瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

2019年1月19日 / 16:59

緒形直人(左)と瑛太

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。

 藤沢周平原作の本作は、とある謎めいた男(橋爪)の呼び掛けで集まった4人の男が、犯罪計画に乗ったことから、運命の歯車が狂っていくさまを描いたサスペンス時代劇。テレビ放送に先駆けて全国5大都市を中心に期間限定上映される。

 イベントの冒頭で、司会者が「続く舞台稽古の疲れか、体調が優れず本当に残念ではありますが、断念いたしました。寄る年波もあり、大事を取らせていただくこと、平にご容赦ください」と、橋爪からの手紙を代読した。

 手紙には、今回初共演した瑛太についても、「また一緒にやりたい。それも時代劇でまた一緒にやれたら。2人で芝居をしていて伝わってくる何とも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました」とつづられていた。

 これを聞いた瑛太は「うれしいです。(共演を通して)たくさん勉強させていただいた。橋爪さんの『時代劇でやろう』という、その言葉の意味合いをちゃんと受け止めたい。本当にお体に気を付けて舞台を頑張っていただきたい」と語った。

 緒形は、瑛太について、「いつも自然体。着流しも、かつらも似合うし、肝が座っている。天賦の才というか、色気があり、若かりしころの高倉健さんのようだった。今後も若手として時代劇を引っ張ってもらいたい」と期待を口にした。

 瑛太は今回の撮影を通じて、時代劇の良さを実感したといい、「今後、日本人として誇りを持って、時代劇のできる俳優になっていきたい」と熱く語った。

 続けて「なので、僕は英語を勉強してハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません」と宣言し、会場を沸かせた。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

page top