押切もえが小説家デビュー!  次回作にも意欲「文章は生きざまみたいなものを出せる」

2013年8月6日 / 20:39

作家デビューした押切もえ

 モデルの押切もえが7日発売の『浅き夢見し』(小学館刊)で小説家デビューする。新書エッセー『モデル失格』で累計16万部突破とヒットを飛ばしている押切が、3年の歳月をかけ書き下ろした初の長編小説。25歳の売れない崖っぷちモデルが挫折の日々を乗り越え、数々の試練やネガティブな感情に押しつぶされそうになりながらも一歩一歩、「売れるモデル」へと成長していく姿を描く。

 発売を前に、小説を書くことになったきっかけ、モデル業と執筆活動の両立、本作に込めた思いなどを本人に語ってもらった。

 

――小説を書かれたきっかけを教えてください。

  2009年に『モデル失格』という新書を出させていただきまして、その後に編集の方から「物語も書いてみたら?」というお話を頂きました。それから意識はしていて、本当に集中して書き始めたのはここ1年半ぐらい前からです。

 

――小説はこれまで書かれたものとは違うと思いますが、どういう点が難しかったですか?

  自伝エッセーと比べて、フィクションでいいという点はすごく気楽でした。うそでいいんだという点では。ただ、その分どこまでうそをつくのか、どこまで話を飛躍させるのかというところは結構自分で考えないといけないところでした。リアリティーを持たせないと読者の方がついてきてくれないだろうし、ノンフィクションとフィクションの境目ってどこだろうと思い、迷いながら書きました。

 

――主人公が25歳の売れないモデル、ご自身のいる世界の話を選んだのはなぜですか?

  まず「夢を追い掛け続けるのってすごく難しいけど、大切にしていこう」というのがテーマにありました。それをどう書くか考えたときに、モデルの舞台を使うとすごく書きやすかった。たくさんいろんなストーリーがあってその中で自分にしか書けないものは何かと考えたときに、モデルの世界の裏側って意外と書かれていないんじゃないかと思いまして。

 

――モデル業界の舞台裏やモデルさんが自分磨きをしていく様子が、具体的に描かれていますが、ご自身の体験がベースになっているのですか?

  メークさんとかいろんな方からアドバイスをもらったり、(体を)絞っていくことで着られる服が増えたりというのは実際に自分が体験したことです。そういう人が実際周りにいてくれれば、私も変われたのかもって多くの方に思ってもらえるように設定しました。読んでくれた方が「あ、私もモデルになっちゃおうかな?」って思ってくれたら大成功だと思っています。

 

――こういうふうに書きたいとイメージしている作家さんはいますか?

  いますが、なかなかそうはならないですね。『ONE PIECE』を読んでいるからといって『ONE PIECE』は描けないっていうことですよね。自分の善しあしも出てしまうと思いますし、自分が書く作業をしてみて、あらためて好きな作家さんの本を読んでみると、やっぱりすごいなと思います。私にしか書けない部分を書かないと意味がないとも思っていましたから、いろいろ視点を変えたりもしました。

 

――モデルの仕事をされている中で連載、小説執筆と、時間のやりくりはどのように?

  気持ちを強く、気合ですね。撮影が終わってから編集部に行って書いたり、たまにサボりましたけど(笑)、でも次第に早く完成させたいという気持ちが強くなって、前向きになりました。心が折れたら編集の方とか周りの友達に相談して、まったく違うことをやってリフレッシュしたりもしました。睡眠時間が少なかったこともありましたけど、体力というよりはメンタルの部分が大きかったと思います。いろんなことをやらせてもらうことで全てに対して初心に帰れた気がします。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top