真木よう子、初ファンタジーに思い切りのよさ発揮 「せりふの言いまわしは自分流に」【精霊の守り人 悲しき破壊神】

2017年1月27日 / 17:30
seirei4

放送は毎週土曜、午後9時から(再放送は翌週土曜、午後4時30分から

 1月21日から放送されているNHK大河ファンタジーのシーズン2となる「精霊の守り人 悲しき破壊神」。ロタ王国の王家に仕える密偵カシャルの一員の呪術師で、知力と武術のすべてをかけてバルサと戦うシハナ役の真木よう子が合同取材を行い、「せりふを自分流に変えた」と明かすオリジナリティーをもたせた役柄への愛着、演じることの“面白さ”への探究心、二刀流の剣アクションについてなどを語った。

 日本発のファンタジー大作「精霊の守り人」シリーズを4K実写ドラマとして3年間にわたって放送しているこの作品は、前シリーズから4年後、お尋ね者となった女用心棒バルサ(綾瀬はるか)と新ヨゴ国の皇太子になったチャグム(板垣瑞生)の別れ別れとなった2人のそれぞれの冒険を描く。

──日本では珍しいファンタジー作品ですが、シハナ役で出演が決まった際の印象はいかがでしたか。抵抗などはありませんでしたか。

 お話をいただいたとき原作を読んでいなくて…。でも友人が読んでいて「おもしろいよ、いい役だよ」と話した印象があって(笑)。未知の世界だったので楽しみでした。ファンタジー作品はまだやったことがないと思ったので、新しい世界でお芝居できることに対してすごく楽しみでした。

──シハナをどんな女性だと捉えていますか。

 とにかくすごい野望や情熱があって、自分が正しいと思ったことには真っ向から向き合っていく。たとえばそこにたどり着くまでにまったく手段を選ばないような冷酷な部分もあると思います。でもそのすべては自分の国を良くするため。いいやつとは言えないけど、一概に悪いやつだとも言えないような人だと思います。

──演じるにあたってシハナの役作りはどのようなことをしましたか。

 こんな言い方をしたら良くないかもしれないけど、脚本に忠実にやっていくよりもせっかくファンタジー要素もある物語なので最初の立ち稽古のときから監督にお願いをしてせりふの言いまわしを自分流に変えさせてもらったんです。なので、監督は最初「えっ!?」と驚いたはず(笑)。なので当初より野蛮な感じになっているかな。そんなことをして私が新人だったらしごかれていただろうけど、監督は何も言わずに自由にやらせてくれたんだと思います。

──どのようにせりふを変えたのでしょうか。変えようと思ったきっかけはどこにありましたか。

 実はもっと女性らしい語尾で、「~~ですわ」なんていうせりふまわしだったんです。そういうのを全部取り払って、イメージとしては『もののけ姫』のサンみたいにしたいと思っていて。きっかけは、そっちの方がやりがいがあるし、面白いと思ったからです。どこかやんちゃな部分があって上品とは言えないような言葉遣いも。イーハン殿下(ディーン・フジオカ)以外には全員にタメ口です。私はそういう方がやっていて楽しいかなと…。原作を読んでいる人にどう思われるかなと最初は不安でしたが、私がイメージするシハナを信じてしっかり演じようと思いました。

seirei6──裾の長い衣装で二刀流の剣のアクションがありますがいかがでしたか。また、綾瀬さんとぶつかるシーンの印象は。

 剣は初めてで、すごく楽しかったです。綾瀬さんの短槍は長くて難しいと思うんですけど、私は短剣だったのでやりやすかったです。短剣はシュッシュッとやるだけだし、なんでもできます。そもそもアクションが大好きなので楽しかったです。綾瀬さんと一緒の場合は、対綾瀬さんなので危なくないように何度か手合わせするようにしました。一番気を使ったのは、綾瀬さんを傷つけたらどうしようというところ。でも綾瀬さんもしっかり受けてくれる方なので、「思い切り来てくださいね」とか「絶対避けてくださいね」という話はありました。

