「堺さんから笑顔がすごくかわいいと言われて…」村上新悟(直江兼続) 【真田丸 インタビュー】

2016年2月29日 / 17:23

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、上杉景勝(遠藤憲一)の側近・直江兼続を演じている村上新悟。「本能寺の変」の後、上杉家が真田家と結び、信繁(堺雅人)と親交を持ったことから、兼続も信繁に大きな影響を与えていく。歴史上の人物としても人気のある兼続にどう挑むのか、村上が意気込みを語る。

 

直江兼続役の村上新悟

直江兼続役の村上新悟

-兼続役が決まった時はいかがでしたか。

 事務所の社長から「『真田丸』決まりました。おめでとう」というシンプルなメールが来ました。「僕が直江…?」って頭が真っ白になって、正直なところ、どうやって家に帰ったのかもよく覚えていません。うれしいというよりも「どうする?」という気持ちの方が大きかったです。兼続は(大河ドラマ第48作『天地人』で)妻夫木聡さんが演じていたし、戦国ゲームなどでもカッコいいキャラクターとして出てくるので「それを僕が?」という感じでした。

-役作りのためにどんな準備をしましたか。

 数多くの兼続に関する本を読んだり、(山形県の)米沢にお墓参りに行ったりしました。人物像に関しては、皆さん、兼続というと領民を愛して、敵にまで優しさを、という印象があると思いますが、果たして戦国時代にそれだけで上杉家を守れたのか…という疑問がありました。

-どういう理由から疑問を持ったのですか。

 領民の理不尽な訴えに対し、非道な手段で返したという逸話も残っているので、“義と愛の人”というのもあるけれど、国を維持していくための冷徹さ、そういうクールな部分もあったのだろうなと思っています。今回描かれる兼続像は、妻夫木さんの演じた兼続とは全く違うイメージなので、皆さんがどう感じるのかが気になります。

-やはり、視聴者の反応は気になりますか。

 怖くてインターネットなどはまだ見ていません(笑)。最初は「何だこいつは」と思って見ている方もいると思います。でも、のちのち兼続の真意を分かっていただけるのではと。もう少し見守ってほしいですね。

-景勝と兼続のコンビネーションはどうですか。

 二人は主従の関係ですが、演じている僕と遠藤さんは「すごく凸凹なコンビだな」って話しています(笑)。でも、それが逆にいい。“義の精神”を貫こうとする御屋形様を見て、兼続はこれから先はそれだけでは上杉家は残っていけないと感じています。もっと大局を見る目があったのです。御屋形様の進みたい方向性を何とかかなえてあげたいけれども、それができないジレンマを抱えていたのだと思います。

-遠藤さんと共演してみてどう感じましたか。

 遠藤さんは怖そうに見えてすごく優しい人。僕は遠藤さんに現場でもすごく助けられているので、一緒にいるとホッとするし、遠藤さんのお芝居を見ていると、この御屋形様を守っていかなければと思います。

-“チーム上杉”の現場の様子は?

 基本的に人が少ない。遠藤さんと二人で「真田家はいいな~」と話しています(笑)。

-信繁役の堺さんが現場に入ると雰囲気が変わりますか。

 変わりますね。堺さんが「真田丸」のガイドブックで「信繁の人生を春夏秋冬に例えると、豊臣家に行く前が春。好奇心旺盛でいろんなものを吸収する時期」みたいなことをおっしゃっていたのですが、目がキラキラしていて本当に10代にしか見えない。それがすごいと思います。

-具体的にはどんなところが?

 例えば、僕には僕のパーソナルスペースがあって、それ以上中に入ってこられると僕は引き下がってしまいます。でも、堺さんだったら、そこに入ってこられても違和感がない。人の懐に入っていくのがうまいというか、それが堺さんの“持っているもの”なのかなと思います。

-兼続は信繁をどのように見ていると思いますか。

 本音ではかわいく思っていると思います。でもそれを絶対に顔には出さない。三谷(幸喜)さんからも「表情に出さないで」と言われています。なので、意外と何を考えているか分からない感じになっていると思います。

-兼続が笑顔を見せるシーンはないのでしょうか。

 どうでしょうね(笑)ただ、台本のト書きに1カ所だけ「にっこり笑う」というのが書いてあって…。ここだけはどの程度の“笑い”にしようかなと撮影前に考えました。

-村上さんは、笑顔がとてもすてきなのに…。

 実は、堺さんにも「笑顔がすごくかわいいですね。その笑顔どこかで使っちゃえば?」と言っていただいて…。どこかで使おうかなと思っています。ただこの先、使いどころがあるのか分からないですけどね。まあ、今後を楽しみにしていてください(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top