板垣瑞生、初めて尽くしの撮影体験も楽しさ先行 先輩から“栄養”得て「成長しちゃった感じ」【精霊の守り人 悲しき破壊神】

2017年1月27日 / 19:32
放送は毎週土曜、午後9時から(再放送は翌週土曜、午後4時30分から

放送は毎週土曜、午後9時から(再放送は翌週土曜、午後4時30分から

 放送中のNHK大河ファンタジーの新シリーズとなる「精霊の守り人 悲しき破壊神」。前シリーズから成長し、新ヨゴ国の皇太子となったチャグムを演じた板垣瑞生が「初めて尽くし」の撮影の楽しさ、周囲に影響を受けて自身が成長しているという実感、目指す役者としての形などを語った。

 日本発のファンタジー大作「精霊の守り人」シリーズを4K実写ドラマとして3年間にわたって放送しているこの作品は、前シリーズから4年後、お尋ね者となった女用心棒バルサ(綾瀬はるか)とチャグムの別れ別れとなった2人のそれぞれの冒険を描く。

──これほど長い期間で作り上げる大きな作品はなかなかないものだと思いますが、出演が決まったときのお気持ちを聞かせてください。

 約5カ月ぐらい、今までで一番長い撮影でした。大きな作品に携われるのは光栄なことだと思ったし、ファンタジーというものに触れたことがなかったので最初は自信がありませんでした。台本をもらうまでまったく想像がつかなくて、監督やいろいろな人と話してチャグムを作っていった感じです。監督からは“皇子らしさ”も必要だけど、それより“チャグムらしさ”というものをもっと出してほしいと言われました。「チャグムは冒険活劇の主人公のような少年だから、そこをよろしくね」と。

──板垣さん自身はチャグムをどういう人物だと捉えていますか。実の父である帝(藤原竜也)に戦場に追いやられるつらい役ともいえると思いますが。

 読ませていただいた原作小説に忠実かと言われたら分からないけれど、僕がやったチャグムはいろいろなものに好奇心があっていろいろな人に触れて、感情が豊かな少年だと台本を読んでも感じました。僕も最初はずっとつらい役だと思ってその気持ちを引きずっていたけど、実はそうじゃなくて…というところがドラマの中に出ています。もちろんつらい人生を背負ってはいるけれど、いろいろなものへの好奇心とバルサにもらった力で、国を、民を救いたい気持ちがすごく強い少年。つらいところはやっぱりつらいけど、それを乗り越える強い心もあったのかなと思います。

──前シリーズでチャグムを演じた子役の小林颯くんからバトンタッチした形ですが、意識したことはありますか。また、引き継いで周囲の反応はいかがでしたか。

 お会いしたことがないので分からないけれど、前のシリーズを見て(颯くんの演じたチャグムは)どこまでも人が好きなんだなと思いました。お父さんに殺されそうになっても悲観せず、バルサが好きな気持ちがなくならない。人が好きな気持ちをずっと持っている子なんだと思いました。このシリーズでは新しい友だちができたり、ストーリーがいろいろと広がっていくところを大切に演じています。周りのみなさんからは、「チャグム大きくなったね」と言われました。そりゃあ、前シリーズに比べたら大きくなってますよね(笑)。

seirei7──疲れてしまうほどのアクションだと綾瀬さんが話されていましたが、チャグムのアクションはいかがでしたか。

 アクションは初挑戦で、武術の経験もないし、サッカーと水泳しかやったことがないので戸惑いました。でもやり終わってすごく楽しかったです。アクションがあった日は終わってぶっ倒れました。よく分からないけど、すごく集中するから死んだように寝るというか…。馬に乗るのも初めてで、今回は初めて尽くし。馬って本当にすごいんです。テストではあまり動かなくてこっちがも困惑するくらいなのに、本番になるとルートを覚えているのか勝手にビシバシ動いちゃう。馬に支えられた部分がすごくありました。乗馬も楽しかったし、何をやっても楽しい現場でした。

──振り返って、これは大変だったというシーンや印象に残っている撮影はありますか。

 ラストシーン、逃げるときにバシャバシャ川を渡っていく撮影を5月ぐらいに山奥でしたんです。生まれて初めて、川ってこんなにヤバイんだって思いました(笑)。雪解け水が流れてくる川を渡って、そのままアクションをするんですけど、寒いというよりとにかく痛い。初めて雪解け水というものを体験して、体の感覚がなくなって…、でもそれも楽しかったです。この話をできることが幸せです。この(ドラマの)撮影に入ってから、日本にこんなところがあったんだ!という神秘的な場所をたくさん知って、どこに行くのも楽しかったです。

──クランクインから板垣さんの成長が目覚ましいと共演の鈴木亮平さんが話していました。ご自身で実感はありますか。

 僕自身のことでは、人と話せるようになりました(笑)。撮影に入ってから(内容的に)ずっと一緒にいるヒュウゴ(鈴木亮平)さん。最初はトーサ(伊武雅刀)さんともヒュウゴさんとも話せなかったけど、役を通じて素晴らしい人なんだ、こういうところがすごい人なんだと、いろいろなことを養分というか栄養として吸収して…。チャグムとしても僕自身、人間としても栄養をいただいて、成長できたというより、成長しちゃったという感じですね(笑)。

鈴木亮平演じるヒュウゴ(左)とチャグム

鈴木亮平演じるヒュウゴ(左)とチャグム

──役者として今後演じてみたい役や目標としている人物はいますか。

 どういう役をやりたいというのは今はまだなくて、これからもないのかもしれません。どんな役でもやってみたい。全然違う作品も楽しい。この撮影に入って、先輩の役者さん全員そうだけど、その役の責任を背負ってやりきっていると感じました。僕は役者として責任を負うことができる役者になりたいとずっと思っています。これからも目指していきたいです。このシリーズで役者さんやスタッフの方にいろいろなものをいただいて全力で挑んでぶつかったし、やりきったと思う。役としてもいろいろな方にいただいた養分をもとにして、次のシリーズでも全力でぶつかっていきたいと思っています。

<プロフィール>
板垣瑞生(いたがき・みずき)
2000年生まれ、東京都出身。14年、映画『闇金ウシジマくん Part2』で俳優デビュー。15年、『ソロモンの偽証(前後編)』に出演。俳優だけでなくボーカルダンスユニット「M!LK」としても活動中。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top