岡田准一「一番の理解者でありたい」 木村大作監督の涙に“もらい泣き”

2018年9月28日 / 19:51

涙を拭う岡田准一(左)と背中をさする西島秀俊

 映画『散り椿』の公開初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮と木村大作監督が出席した。

本作は、直木賞作家・葉室麟氏の同名時代小説を映画化。藩を追放された男(岡田)が、妻の最期の願いを胸に権力に立ち向かう姿を描く。

 満席となったこの日の会場。木村監督は始めに両手を挙げて「ワー!」と喜ぶと、「泣きそう。今日は本当にありがとうございました。来年80歳になる男が皆さんを見て感動しています」と声を詰まらせながらあいさつした。

 そんな木村監督を見て、主演の岡田も“もらい泣き”。西島から受け取ったハンカチで涙を拭いながら、「大作さんと共にやれてよかった。大作さんが人生を懸けて今ここに立っているというのを、現場でも感じていたし、さっき感極まっていたのを見て、もらい泣きしてしまいました」と語った。

 さらに「この1週間、ずっと大作さんがセンチメンタルになっていて…。映画業界では怖いと有名な方なんですが、『准ちゃん、眠れないんだ』と。その思いを聞いていたし、大作さんの映画に対する思いをずっとそばで見ていたので、ヤバかったです」と込み上げる思いを吐露した。

 改めて、木村監督という存在について聞かれた岡田は「不思議な関係といいますか。大作さんの孤独も知って。一番の理解者でありたいと思ったし、はたから見たら『おかしいよ』と言われるかもしれないけど、“友”のような(存在です)」と表現した。

 続けて岡田は「ずっと大作さんは『人生の終焉(しゅうえん)を歩いている』とおっしゃっていて。そのときに、僕と『(映画を)やりたい』と言ってくださる“重み”を感じていました」と明かし、「これを終わりと思わず、もう1本でも2本でも(作品を)撮られることを望んでいます」と熱い思いを伝えた。

 木村監督は「本当にうれしい。うそも隠しもなく、岡田さんは俳優さんの中で僕のことに一番詳しい。僕の過去、考えていることが分かるんです」と語った。

 現場では、いつも岡田がすぐに心情を察知してくれたとし、「俺が『うーん』となっていると、『こういうのはどうでしょうか』と。なんてすげーやつなんだ。素晴らしいを超えている」と絶賛した。

(左から)木村大作監督、黒木華、岡田准一、西島秀俊、池松壮亮


芸能ニュースNEWS

井澤勇貴「高崎さんはおそ松そのもの」 「おそ松さん on STAGE」の舞台裏を語る

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、舞台「おそ松さん on STAGE」からおそ松役を演じている高崎翔太とF6おそ松役の井澤勇貴が登壇した。  プライベートで1度映画を見たという高崎は「年齢層が幅広くてびっ … 続きを読む

堤真一「橋本良亮が泣き出して…」と暴露 橋本「ご心配をお掛けしました」

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見&公開舞台稽古が19日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、演出家のウィル・タケット氏ほかが登場した。  ソビエトと思われる独裁国家の精神 … 続きを読む

広瀬すず「本当にうれしく、幸せに思います」 自分の顔がラッピングされた機体と対面

イベント2019年4月19日

 連続テレビ小説「なつぞら」特別塗装機お披露目会が19日、東京都内で行われ、同ドラマでヒロインの奥原なつを演じている女優の広瀬すずが出席した。  JALは、この日から「なつぞら」の特別塗装機(ボーイング737-800型機)を国内線に就航させ … 続きを読む

中田英寿「外国人の友達から評価が高い」 自身主催の“SAKE”イベントを開催

トレンド2019年4月19日

 「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」「ご当地キットカット ペアリングBAR」オープニングセレモニーが19日、東京都内で行われ、元サッカー日本代表の中田英寿氏が登場した。 続きを読む

崎山つばさ、舞台初主演で「テンション上がりすぎた」 ゲネプロで負傷アクシデント

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 舞台「幕末太陽傳 外伝」の公開ゲネプロおよび囲み取材が18日、東京都内で行われ、出演者の崎山つばさ、入江甚儀、中野あいみ、武藤十夢、愛原実花、柳亭小痴楽ほかが出席した。  本作は、日活クラシック映画を代表する故・川島雄三監督の生誕百年記念 … 続きを読む

page top