岡田准一「頭がクラクラする」 木村大作監督の絶賛に恐縮しきり

2018年8月27日 / 16:44

西島秀俊(左)と岡田准一

 映画『散り椿』の完成報告会見が27日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、木村大作監督が出席した。

 本作は、直木賞作家・葉室麟氏の同名時代小説を映画化。日本を代表する映画撮影者である木村氏の監督第3作目になる。

 亡き妻のため、故郷の藩の不正を正そうとする侍を演じた岡田は「美しい本物の時代劇を作ろうと言ってくださった、生きる伝説である大作さんと日々戦うつもりだった。2カ月間、本当に斬り合っているかのようなしびれる現場でした」と撮影を振り返った。

 殺陣に関しては岡田が提案することも多かったという。木村監督は「殺陣師は年寄りが多いから口ばっかり。岡田さんは自分で見せられるから素晴らしい。俺は三通りぐらい見せてもらって、一つをチョイスするだけだった。殺陣をつけたのは全部、岡田さん」と明かした。

 さらに「殺陣はスピード。岡田さんは三船敏郎、高倉健、仲代達矢、勝新太郎よりも速い」とべた褒め。岡田は「すごい人の名前が出てきて、頭がクラクラする。どうしたらいいか分からない」と恐縮しきりだった。

 だが、クライマックスで岡田と対峙した西島が「1~2カ月練習してきた殺陣を、(撮影)当日の朝に変えてきたことがあった。さすがにその撮影はヒリヒリした。せめて、前日に言ってほしかった」と暴露。

 岡田はバツが悪そうにしながらも、「なんか予定調和かなと思って…。でも、先輩も2回流しましたよね。3回目でようやく『分かったよ』と言ってもらえたので、粘ってよかった」と釈明した。

 映画は、カナダで開催中のモントリオール世界映画祭のオープニングを飾り、コンペティションに選出されている。木村監督は「たばこが吸えない」ことを理由に現地には行かないそうだが、岡田が「大作さんの、この映画に対する愛、人生を、世界の方に感じていただきたい」と気持ちを代弁した。

 映画は9月28日から全国東宝系でロードショー。

(左から)木村大作監督、麻生久美子、西島秀俊、岡田准一、黒木華、池松壮亮


芸能ニュースNEWS

浜辺美波“学生たちの青春写真”に涙 「もっと楽しんでおけばよかった」

映画2020年8月14日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が出席した。  本作は、男女4人の高校生の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。  劇中に登場する夏祭 … 続きを読む

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

ドラマ2020年8月14日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族 … 続きを読む

長澤まさみ「まさか。本当にうれしい」 映画『コンフィデンスマンJP』第3弾製作決定

映画2020年8月14日

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、関水渚、ジャッキーちゃんと田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで出演した。  本作は、コンフィデンス … 続きを読む

観月ありさ、ヤンキーに絡まれた中学時代を回顧 「『おまえ、放課後に時計台に来いよ』とか…」

テレビ2020年8月13日

 女優の観月ありさ、鈴木蘭々が12日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「〇〇な練馬女」をテーマにトークを展開した。  練馬区の大泉学園に住んでいたという観月は、中学時代を振り返り、「ヤンキーが多かっ … 続きを読む

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が、12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に … 続きを読む

page top