有村架純、人生が変わった瞬間は…!? 石田ゆり子“33年前のスカウト”を回想

2018年9月22日 / 14:48

女優になったきっかけを振り返った有村架純

 映画『コーヒーが冷めないうちに』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、伊藤健太郎、林遣都、石田ゆり子、塚原あゆ子監督が登壇した。

 本作は、川口俊和氏のベストセラー小説を映画化。座ると望んだ時間に戻ることができる不思議な席がある喫茶店を舞台に、さまざまな後悔を抱えた客がタイムスリップする様子を描く。

 喫茶店で働く主人公・時田数を演じた有村は、映画にちなみ「人生が変わった瞬間」について尋ねられると、「やはりこのお仕事を始めたことしか思い浮かばない。15歳でお芝居がしたいと思ってオーディションを受け始めました。それがなければここに今いないなと思います」と答えた。

 芝居がしたいと思ったのは突然だったそうで「中学3年のときにドラマを見て、興味を持ちました」と語った。

 今では、主演映画が公開されるまでになったが、「本当に毎日が夢のよう。くじけそうになっても“何のために東京にいるんだ”と(当時を)思い返します」と明かした。

 同じ質問に対して、林は「この仕事と出会った瞬間」を挙げ、「中学のときに修学旅行で上京したときにスカウトされました。班行動だったのですが、そんなに親しくない班の女子3人が『渋谷に行きたい』と言ってくれて。渋谷駅のホームで事務所の方にスカウトされたので、その3人にはずっと感謝しています」と語った。

 石田も「15歳の春、自由が丘の老舗の和菓子屋さんの真ん前で声を掛けられました」とスカウトの瞬間を挙げた。「それまで水泳の選手だったので、全くそんな気はなくて…。当時は短パンとTシャツ姿。髪の毛も男の子みたいなショートカットでした。女優になるなんて親が許さないと思ったのですが、(当時は)こんなことが私の人生に起こるんだ…と感じました。33年前です」と懐かしんだ。

 一方、伊藤は「最近、名字を付けたことですね」と答えた。「いろいろなタイミングが重なったことで、今年の誕生日に芸名を健太郎から伊藤健太郎にした」といい、「変わったことですか? 映画のクレジットで、伊藤健太郎と出るようになりました」と笑わせた。

(左から)林遣都、有村架純、石田ゆり子


芸能ニュースNEWS

山里亮太、妻・蒼井優のラブシーンを「一緒に見た」 中居正広「僕は女優さんとは付き合えない」

テレビ2020年7月4日

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、3日放送のバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへスペシャル」(TBS系)にゲストとして出演した。  番組では、山里のデビューから現在に至るまでの軌跡を、約20年分のお宝映像とともに … 続きを読む

有吉弘行、渡部不倫で「見る目あったのは俺とかおぎやはぎ」 田中みな実ブレークは予想できず

テレビ2020年7月4日

 有吉弘行、田中みな実、みちょぱほかが、3日放送のバラエティー番組「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」(TBS系)に出演した。  2012年の放送開始から8年の「有吉ジャポン」が、世の中のいろいろな物事をジロジロ観察し、“人を見る目”を鍛えて … 続きを読む

佐藤浩市、自粛後の仕事に感慨を覚える 「自分が何者なのかを再確認できた」

映画2020年7月3日

 映画『銃2020』完成発表記者会見が2日、東京都内で行われ、出演者の日南響子、加藤雅也、佐藤浩市と武正晴監督ほかが出席した。  本作は、作家・中村文則氏のデビュー作を映画化した『銃』(18)を、企画・製作の奥山和由氏の着想により、新たな視 … 続きを読む

薬丸裕英、木下優樹菜“和解前”の復帰に「不思議」 坂上忍「フジモンは結構参っていた」

テレビ2020年7月3日

 タレントの坂上忍、薬丸裕英が2日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、芸能活動を自粛していたタレントの木下優樹菜が約7カ月ぶりに活動再開を発表したことを特集。  木下は、実姉との間でトラブルになったタピオ … 続きを読む

「BG」木村拓哉と豊原功補の共演に「ロンバケ同窓会」 市川実日子演じる女医との恋にも期待の声

ドラマ2020年7月3日

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の3話が2日に放送された。  本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織から飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描 … 続きを読む

page top