伊藤淳史「毎日、万感の思いです」 チーム・バチスタシリーズ最終ドラマ「螺鈿迷宮」

2014年1月10日 / 15:38

 7日から関西テレビ・フジテレビ系で放送が開始された関西テレビ放送開局55周年記念ドラマ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」に主演する伊藤淳史がインタビューに答えた。

 ドラマは、伊藤演じる“人のいい心療内科医”田口公平と、仲村トオル演じる“厚生労働省の変人官僚”白鳥圭輔が、絶妙なコンビネーションで新しい医療ドラマを開拓した「チーム・バチスタ」シリーズのテレビドラマ最終作品。今回は、終末期医療を主としながら、死因不明遺体の検死も行う地方病院「碧翠院(へきすいいん)」が舞台となっている。

会見後、単独インタビューに応じた伊藤淳史

――これまでは東城医大病院心療内科特別愁訴外来の担当医でした。今回は病院長の指示で碧翠院に派遣される役柄ですが、これは左遷ですか?

 派遣です。左遷左遷っていう展開で僕自身も「それ左遷ですよね」って言ってるんですけれども派遣です、ということで一つよろしくお願いします。

――そういう意味では、今回「左遷じゃないぞ」と活躍する姿は見られるんですか?

 今までの心療内科医の仕事は患者さんだけを診るものだったんですけど、今回は碧翠院にいるみとる側の先生たちもつらい思いをされているので、そういった心のケアもしていくので、今までのシリーズの中で一番本職に近いものをやっているなという気はしますね。

――(仲村トオルとの)夫婦漫才的な部分と深刻な謎解きの部分と、両方のバランスを取ることは難しかったのでは?

 それはすごくトオルさんとも話をして。重いテーマを元にやっているので見ていただくお客さんにはそういうところを感じてもらいつつも、今まで通りの楽しさも感じてほしいと思っていたので、そこは期待していただいていいかなと思います。恒例なんですけれどトオルさんの計算し尽くされたアドリブというのが毎回あって。アドリブを言われるとこっちのお芝居にも影響があるはずなんですけど、トオルさんが考えてきてくださるアドリブは、トオルさんがどれだけ面白いことを言っても次にする自分のリアクションは台本通りでいけるんです。それをすごく考えてきてくださるので、より面白みが増すというか、変に動揺することもなく本番の撮影ができていて楽しんでいます。

――終末期医療をテーマに扱うことについてはどう考えていますか?

 本当にこれだけお芝居をしてきても、自分の中で正直答えを見つけられないまま終わったなと思ったんですね。それはなぜかというと、全ての人に一度だけ訪れる出来事であり、形も違えば状況も違うし、タイミングも違う中で、でも必ず訪れるっていう中で、これを皆さんに考えていただきたいっていうのは思いました。自分自身がこの作品に携わることで知ることができたので、幸せな最期というか、それを考えるだけでも自分の大切な人に対する思いも僕はより一層感じられましたし、ドラマを通じてそういったものを何か感じ取ってもらえたらなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「ドキュメンタル」霜降り明星・せいやがシーズン7に初参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた松本人志さんは、一番笑かさなあかん存在」

テレビ2019年5月23日

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、 … 続きを読む

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top