【インタビュー】映画『びったれ!!!』田中圭 「一人では乗り越えられないことも、誰かがいることで乗り越えられる」

2015年11月24日 / 12:00

 異色人気コミック原作の深夜ドラマを映画化した『劇場版 びったれ!!!』が、28日から全国公開される。本作は「お人好しで頼りないシングルファーザー」「切れ者の司法書士」「元極道」という“三つの顔”を持つ伊武努(田中圭)が、理不尽な目に遭う庶民を救うべく奮闘する姿を描く、痛快・裏リーガルドラマ。ドラマから主人公の伊武努を演じ続けている田中に映画に対する思いや見どころについて聞いた。

 

(C)田島隆・高橋昌大(別冊ヤングチャンピオン)2013 / 2014「びったれ!!!」製作委員会

(C)田島隆・高橋昌大(別冊ヤングチャンピオン)2013 / 2014「びったれ!!!」製作委員会

-テレビドラマから映画に発展したことへの思いは?

 テレビドラマの時は少人数のスタッフが、それこそ一丸となって作りました。そんなふうにみんなで苦楽を共にして頑張った作品を、『面白い』と言ってもらえたのはすごくうれしかった。それを今回は劇場版という形でさらに大きくすることができました。“びったれイズム”の継承ができて本当に良かったです。

-伊武努というキャラクターと初めて出会った時の印象は?

  オファーを頂いた時に初めて原作を読んで、伊武努というキャラクターに一目ぼれをしてしまいました。それで、今の自分がこの役に挑戦したらどうなるのだろうとすごく興味が湧いて、ぜひやらせてくださいとお願いしました。

-伊武の“三つの顔”の演じ分けのコツがあれば教えてください。

  三つの顔を持った伊武努という一人の人間がいると考えて、なるべく演じ分けはしないようにしました。漫画だと伊武の見た目や目つきががらりと変わったり、背景で変化を表現することも可能なのですが、実写ではそれはできません。それに身近な事件を描いているので、キャラクターにもリアリティーを持たせたいと思いました。今回は伊武が、いかに自分を納得させながら裏の顔を使うのかという悩みと向き合うところが一つの見どころになっています。

-プライベートでも父親となり、娘のかりん役の岩崎未来ちゃんとの接し方は変わりましたか。

  未来ちゃんと接しながら自分の娘と重ね合わせる…ということはありませんでしたが、少しは自分自身の感情も入っていると思います。例えば、この映画を見た友人が『娘と接している時の伊武がとても自然で優しそうに見えて、他の時とのギャップが良かった』と言ってくれました。自分では演じ分けているつもりはなかったので、そういうところに変化が表れているのかなと思います。

-難しい法律用語はどのようにして覚えたのでしょうか。

  伊武は、相手を説得したり攻撃したりという会話の中で法律を武器にしているので、説明のためのせりふを話しているという感覚はありませんでした。もちろん意味が分からない言葉を調べたりはしましたが、監督や共演者の方ともよく相談しながら演じたので、せりふを覚えるのにそれほど苦労はしませんでした。

-今回はドラマとは違い、原作の舞台である広島でロケが行われましたね。

  ドラマの時は広島にロケに行けなくて寂しいなと思っていました。今回は現地の方たちにもすごく協力していただいたし、実際に広島の街並みが映るだけでも説得力が増したと思います。ただ、伊武の家も司法事務所もドラマの時とは違っていたので、これでいいのかなとは思いましたけど(笑)。

-森カンナさん、竹中直人さん、山本耕史さんら共演者について聞かせてください。

 カンナちゃんはいい意味でつかみどころがなくて不思議な感じがする女性で面白かったです。竹中さんと山本さんには今回はお願いして出てもらったので、思いっ切り好きにやってくださいと言いました。本当にお二人には感謝しています。

-最後に本作の見どころを。

  ドラマから『びったれ!!!』を見続けてきた人にとっては伊武の成長が見どころになると思います。一人では乗り越えられないことも、誰かがいることで乗り越えられる。それは伊武にとっては、娘のかりんや同僚の杉山さんはもちろん、ひょっとすると憎んでいる父親のおかげかもしれません。とは言え、この映画は、法律バトルありバトルアクションありと、いろんな要素が入った爽快、痛快なエンターテインメントになっているので、今まで『びったれ!!!』を見たことがなかったという人でも十分に楽しめると思います。

(取材/文・田中雄二)

(C)田島隆・高橋昌大(別冊ヤングチャンピオン)2013 / 2014「びったれ!!!」製作委員会

(C)田島隆・高橋昌大(別冊ヤングチャンピオン)2013 / 2014「びったれ!!!」製作委員会

11月28日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー [11月7日より広島先行上映]
公式HP/http://www.bittare.jp/


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top