【インタビュー】『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』武井咲「剣心って本当にカッコいいなって思いました」

2014年7月28日 / 12:00

 激動の幕末を刀一本で生き抜き“人斬り抜刀斎(ばっとうさい)”と呼ばれた伝説の男・緋村剣心(佐藤健)を描き、大ヒットを記録した『るろうに剣心』。シリーズ完結作となる『るろうに剣心 京都大火編』と『るろうに剣心 伝説の最期編』が2部作連続で8月1日と9月13日から公開される。前作に続いて剣心に思いを寄せるヒロイン神谷薫を演じた武井咲がインタビューに応じ、本格的に稽古を積んで挑んだアクションシーンや撮影現場の様子などを語った。

剣心に思いを寄せるヒロイン神谷薫を演じた武井咲

―撮影現場の雰囲気はいかがでしたか。

 「『るろうに剣心』を超えるぞ」というものすごいパワーと熱量のある現場でした。今回はみんなで食事に行ったりする機会はなかったんですけど、みんながどこかでつながっていて「一緒にものすごい景色を見よう」という勢いが感じられる緊張感のある現場でした。

―今回は武井さんも激しいアクションに挑んでいますが、ご苦労はありましたか。

  なぎなたを使うアクションをやるので、撮影の1カ月前からビデオを見て練習して臨みました。でも、実際に現場に行ったら環境も違うし、相手の方が「本気で殺すぞ」というような迫力でかかってくるので、怖くて必死でした(笑)。

―共演者の方とはどんな話をしましたか。

  現場ではみんながこの作品のことしか考えていなくてとても真剣だったので、あまり話はしませんでした。ただ冒頭のシーンの撮影のときに健さんや青木(崇高)さん、蒼井(優)さんと「またみんなで会えてうれしい。『るろうに剣心』の時がタイムスリップして戻ってきたようだね」という話はしました。

―今回も佐藤健さんが過激なアクションに挑んでいますが、佐藤さんの印象に変化はありましたか。

  健さんは、体力的にも精神的にもとても大変だったと思うんですけど、現場ではそういう姿は一切見せずに、ずっと剣心でいてくれました。『るろうに剣心』でもあれだけすごいアクションに挑んだのに、今回は「さらに高い壁を登りたい」という野望を持っていて、「剣心って本当にカッコいいな」と思いました。「そりゃあ薫ちゃんも付いていくわな」って感じです(笑)。

―薫の剣心に対する真っすぐな思いを表現する上で、意識したことはありますか。

  薫ちゃんは一生懸命な女の子。(大友啓史)監督とは「アクションシーンこそラブシーンだ」という話をしました。戦えば戦うほど剣心への思いが表れてくる気がするし、「アクションシーンが好きです」って言っているようなシーンにしたかったので思いっ切りぶつかっていきました。「剣心のためなら私は戦うんだ」という強い思いを持ってアクションシーンをやりました。

―佐藤健さんと一緒のアクションシーンでは、お互いに演技の話はしましたか。

  「本当に会わないね」「ずっと京都に(撮影に)行っちゃうから」という話はしました。「この間のアクションシーン見たよ、すごく良かった」と言ってくれたりもしましたけど、健さんは言葉を掛けるというよりも見せて示してくれる人なので、お互いに刺激し合って高め合うような関係です。

―武井さんと薫に共通する部分はありますか。

 本当にこの時代に生きていたらすごくいいなって思います。メールや電話やLINEなどで好きとか嫌いとかを言うのではなくて、自分自身で表現するというアプローチの仕方はとてもすてきだなって思うから、私も薫みたいな人でありたいなって思います。

―今回でシリーズは完結します。薫と離れることに寂しさは感じますか。

 この時代について知りたいことはまだたくさんあるし、薫ちゃんからピュアな気持ちをもらうと心が洗われるというか、これでいいんだって思える時間もあって…。彼女の性格がとても好きなので頻繁に会いたいです(笑)。薫ちゃんは「これぐらい真っすぐで素直な人が周りにいたら本当にいいなあ」と思える人です。

―大友監督から何か要望はありましたか。

 「前回よりも成長した薫でいてほしい」といつも言われていました。監督はあまり要望をおっしゃらないので、キーワードから自分で役柄を広げていくというスタンスでしたけど、私は剣心を思う気持ちの強さがあってこその薫だと思っていました。動乱の時代だからこそ強さが大事なのかなと。だから平和な今、このシリーズを見ると、とても新鮮で新しい世界のように感じるところがあります。でも「人間の本来の姿はこういうものなんじゃないかな」とも思います。

(取材・文/田中雄二)

 公開情報:『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』8月1日(金)、9月13日(土)二部作連続全国ロードショー。配給:ワーナー・ブラザース映画。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

舞台・ミュージカル2021年10月13日

 マヌエル・プイグの小説をミュージカル化した「蜘蛛女のキス」が、石丸幹二主演で11月26日から上演される。本作は、ラテンアメリカの刑務所の獄房を舞台に、映画を愛する同性愛者のモリーナと、社会主義運動の政治犯バレンティンが次第に心を重ねていく … 続きを読む

amazon

page top