上白石萌歌、黒木華へ“憧れ”  「こういう女性を目指していきたい」

2018年8月8日 / 10:40

上白石萌歌(左)と黒木華

 映画『未来のミライ』大ヒット舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、声優を務めた上白石萌歌と黒木華が登壇した。

 本作は、甘えん坊の4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹の“ミライちゃん”が織り成すちょっと変わった「きょうだい」の物語。

 主人公のくんちゃんの声を演じた上白石は、観客動員数130万人突破の知らせに「すごいですね」と感激。街中で「くんちゃんですよね!?」と声を掛けられたエピソードを明かし、「めちゃくちゃうれしかったです」とその反響の大きさを喜んだ。

 上白石は、ミライ役を演じて初共演となった黒木に対し、「心から尊敬しています。『おおかみこどもの雨と雪』(12)の時からずっと黒木さんの声に魅了されています。今回、血のつながったきょうだい役として同じブース内でお芝居できたことが、私の中では大切な経験となりました。こういう女性を目指していきたい」と目を輝かせた。黒木は、「そんなにすてきな女性じゃないですよ」と苦笑しつつ、「こんなかわいい妹がいたらうれしいですよね」と目を細めていた。

 映画の設定にちなみ「もし4歳の自分に会ったら、どんなことを伝えたいか」という質問が出ると、黒木は「私は長女なのですが、弟ができてちょっとヤキモチを焼いていた時期なので、(当時の自分に)『大人になってすごく仲良くなるから大丈夫だよ』と言いたいですね」と回答。今では2人で食事に行く仲だというが、「当時は殴り合いのけんかをしていました」と意外な一面を明かして、観客を驚かせた。

 一方の上白石も、「2つ上の姉(上白石萌音)がいるのですが、私が小さい頃に、姉の顔に傷をつけちゃって、それが今もほんのり残っている。すごく申し訳なく思うので(当時の自分に)『もっといたわってあげて』と言いたいですね」と反省していた。

(左から)くんちゃん、上白石萌歌、黒木華


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top