大竹しのぶ、15年後に届いた年賀状を明かす 最初の夫から「いつまでも変わらず…」

2021年11月1日 / 15:24

思い出の年賀状について語った大竹しのぶ (C)エンタメOVO

 日本郵便の「2022年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」が1日、東京都内で行われ、女優の大竹しのぶとモデルの生見愛瑠が出席した。

 大竹は、女優の芦田愛菜と共に「誰かを想う日がやってくる。」をテーマにした年賀状CMに出演する。

 完成したCMを見て、大竹は「書きたくなります。年賀状を書くときの自分の心の在り方が好き。誰かを思って、そのために時間を作って、どのペンで書こうかと考えたり…。書くという行為がこんなにもすてきなことなんだなって、改めて感じました」としみじみ語った。

 「思い出の年賀状」については、「息子がまだ赤ちゃんのときに、1985年のつくば万博で『15年後の自分に』ということで、(未来の)15歳の息子にも手紙を書いた。それが(15年後の)元日の朝に届いたのですが、本当にすてきな思い出です」と語った。

 「息子には、そのときは父親(テレビディレクターの故・服部晴治さん)がいて、(亡くなった)父親からも『15歳になった君へ』という手紙が届いたので、息子にとっては大きな宝物になったと思います」と明かした。

 「(亡夫から)私への手紙には、『いつまでも変わらず、いい女優さん、いいお母さん、いい女性であってください』と書かれていて、私が自分に書いた手紙には、『変わらず、いつも優しい人でいてほしいです』と書いてありました」と笑顔で明かした。

 さらに、「年賀状を送りたい大切な人」としては、「中村勘太郎くん、中村長三郎くん」と回答。「(亡くなった中村)勘三郎さんのお孫さん。家族ぐるみで仲良くしているけど、なかなか会えない。もう文字も読んで書ける立派な小学生になったので、今年は初めて彼らに年賀状を書こうかなと思います。(彼らにも)『書いてね』って電話して書いてもらいます」と語った。


芸能ニュースNEWS

「マイファミリー」“温人”二宮和也が誘拐犯を突き止める 意外な犯人に「こんな展開になるなんて」

ドラマ2022年5月23日

 二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、ゲーム会社のCEO・鳴沢温人(二宮)の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の … 続きを読む

「しろめし修行僧」“ぶりあん”犬飼貴丈の説教シーンに反響 「トゲのあるぶりあんがかわいい」「脳裏から離れない」

ドラマ2022年5月23日

 お笑いトリオ・ハナコの岡部大が主演するドラマ「しろめし修行僧」(テレビ東京系)の第7話が、20日に放送された。  本作は、寺の息子・米田たくあん(岡部)が、托鉢(たくはつ)で全国行脚修行を行い、各地の“ご飯のお供”と出会う様子を描く。「白 … 続きを読む

「俺かわ」“康介”山田涼介と“和泉”芳根京子のキスシーンに反響 「山田くんのキスシーンは美し過ぎる」

ドラマ2022年5月22日

 山田涼介が主演するドラマ「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(テレビ朝日系)の第6話が、21日に放送された。  本作は、山田が「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”を演じるラブコメディー。(※以下、ネタバレあり)  弥生ビールの営 … 続きを読む

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

amazon

page top