瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

2019年1月19日 / 16:59

緒形直人(左)と瑛太

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。

 藤沢周平原作の本作は、とある謎めいた男(橋爪)の呼び掛けで集まった4人の男が、犯罪計画に乗ったことから、運命の歯車が狂っていくさまを描いたサスペンス時代劇。テレビ放送に先駆けて全国5大都市を中心に期間限定上映される。

 イベントの冒頭で、司会者が「続く舞台稽古の疲れか、体調が優れず本当に残念ではありますが、断念いたしました。寄る年波もあり、大事を取らせていただくこと、平にご容赦ください」と、橋爪からの手紙を代読した。

 手紙には、今回初共演した瑛太についても、「また一緒にやりたい。それも時代劇でまた一緒にやれたら。2人で芝居をしていて伝わってくる何とも言えない色気、こちらの想像を超えてくる芝居に、気持ちよく乗せてもらいました」とつづられていた。

 これを聞いた瑛太は「うれしいです。(共演を通して)たくさん勉強させていただいた。橋爪さんの『時代劇でやろう』という、その言葉の意味合いをちゃんと受け止めたい。本当にお体に気を付けて舞台を頑張っていただきたい」と語った。

 緒形は、瑛太について、「いつも自然体。着流しも、かつらも似合うし、肝が座っている。天賦の才というか、色気があり、若かりしころの高倉健さんのようだった。今後も若手として時代劇を引っ張ってもらいたい」と期待を口にした。

 瑛太は今回の撮影を通じて、時代劇の良さを実感したといい、「今後、日本人として誇りを持って、時代劇のできる俳優になっていきたい」と熱く語った。

 続けて「なので、僕は英語を勉強してハリウッドを目指すとか、そういった考えはありません」と宣言し、会場を沸かせた。


芸能ニュースNEWS

「元彼の遺言状」“篠田”大泉洋の身元告白に「まさかの展開」 「“麗子”綾瀬はるかが篠田を弁護する展開なら熱い」

ドラマ2022年5月24日

 綾瀬はるかが主演するドラマ「元彼の遺言状」(フジテレビ系)の第7話が、23日に放送された。  本作は、敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬)が、元彼の森川栄治(生田斗真)が遺した“奇妙な遺言”を知ったことから事件に巻き込まれていく様子を描く。(※以 … 続きを読む

「恋マジ」“柊磨”松村北斗の「今すぐ来てほしい」にキュン 「あんなに優しい声で言われたら全力で走っていく」

ドラマ2022年5月24日

 広瀬アリスと松村北斗が出演するドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が、23日に放送された。  本作は、“恋に本気になれない”6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。(※以下、ネタバレあり)  食器 … 続きを読む

檀れい、水谷豊監督の撮影現場を語る “朝の儀式”に「大きなエネルギーを頂いた」

映画2022年5月24日

 映画『太陽とボレロ』東京プレミアが23日、東京都内で行われ、出演者の檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリアと水谷豊監督が登壇した。  水谷監督のオリジナル映画3作目となる本作は、アマチュア交響楽団を舞台に、音楽を愛する個性豊かな楽団員たちの … 続きを読む

トム・クルーズ「私は仕事で夢を生きる幸せな人間」 『トップガン マーヴェリック』を携え、約4年ぶりに来日

映画2022年5月23日

 映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見が23日、東京都内で行われ、主演のトム・クルーズとプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏が登壇した。  本作は、クルーズが伝説のパイロット・マーベリックを演じ、一躍ハリウッドの頂点へと上り … 続きを読む

「マイファミリー」“温人”二宮和也が誘拐犯を突き止める 意外な犯人に「こんな展開になるなんて」

ドラマ2022年5月23日

 二宮和也が主演する日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の第7話が、22日に放送された。  本作は、ゲーム会社のCEO・鳴沢温人(二宮)の娘が誘拐されたことから始まる、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐事件で試される“家族の … 続きを読む

amazon

page top