【軍師官兵衛インタビュー】忍成修吾 「次男坊っぽく演じています」 キリシタン大名で経済・内政に強い小西行長役

2014年9月27日 / 17:30

 NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、豊臣秀吉(竹中直人)に仕えたキリシタン大名の小西行長を演じている忍成修吾(おしなり・しゅうご)。堺の商人の家に生まれ、経済に通ずる行長は、才能を認められ秀吉の家臣になる。朝鮮出兵でも活躍するが、黒田官兵衛(岡田准一)の長男・長政(松坂桃李)や加藤清正(阿部進之介)との対立から石田三成(田中圭)に付き、関ヶ原敗軍の将への道を歩む行長の運命を、数々のドラマでの印象的な演技が続く忍成が語る。

 

キリシタン大名・小西行長を演じる忍成修吾

-行長にはどんなイメージがありましたか。

  名前を聞いたことがあるという程度だったので勉強しました。行長がメーンで書かれている本には彼の苦悩も描かれていたのですが、性格はどちらかといえば優柔不断で、次男坊っぽい感じなのかなと思いました。「軍師官兵衛」ではその次男坊っぽさの方が強く出ていると思うので、そちらに寄せて演じています。

-行長がなぜ最終的に西軍に付いたのかはいまだに分からないところもあるのですが、そこに説得力を持たせるために、これからどんなふうに演じていこうと思っていますか。

  野心や野望を見せてしまうと、「自分たちが生き残るために」という方向性で見られてしまうと思うんですが、行長は家のことよりもその時々の流れに合わせて生きていたような気がしています。長政には結構助けてもらっているので、行長を演じながら、なんでここで長政と敵対してしまうんだろうと思うところもあります(笑)。西軍に付いたのは彼なりの誠意があったはず。単純に豊臣家を守るためだったのかなと考えています。三成に付いた自分の判断がそんなにずれていたとは思っていないと思います。たまたま徳川家康が勝ったというだけのことだと思うんです。

-演じた上で行長に共感する部分はありましたか?

  人物としては好きですね。キリシタンになったのもきっかけは優しさからなので。この時代の人は、戦乱と自分の善意が矛盾する部分で苦しんで、信仰のようなところに行き着くのかなと思います。優柔不断な性格もそこ(優しさ)からきているのかもしれませんね(笑)。

-忍成さんは次男ですか。

  長男ですが、年の離れた姉が2人いて、末っ子長男の一人っ子気質があるような気がします。結構わがままで甘えん坊なところがあるんです(笑)。

-行長のキャラクターでご自身に通ずるところはありますか。

 とんでもないです、通ずるところだなんて(笑)。行長のことはとても尊敬しています。流れの中でとはいえ相当な覚悟がないとできないことをやっているし、強いなと思います。

-“岡田官兵衛”はいかがですか?

  かっこ良過ぎますね。たたずまいがすごい。この撮影現場では役の思いがスムーズに演技に出ますし、共感できたりするところがあるので、やっていて面白いし、やりやすいです。

-キリシタン大名を演じるに当たり、何か準備したことはありましたか。

 一番考えていたのは、この時代のキリシタンの人々のつながりとはどういうものだったのかということです。長い歴史がある仏教とは違って、外から新しく入ってきた文化としてのキリスト教の絆は、あの時代にどの程度あったのかなと考えました。

-今後の注目すべきシーンは?

  朝鮮出兵のシーンです。行長の人生の中ではとても大きな出来事ですし、清正との対立がよく出るところなので意識しました。行長は戦闘が終わってからも明と交渉するという新たな使命を抱えます。あのときはとても大変だったと思いますし、すごく苦悩している部分もあって、やはり思い入れが強くなりました。その後はやはり関ヶ原が焦点です。文献を見ると行長は戦いの後、結構男気のある死に方をしていますが、今回はどう描かれるのか、僕も楽しみにしています。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top