尾野真千子、演じたアラサー女性に「共感しました」 斎藤工、高校時代は「映画のヒロインに恋していました」

2017年3月15日 / 20:55

(前列左から)豊川悦司、斎藤工、市原隼人、尾野真千子、(後列左から)李相日監督、工藤伸一監督、井口昇監督、清水崇監督、飯塚健監督

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の公開直前プレミア上映会舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、市原隼人、斎藤工、豊川悦司と飯塚健監督、井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、李相日監督が出席した。

 2015年、ザ・ブルーハーツのバンド結成30周年を機に企画された本作は、「ハンマー(48億のブルース)」、「人にやさしく」、「ラブレター」、「少年の詩」、「情熱の薔薇」、「1001のバイオリン」を、6人の監督が自由な解釈で映像化した。

 「ハンマー(48億のブルース)」に主演し、恋人に浮気され、煮え切らない恋愛に悩むアラサー女性の焦燥を表現した尾野は脚本を読んで「ああ、さすがだなと思いました。私的には共感をいたしました」と感想を語り、共演者とは撮影を通して「長回しのシーンは顔合わせや本読みの時に皆で話し合って、練習を重ねて。仲いい感じで1カ月に何回か飲みますね」と明かした。

 遠い未来の宇宙を舞台にした「人にやさしく」に主演した市原は「共演者の皆さんとしっかりトレーニングして臨みました。宇宙船の中でのアクションは現代とはまた違う味が出ていると思う」とアピールした。

 “3.11”の悲劇に翻弄された一家の姿を描く「1001のバイオリン」で李監督と『フラガール』(06年)以来のタッグを組んだ豊川は「毎回毎回、緊張感の連続といいますか。なかなかオーケーしてくれない監督ということで有名なので。ね?」と李監督に目配せした。

 また、現代からタイムスリップして高校生に戻るという井口監督の初恋の思い出も詰まった「ラブレター」に主演した斎藤は「高校時代はエッチなことばかり考えていて、男子校だったので、人生の間違った選択だった。映画のヒロインに恋していました」と思い出を振り返った。

 井口監督から“太った男の子”の動きをレクチャーされながらの撮影では「基本的にちょっと上を見て気道を確保するとか、人体のメカニズム的なものを学べました。僕はいつでも太る準備はできています」と笑わせた。

 映画は4月8日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

佐藤隆太「勇気を出して参加して」 観客参加型の舞台で初の一人芝居

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 舞台「エブリ・ブリリアント・シング ~ありとあらゆるステキなこと~」公開稽古と囲み取材が24日、東京都内で行われ、出演者の佐藤隆太が登壇した。  本作は、開演前から佐藤が観客に話しかけたり、番号のついた小さなカードを渡してコミュニケーショ … 続きを読む

「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」レポート! 新たな2振りの刀剣男士が顕現

舞台・ミュージカル2020年1月24日

 「ミュージカル『刀剣乱舞』歌合 乱舞狂乱 2019」の東京公演が22~23日、東京都内の武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで上演された。  本作は、ミュージカル『刀剣乱舞』(以下、刀ミュ)に出演している刀剣男士による、歌い、踊り … 続きを読む

前田敦子、ワンオペ育児に奮闘するママ役 夫・勝地涼は「協力的に育児に参加してくれた」

ドラマ2020年1月24日

 NHKよるドラ「伝説のお母さん」完成試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、玉置玲央、大倉孝二、大地真央が出席した。  本作は、ロールプレイングゲームの世界が舞台。“伝説の魔法使い”ことメイ(前田)は、現在はワンオペ家事育児と … 続きを読む

小池栄子「大泉さんはパワーを吸い取とる」 大泉洋「それはお互い様」

映画2020年1月24日

 映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、木村多江、濱田岳、松重豊と成島出監督が登場した。  本作は、優柔不断だがなぜかモテる田島(大 … 続きを読む

横山だいすけ「だいすけお兄さんのファミリーコンサートにようこそ」 舞台「天才てれびくん」開幕

舞台・ミュージカル2020年1月23日

 舞台「天才てれびくん the STAGE~てれび戦士REBORN~」の初日舞台あいさつと公開稽古が23日、東京都内で行われ、出演者の前田公輝、横山だいすけほかが登壇した。  NHKの人気子ども番組「天才てれびくん」を舞台化した本作は、大人 … 続きを読む

page top