瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

2019年1月19日 / 16:59

緒形直人(左)と瑛太

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。

 藤沢周平原作の本作は、とある謎めいた男(橋爪)の呼び掛けで集まった4人の男が、犯罪計画に乗ったことから、運命の歯車が狂っていくさまを描いたサスペンス時代劇。テレビ放送に先駆けて全国5大都市を中心に期間限定上映される。

 イベントの冒頭で、司会者が「続く舞台稽古の疲れか、体調が優れず本当に残念ではありますが、断念いたしました。寄る年波もあり、大事を取らせていただくこと、平にご容赦ください」と、橋爪からの手紙を代読した。

 手紙には、今回初共演した瑛太についても、「また一緒にやりたい。それも時代劇でまた一緒にやれたら。2人で芝居をしていて伝わってくる何とも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました」とつづられていた。

 これを聞いた瑛太は「うれしいです。(共演を通して)たくさん勉強させていただいた。橋爪さんの『時代劇でやろう』という、その言葉の意味合いをちゃんと受け止めたい。本当にお体に気を付けて舞台を頑張っていただきたい」と語った。

 緒形は、瑛太について、「いつも自然体。着流しも、かつらも似合うし、肝が座っている。天賦の才というか、色気があり、若かりしころの高倉健さんのようだった。今後も若手として時代劇を引っ張ってもらいたい」と期待を口にした。

 瑛太は今回の撮影を通じて、時代劇の良さを実感したといい、「今後、日本人として誇りを持って、時代劇のできる俳優になっていきたい」と熱く語った。

 続けて「なので、僕は英語を勉強してハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません」と宣言し、会場を沸かせた。


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top