有村架純、「ご飯を食べるときは正座」 家族ルールを語る

2018年11月22日 / 11:03

実家でのルールを語った有村架純

 映画『かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-』公開直前かぞく試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、國村隼と、ゲストの三浦友和が出席した。

 本作は地方のローカル線を舞台に温かな人間模様を描く『RAILWAYS』シリーズ3作目。夫を亡くしたシングルマザーが、夫の故郷で夫の連れ子と共に義父と共同生活を送りながら、亡き夫の夢でもあった鉄道運転士を目指す姿を描く。

 前作『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』に出演し、この日ゲストとして出席した三浦は、「中井貴一さんの一作目は島根県で、僕は富山県と大自然の中でした。雄大な景色の中、一両編成や二両だったりする雰囲気もいい。(本作は)彼女(有村)が頑固親父のところに行って、ほかに行くところがないからここにいるしかないという切なさが伝わってくる。運転手を目指す姿もけなげ」とコメント。

 三浦と初対面だった有村は、「こうして対面させていただくと思っていなかったので、今、両サイドが恐れ多すぎて、ちょっと怖いです」と三浦と國村に挟まれながら恐縮していた。

 ベテラン鉄道運転士を演じた國村は「引退間近まで電車を動かしていた人だと違和感なく見えるように、ということにはすごく気を付けました」と所作に気を付けたことを紹介した。

 家族のきずなを描いた作品にちなみ、家族のルールを語った有村。「行儀が悪かったり口が悪いと怒られて、とにかく丁寧な言葉を使いなさいと言われていました」と語り、「ご飯を食べるときは、正座をしなかったり肘をついていたり、テレビを見ていても怒られました。女兄弟で男の子がいないので、余計に父親が女性として育ててくれたのかなと思います」と振り返っていた。

 映画は30日から全国ロードショー。

(左から)三浦友和、有村架純、國村隼


芸能ニュースNEWS

横浜流星、吉高由里子と恋愛映画でW主演 「人を愛し、思うことを考えさせられた」

映画2020年10月26日

 映画『きみの瞳が問いかけている』公開記念舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、横浜流星と三木孝浩監督が登壇した。  本作は、視力を失った明香里(吉高)と、罪を犯し夢を失った塁(横浜)が偶然出会ったことから始まる純愛を … 続きを読む

「極主夫道」で玉木宏らがハロウィーン仮装 「極道版の桃太郎が最高に笑えた」

ドラマ2020年10月26日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第3話が、25日に放送された。  本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族や町のために奮闘するコメディー。   … 続きを読む

「危険なビーナス」妻夫木聡の演技に賞賛の声 「イケメンなのに情けない感が出てる」

ドラマ2020年10月26日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「「危険なビーナス」(C)TBS」(TBS系)の第3話が25日に放送された。  今回は、楓(吉高)を階段から突き落とした犯人が判明する。  伯朗(妻夫木)は、元美(中村アン)から楓が救急搬送され … 続きを読む

永作博美、役作りで井浦新とベビー用品購入 「写真を撮られたらドキドキするなって…」

映画2020年10月26日

 映画『朝が来る』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の永作博美、井浦新、蒔田彩珠、浅田美代子と河瀬直美監督が登壇した。  本作は、実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組 … 続きを読む

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

page top