は想像できましたか。

 していなかったです。朝ドラに出られるなんて全く考えていなくて、朝ドラのオーディションも2、3回受けて落ちていたので、無理だろうなと思っていました。うれしいですね。

-「朝ドラ」に憧れるきっかけになった作品は何でしたか。

 「あまちゃん」で、「朝ドラってすごいな」って思って、そのへんから「出たいな」と思うようになりました。

-女優を目指し出したきっかけは何ですか。

 AKBの中でもドラマをやったりする中で「お芝居って楽しいな」と思うようになってきて…。1人で学園ドラマ(「ごめんね青春!」)にも出させてもらったのですが、それが本当に楽しくて、そのあたりからお芝居をちゃんとやりたいと思うようになりました。

-富江は、最初常子に対してツンとした態度を取っていますが、今後の展開はどうなるのでしょうか。

 放送5週目で鞠子の制服がなくなる事件が起きて、それをきっかけに鞠子ちゃんや常子ちゃんとの仲が深まっていきます。最初はすごくクールで、常子ちゃんにもちょっと当たりがきつかったりしたのですが、その事件があってからは、ちょっと穏やかになりますね。クールはクールなのですが…。

-富江を演じていて難しい部分はありますか。

 穏やかになっていくその加減というのがなかなか難しくて、監督さんに「もっとここは(相手に)優しくしてもいいよ」とご指導を頂きながら撮影しています。

-クールな役柄というと、世間が川栄さんに抱いているイメージとはちょっとかけ離れますが、自身ではどう思いますか。

 結構、私ってテンション高めに見られるのですが、実際はあまり高くなくて…。だから自分的にはすごくやりやすいです(笑)。

-富江とご自身の共通点、似ていると思うところはありますか。

 富江は本当にしっかりした子なんですけど、私も割としっかりする時はしっかりしているので、そこは似ていると思います(笑)。

-ご自身がしっかりしていると思う部分は?

 ちゃんと家のことをやるところ。18歳ぐらいから一人暮らしをしているので料理、掃除、洗濯などはできます。あと、意外ときれい好き。どんなに忙しくても掃除はちゃんとしています。

-ドラマのテーマでもある、「日々の小さな幸せ」のために、川栄さんが心掛けていることはありますか。

 普通に家に帰って、テレビを見て、お風呂入って寝るというのが普通に幸せです(笑)。何も考えずにボーッとしている時がすごく幸せです。でもボーっとし過ぎて夜中の3時になって3時間しか寝られない!となることもありますが…。

-女優としての今後の目標を教えてください。

 30歳、40歳になっても活躍できる女優さんになりたいと思います。いろんな役を幅広くやって、「あの子いろんな役ができるよね」と言われるようになりたいです。私は、ちょっとグロい映画も好きなので、いずれは「こいつやばいんじゃないか…?」と思われるような犯人役などもやってみたいです。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【演劇コラム】人気俳優出演作から大人気原作の舞台化まで、2019年秋冬の注目舞台!

舞台・ミュージカル2019年8月16日

 昨今、夏恒例の音楽番組にミュージカル俳優たちが出演し、見事な歌声を聞かせることも多くなった。このように、大きな盛り上がりを見せているミュージカル、演劇業界だが、実際にはまだまだ劇場に足を運んだことがないという人も多いのでは。そこで、舞台初 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「ペテン師と詐欺師」山田孝之&石丸幹二コンビが送る珠玉のコメディー「見終わった後にすごくハッピーな気持ちになれる」

舞台・ミュージカル2019年8月15日

 テレビドラマの脚本・演出や映画監督としても活躍する福田雄一が演出・上演台本を手掛け、山田孝之と石丸幹二がW主演するミュージカル「ペテン師と詐欺師」が9月1日から上演される。2005年にブロードウェーでミュージカル化され、トニー賞で10部門 … 続きを読む

【2.5次元】財木琢磨&古田一紀、久々の共演で共に目指す「生演奏」 「この音とまれ!」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年8月13日

 『ジャンプSQ.』に連載中のコミックス(アミュー作)を舞台化し、和楽器「箏(こと)」に情熱を注ぐ高校生たちの青春を描く「この音とまれ!」の公演が8月17日からスタートする。上級生にすら恐れられる不良少年だが仲間思いの優しさを持つ久遠愛を演 … 続きを読む

【映画コラム】日本の近代史を総括するドキュメンタリー映画『東京裁判』

映画2019年8月12日

 ドキュメンタリー映画『東京裁判』(83)が、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復され、4Kデジタルリマスター版として8月3日に公開された。  本作は、終戦後の昭和23年に行われた極東国際軍事裁判(通称、東京裁判)の模様を、アメリカ … 続きを読む

「今までミュージシャンとして培ったものを生かして一生懸命、アナウンサーを演じているところです」トータス松本(河西三省)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年8月11日

 開幕したロサンゼルス五輪でメダルラッシュの快進撃を見せる日本水泳陣。日本国内にその喜びを伝えたのが報道陣だ。だが、当時のスポーツ報道は発展途上で、さまざまな苦労が伴った。第30回では、現場で見た競技の様子を、あたかも目の前で行われているよ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top