松坂桃李、厳しいマネジャーと“二人三脚” 「この10年でメンタルが強くなった」

2018年11月19日 / 14:17

最優秀男優賞を受賞した松坂桃李

 「第10回TAMA映画賞」の授賞式が17日、東京都内で行われ、最優秀男優賞を受賞した松坂桃李が登壇した。同じく最優秀男優賞を受賞した東出昌大は、舞台出演中のため欠席した。

 松坂は、『孤狼の血』『娼年』『不能犯』『彼女がその名を知らない鳥たち』での演技が認められての受賞。同映画賞が10回目を迎えたこともあり、「僕もお芝居を始めて10年。そんなタイミングで僕が頂けたのも何かのご縁なのかな」と語り、笑顔を見せた。

 デビュー当時を振り返った松坂は「初めてドラマが決まったときは、うちのチーフマネジャーに『いや、松坂くんは“バーター”だからよろしくね』と。バーターというのは、事務所の売れている人の力を使うやり方なんですが、この現実を受けとめろと。『ああ、そうですか』と…」と苦笑交じりにエピソードを披露した。

 続けて「2年目に『今年ちゃんと結果を出さないと、あなたは終わりです』と言われ…。そして3年目。『ここで結果を出さなければ、本当に終わりだよ』と。10年ずっと二人三脚でやってきたのですが、結構精神的に“食らう言葉”を掛けられ続け、おかげさまでメンタルがちょっと強くなりました」と笑わせた。

 松坂は「数々の作品や共演者の方と出会って、すてきな時間を過ごしてきて、その現場を用意してくれたのがチーフの方。感謝してもし切れない。結構メンタルがボロ雑巾のようにはなったけど…」と明かした。

 そんなチーフマネジャーの存在や、現場で出会ったスタッフ、共演者と過ごした時間が今の自分を作ってくれているとし、「今年で30歳。30以降からは、このたくさん受けた恩を一個一個丁寧に返していきたい」と言葉に力を込めた。

最優秀女優賞を受賞した松岡茉優(左)と最優秀男優賞を受賞した松坂桃李


芸能ニュースNEWS

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に明智光秀に報告 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族や、光秀の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることにな … 続きを読む

菅田将暉、松坂桃李との不思議な関係を語る 「他の先輩陣とは違う距離感」

ドラマ2019年5月20日

 ドラマ「パーフェクトワールド」のスペシャルナイトが20日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、木村祐一、菅田将暉が出席した。  本作は、有賀リエ氏の同名コミックを実写ドラマ化したもの。大学時代の事故で車いす生 … 続きを読む

稲村亜美“自転車の魅力”をアピール 「自転車で海や川に行っています」

トレンド2019年5月20日

 「令和元年度 自転車活用推進功績者表彰式」が20日、東京都内で行われ、自転車アンバサダーを務めるタレントの稲村亜美が登場した。 続きを読む

永瀬廉、共演者に“褒め言葉”の復唱をおねだり 「ちょっと聞こえへんかったわ」

映画2019年5月18日

 映画『うちの執事が言うことには』の公開記念舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者でKing & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太、清原翔、優希美青、神尾楓珠と久万真路監督が登壇した。  本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公 … 続きを読む

page top