尾野真千子、演じたアラサー女性に「共感しました」 斎藤工、高校時代は「映画のヒロインに恋していました」

2017年3月15日 / 20:55

(前列左から)豊川悦司、斎藤工、市原隼人、尾野真千子、(後列左から)李相日監督、工藤伸一監督、井口昇監督、清水崇監督、飯塚健監督

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の公開直前プレミア上映会舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、市原隼人、斎藤工、豊川悦司と飯塚健監督、井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、李相日監督が出席した。

 2015年、ザ・ブルーハーツのバンド結成30周年を機に企画された本作は、「ハンマー(48億のブルース)」、「人にやさしく」、「ラブレター」、「少年の詩」、「情熱の薔薇」、「1001のバイオリン」を、6人の監督が自由な解釈で映像化した。

 「ハンマー(48億のブルース)」に主演し、恋人に浮気され、煮え切らない恋愛に悩むアラサー女性の焦燥を表現した尾野は脚本を読んで「ああ、さすがだなと思いました。私的には共感をいたしました」と感想を語り、共演者とは撮影を通して「長回しのシーンは顔合わせや本読みの時に皆で話し合って、練習を重ねて。仲いい感じで1カ月に何回か飲みますね」と明かした。

 遠い未来の宇宙を舞台にした「人にやさしく」に主演した市原は「共演者の皆さんとしっかりトレーニングして臨みました。宇宙船の中でのアクションは現代とはまた違う味が出ていると思う」とアピールした。

 “3.11”の悲劇に翻弄された一家の姿を描く「1001のバイオリン」で李監督と『フラガール』(06年)以来のタッグを組んだ豊川は「毎回毎回、緊張感の連続といいますか。なかなかオーケーしてくれない監督ということで有名なので。ね?」と李監督に目配せした。

 また、現代からタイムスリップして高校生に戻るという井口監督の初恋の思い出も詰まった「ラブレター」に主演した斎藤は「高校時代はエッチなことばかり考えていて、男子校だったので、人生の間違った選択だった。映画のヒロインに恋していました」と思い出を振り返った。

 井口監督から“太った男の子”の動きをレクチャーされながらの撮影では「基本的にちょっと上を見て気道を確保するとか、人体のメカニズム的なものを学べました。僕はいつでも太る準備はできています」と笑わせた。

 映画は4月8日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top