──真木さんというとガンアクションのイメージが強いですが、短剣を使ってのアクションとの違いはどこでしょう。

 剣のほうが圧倒的に動けますね。銃は構えて撃つという動作しかない。「MOZU」とか「SP」だと銃以外のアクションもやったけど、銃を持ったら撃つしかない。剣は剣で相手の手や足、首を切りにいったりいろいろな手があって、剣のほうがやっていても圧倒的に面白かったです。でも(足などが露出している)この衣装を着て森で戦うのは大変でした。もともと茂っていたところだったからブヨか何かいたんでしょうね。帰ったら内腿の裏がぶつぶつになっちゃって、いまだに消えない。どうしたらいいんだろうって思っています(笑)。

──ほかの共演者との現場でのふれあいやエピソードを教えてください。

 私、役によって現場での態度が違っちゃうんです(笑)。今回はシハナ役だったので、シハナってどうしても孤立というか独立しているじゃないですか。だからなのか、鈴木梨央ちゃんには近づいてもらえなかったですね(笑)。怖かったんだと思います。意識しているわけじゃないんですけど、今回シハナを演じた上で共演者の方とお話はそんなにしなかったです。

seirei5──劇中で行動をともにしていた猿との共演については。

 子どもと動物には嫌われがちなんです(笑)。でも臆さず堂々として、絶対に立場が下に見られないようにします。こっちが上だと思わせるのは得意(笑)。猿はハルちゃんっていうんですけど、(自分の肩をたたいて)こうしたら絶対登ってきます。たまに悪いことしたら叱ったりもしたし、この人の肩には乗らなきゃいけないんだって思わせるようにしつけもしました。

<プロフィール>
真木よう子(まき・ようこ)
1982年生まれ、千葉県出身。2001年女優デビュー。映画「ベロニカは死ぬことにした」で初主演。13年公開「さよなら渓谷」、「そして父になる」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞の2冠を達成。映画「海よりもまだ深く」「ぼくのおじさん」、ドラマ「最高の離婚」(フジテレビ系)「MOZU」(TBS系)など出演作多数。NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」に出演中。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】サバイバルの時代が生んだ究極のゴジラ 『GODZILLA 怪獣惑星』

映画2017年12月16日

 1954年、水爆実験の恐怖の象徴として生まれたゴジラは、その後も時代を反映してさまざまな脅威のメタファーとしてスクリーンに登場してきた。1984年の『ゴジラ』では、東西冷戦を背景にした核戦争の危機、昨年公開の『シン・ゴジラ』では、現代日本 … 続きを読む

「希望にあふれ、明日に向けて軽やかな気持ちになれる最終回に」岡本幸江(制作統括)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年12月16日

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」がいよいよ今週、最終回を迎える。過酷な運命に立ち向かい、戦乱の世を、知恵と勇気で生き抜いた主人公・井伊直虎(柴咲コウ)に魅了され、近づく別れを惜しんでいる視聴者も多いことだろう。そこで今回は、本作の企画 … 続きを読む

【映画コラム】今回の“裏主役”はルーク!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

映画2017年12月15日

 『スター・ウォーズ』シリーズ続3部作の第2章に当たる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開された。  オープニングで、ジョン・ウィリアムズ作曲のファンファーレが鳴り響くと、一気にその世界に引き込まれる。これは1977年から連綿と積み重 … 続きを読む

【インタビュー】「僕だけがいない街」古川雄輝「原作のファンにもとても喜んでいただけると思っています」

ドラマ2017年12月14日

 「ヤングエース」(KADOKAWA)に2012年~16年まで連載された人気漫画『僕だけがいない街』。16年のテレビアニメ化、実写映画化を経て、Netflixオリジナルドラマとして12月15日から世界190カ国以上で配信される。母親を殺害し … 続きを読む

【インタビュー】『ビジランテ』大森南朋「こういう映画はずっとあり続けてほしい」鈴木浩介「篠田麻里子さんからは母性の強さを感じました」桐谷健太「監督の中の“毒”みたいなものが映画になった」

映画2017年12月12日

 『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の大ヒットも記憶に新しい入江悠監督が、自らのオリジナル脚本で挑んだ『ビジランテ』が12月9日から全国公開された。入江監督の地元・埼玉県深谷市でロケを行ない、父の死をきっかけに再会した一郎、二郎、 … 続きを読む

page top