長谷川博己、漱石役で放送文化基金賞を受賞 当初は「もしかして降ろされるかと…」

2017年7月4日 / 20:18

夏目漱石役で演技賞に輝いた長谷川博己

 優れたテレビ、ラジオ番組などに贈られる、第43回「放送文化基金賞」贈呈式が4日、東京都内で行われ、俳優の長谷川博己が登壇した。

 NHK土曜ドラマ「夏目漱石の妻」で漱石を演じた長谷川が番組部門の演技賞を受賞した。漱石夫妻の姿を、妻の鏡子(尾野真千子)の視点からユーモアを交えて描いたドラマは、優秀賞と演出賞にも輝いた。

 記念の盾を手にした長谷川は「ありがとうございます。本当にうれしいです」と満面の笑みを浮かべ、「すごく楽しい撮影で、キャストの皆さん、スタッフの皆さんに本当に恵まれた素晴らしい現場でした」と改めて周囲に感謝した。

 だが、オファーを受けた当初、長谷川は漱石役に不安もあったという。「確か、漱石は160センチぐらいしかなかったので、183センチある僕がやっていいのかと思いながら、顔合わせの時に脚本家の先生にお会いしたら『君、こんなに背が大きかったんだ』と言われ、もしかしてここから降ろされることもあるんじゃないかな…と一瞬危惧しましたが…」と笑いながらエピソードを披露した。

 撮影前には、漱石が五高(現・熊本大学)の教師時代に住んでいた場所にも足を運んだそうで「僕自身、実際の現場で、漱石がどういう気持ちだったのかなどと考えるのがすごく好きなんです」と明かした。

 「それが自分の性分というか、実際に(漱石の)自宅から大学までの道のりを歩きながら、漱石の気持ちを分析してみたり、鏡子さんが飛び降りた川もこういう所なんだと、全部知った上で役に入っていきました」と役づくりを振り返った。

 また、撮影中、監督に「夏目漱石は『家族がほしい』と言っていたけれど、本当に家族がほしかったんでしょうかね?」と疑問をぶつけた際には、監督から「君はそんなところまで行ってしまったのか…」と驚かれたことも告白した。

 長谷川は「今回の役は演じていると、ふと異界に入ったような感覚になることが何回もあった。それは役者としても幸せなこと。舞台でも、映画でも、テレビでも、なかなかないことなのですが、そんな刺激的な現場にいられたことが本当にうれしいです」と語った。


芸能ニュースNEWS

西野七瀬、劇団☆新感線で初舞台 「本番までになじんで楽しんでいけたら」

舞台・ミュージカル2021年1月25日

 2021年劇団☆新感線41周年春興行「Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』」制作発表が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太、阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花ほかが登壇した。  Yellow/新感線は、コロナ禍でも劇団☆新感 … 続きを読む

土屋太鳳、日本代表選手団を応援 巨大書き初めで「希」の文字を披露

イベント2021年1月25日

 「ASICS TEAM RED 応援書き初め大会」が23日、オンラインで開催され、土屋太鳳、渡辺直美が出席。陸上男子の桐生祥秀選手ほかもリモートで参加した。  イベントは、緊急事態宣言下で真摯(しんし)に取り組み続けるアスリートへ応援の気 … 続きを読む

香取慎吾「明るい“慎吾ちゃん”は封印している」 5年振りの民放ドラマ「アノニマス」で主演

ドラマ2021年1月25日

 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」オンライン記者会見が24日に行われ、出演者の香取慎吾、関水渚、MEGUMI、清水尋也、勝村政信が登場した。  SNSの誹謗(ひぼう)中傷の問題をテーマにした本作。顔の見えない犯罪者によるキーボ … 続きを読む

「天国と地獄」“八巻”溝端淳平に「最高のファインプレー」 綾瀬はるかと高橋一生が魂の入れ替わりを熱演

ドラマ2021年1月25日

 綾瀬はるか主演のドラマ「天国と地獄 ~サイコな2人~」(TBS系)の第2話が、24日に放送された。  本作は、努力家で正義感が強いが、慌て者の刑事・望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わる物語。  階段 … 続きを読む

「その女、ジルバ」“エリー”中田喜子の恋を描く 「今期1番グッとくるドラマ」

ドラマ2021年1月25日

 池脇千鶴主演のドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の第3話が、23日に放送された。  本作は、結婚相手と直前に破談し会社でも肩身が狭くなり、ついには左遷されてしまった40歳の笛吹新(池脇)が、「ホステス募集 ただし40歳以 … 続きを読む

page top