押切もえが小説家デビュー!  次回作にも意欲「文章は生きざまみたいなものを出せる」

2013年8月6日 / 20:39

作家デビューした押切もえ

 モデルの押切もえが7日発売の『浅き夢見し』(小学館刊)で小説家デビューする。新書エッセー『モデル失格』で累計16万部突破とヒットを飛ばしている押切が、3年の歳月をかけ書き下ろした初の長編小説。25歳の売れない崖っぷちモデルが挫折の日々を乗り越え、数々の試練やネガティブな感情に押しつぶされそうになりながらも一歩一歩、「売れるモデル」へと成長していく姿を描く。

 発売を前に、小説を書くことになったきっかけ、モデル業と執筆活動の両立、本作に込めた思いなどを本人に語ってもらった。

 

――小説を書かれたきっかけを教えてください。

  2009年に『モデル失格』という新書を出させていただきまして、その後に編集の方から「物語も書いてみたら?」というお話を頂きました。それから意識はしていて、本当に集中して書き始めたのはここ1年半ぐらい前からです。

 

――小説はこれまで書かれたものとは違うと思いますが、どういう点が難しかったですか?

  自伝エッセーと比べて、フィクションでいいという点はすごく気楽でした。うそでいいんだという点では。ただ、その分どこまでうそをつくのか、どこまで話を飛躍させるのかというところは結構自分で考えないといけないところでした。リアリティーを持たせないと読者の方がついてきてくれないだろうし、ノンフィクションとフィクションの境目ってどこだろうと思い、迷いながら書きました。

 

――主人公が25歳の売れないモデル、ご自身のいる世界の話を選んだのはなぜですか?

  まず「夢を追い掛け続けるのってすごく難しいけど、大切にしていこう」というのがテーマにありました。それをどう書くか考えたときに、モデルの舞台を使うとすごく書きやすかった。たくさんいろんなストーリーがあってその中で自分にしか書けないものは何かと考えたときに、モデルの世界の裏側って意外と書かれていないんじゃないかと思いまして。

 

――モデル業界の舞台裏やモデルさんが自分磨きをしていく様子が、具体的に描かれていますが、ご自身の体験がベースになっているのですか?

  メークさんとかいろんな方からアドバイスをもらったり、(体を)絞っていくことで着られる服が増えたりというのは実際に自分が体験したことです。そういう人が実際周りにいてくれれば、私も変われたのかもって多くの方に思ってもらえるように設定しました。読んでくれた方が「あ、私もモデルになっちゃおうかな?」って思ってくれたら大成功だと思っています。

 

――こういうふうに書きたいとイメージしている作家さんはいますか?

  いますが、なかなかそうはならないですね。『ONE PIECE』を読んでいるからといって『ONE PIECE』は描けないっていうことですよね。自分の善しあしも出てしまうと思いますし、自分が書く作業をしてみて、あらためて好きな作家さんの本を読んでみると、やっぱりすごいなと思います。私にしか書けない部分を書かないと意味がないとも思っていましたから、いろいろ視点を変えたりもしました。

 

――モデルの仕事をされている中で連載、小説執筆と、時間のやりくりはどのように?

  気持ちを強く、気合ですね。撮影が終わってから編集部に行って書いたり、たまにサボりましたけど(笑)、でも次第に早く完成させたいという気持ちが強くなって、前向きになりました。心が折れたら編集の方とか周りの友達に相談して、まったく違うことをやってリフレッシュしたりもしました。睡眠時間が少なかったこともありましたけど、体力というよりはメンタルの部分が大きかったと思います。いろんなことをやらせてもらうことで全てに対して初心に帰れた気がします。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月20日

 30年前、「純ちゃんの応援歌」で女優人生をスタートさせた山口智子にとって、朝ドラは特別なステージだ。「ご恩返しをしたい」と、ダンスシーンに挑戦したり、編集でカットされるのも承知の上で、おでん屋のカウンター内で“一人懐メロ歌謡祭”を繰り広げ … 続きを読む

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top