【軍師官兵衛インタビュー】石黒英雄 「よろいを着るとテンションが上がる」 賤ヶ岳の七本槍の一人で人情にも厚い勇将・福島正則役

2014年9月28日 / 17:37

 NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で豊臣秀吉(竹中直人)の家臣、福島正則を演じている石黒英雄。秀吉のいとこに当たる正則は、早くから秀吉に仕え、後には勇将として活躍した。だが、石田三成(田中圭)と激しく対立し、失脚工作も画策。関ヶ原の戦いでもいち早く徳川家康(寺尾聰)側に付いた。

 端正なルックスと強い意志を感じさせるまなざしが特長の石黒が、勇猛なだけでなく、実直で人情にも厚かった正則の人間味あふれる魅力を語る。

 

勇将・福島正則を演じる石黒英雄

-正則役と聞いてどうでしたか。

  衣装合わせのときからテンションが上がりました。正則の全部が好きなんです。戦国時代ゲームで福島正則と聞くと、小学生のころからテンションが上がっていました(笑)。その役をやれてうれしいです。だから話があったときは、やったーと思いました。

-どんな人物だと考えていますか。

  武に長けた人物ですが、調べてみると義理人情にも厚くて、実直でいちずな人だと分かって、自分と似ている部分があると思いました。筋を通す人です。

-石黒さんならではの正則を演じるためのポイントは。

 誰と一緒にいるかでたたずまいを変えています。秀吉の下では息子のように、加藤清正(阿部進之介)や黒田長政(松坂桃李)と一緒のときは、若い時と同じようにちょっと悪ガキ感を出してみたりもしました。

-演じていて一番面白いところは。

 よろいを着るとテンションが上がります。戦闘シーンでは気持ちが熱くなるし、大河ドラマの撮影現場は独特の雰囲気があるので、本番では自分でも思いも寄らない表情になります。

-速水もこみちさん演じる母里太兵衛が日本号(日本一のやり)を飲み取るシーンは、「黒田節」の基になったエピソードとして有名ですし、印象に残りそうですね。

 そうですね。あのシーンは黒田官兵衛役の岡田准一さんたちも楽しみにしていたらしく、撮影を見に来たんです。結果的には日本号を太兵衛に取られてしまいますが、僕は「絶対に取られないぞ」と思って演じていました。

-黒田節という歌はご存じでしたか。

  知りませんでしたが、旅番組で福島正則役だと言うと、「あっ、黒田節!」と言って皆さん勝手に黒田節を歌ってくれるんですよ(笑)。

-竹中直人さんはどんな印象ですか。

  竹中さんは芝居で語ってくれる人。自分が40代、50代の俳優になった時のために良い勉強になります。目先のことだけでなく未来を見てやっていると楽しいし、この作品のおかげでどんどん向上心が湧いてきました。

-大河ドラマは3回目ですが、現場の雰囲気をどう感じましたか。

  他では味わえない感覚です。全てのものがこの雰囲気をつくり出しているのでしょう。スタッフの手際の良さや、監督、助監督が示すスピード感と役者に対する思いやり。役者さんも本番になると、空気を切り裂く、耳をつんざくような演技をされる。あれがたまんないですね。生か死かというような空気をつくり出すんですよ。役者はわざと自分を崖っぷちに追いやるようなところがあるんです(笑)。プロの役者集団の中で演じられる心地良さと正則を演じられる心地良さ、この二つですごく気持ちがいいです。役者冥利(みょうり)に尽きます。

-松坂桃李さんや田中圭さんとのシーンも多いですね。

  松坂さんの長政はやはり父の官兵衛を意識していますね。(何かを話すときも)一つ間を置いて考えています。松坂さんはとても丁寧にやっていて、その丁寧さが長政なのかなと思います。対立している三成役の田中さんとも本当は仲が良くて、撮影後に映画やマッサージ店に一緒に行ったりしています(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】一人の人間が他者に与える影響力の大きさを知らされる『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』

映画2021年3月4日

 ベトナム戦争にまつわる実話を、ユニークな視点から描いた『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』が3月5日から公開される。タイトルは、エイブラハム・リンカーンのゲティスバーグの演説の一節「最後の全力を尽くせ」から取られている。監督・ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 世にも奇妙な君物語」黒島結菜「『これをやるのは嫌だな…』と思ったぐらい不気味で奇妙な話」 朝井リョウ原作のオムニバスドラマに主演

ドラマ2021年3月3日

 『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウの小説を原作にしたオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」が、3月5日からWOWOWで放送開始となる(全5話/第1話無料放送)。世の中を鋭い視点で見つめた斬新なアイデアを … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

舞台・ミュージカル2021年3月3日

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービ … 続きを読む

【インタビュー】映画『NO CALL NO LIFE』優希美青&井上祐貴、期待の若手俳優が挑む「若さ故の危うい恋」

映画2021年3月3日

 ホリプロ60周年を記念した映画『NO CALL NO LIFE』が3月5日から公開される。本作は、壁井ユカコの同名小説を原作に、親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の、痛いほどに切ない恋を描いた青 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

amazon

page top