尾野真千子、演じたアラサー女性に「共感しました」 斎藤工、高校時代は「映画のヒロインに恋していました」

2017年3月15日 / 20:55

(前列左から)豊川悦司、斎藤工、市原隼人、尾野真千子、(後列左から)李相日監督、工藤伸一監督、井口昇監督、清水崇監督、飯塚健監督

 映画『ブルーハーツが聴こえる』の公開直前プレミア上映会舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の尾野真千子、市原隼人、斎藤工、豊川悦司と飯塚健監督、井口昇監督、清水崇監督、工藤伸一監督、李相日監督が出席した。

 2015年、ザ・ブルーハーツのバンド結成30周年を機に企画された本作は、「ハンマー(48億のブルース)」、「人にやさしく」、「ラブレター」、「少年の詩」、「情熱の薔薇」、「1001のバイオリン」を、6人の監督が自由な解釈で映像化した。

 「ハンマー(48億のブルース)」に主演し、恋人に浮気され、煮え切らない恋愛に悩むアラサー女性の焦燥を表現した尾野は脚本を読んで「ああ、さすがだなと思いました。私的には共感をいたしました」と感想を語り、共演者とは撮影を通して「長回しのシーンは顔合わせや本読みの時に皆で話し合って、練習を重ねて。仲いい感じで1カ月に何回か飲みますね」と明かした。

 遠い未来の宇宙を舞台にした「人にやさしく」に主演した市原は「共演者の皆さんとしっかりトレーニングして臨みました。宇宙船の中でのアクションは現代とはまた違う味が出ていると思う」とアピールした。

 “3.11”の悲劇に翻弄された一家の姿を描く「1001のバイオリン」で李監督と『フラガール』(06年)以来のタッグを組んだ豊川は「毎回毎回、緊張感の連続といいますか。なかなかオーケーしてくれない監督ということで有名なので。ね?」と李監督に目配せした。

 また、現代からタイムスリップして高校生に戻るという井口監督の初恋の思い出も詰まった「ラブレター」に主演した斎藤は「高校時代はエッチなことばかり考えていて、男子校だったので、人生の間違った選択だった。映画のヒロインに恋していました」と思い出を振り返った。

 井口監督から“太った男の子”の動きをレクチャーされながらの撮影では「基本的にちょっと上を見て気道を確保するとか、人体のメカニズム的なものを学べました。僕はいつでも太る準備はできています」と笑わせた。

 映画は4月8日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

三戸なつめ“ぱっつん前髪”からイメチェン 「三戸なつめに見えないですよね」

イベント2020年10月19日

 医療用ウィッグサービス「natuwig MEDIC」記者発表会が19日、東京都内で行われ、モデルで歌手の三戸なつめが登場した。  この日は、眉上で短く切りそろえた前髪がトレードマークの水戸が、オーダーメードウィッグを着用して登場した。   … 続きを読む

倖田來未、ステイホーム中は「息子とゲーム」 「昔のファミコンもスイッチもやっている」

イベント2020年10月19日

 「コアラ リブランディング&新商品発表会」が19日、東京都内で行われ、歌手の倖田來未が登場した。  同ブランドの「コアラソファーベッド」を愛用しているという倖田。使い心地を問われると、「硬過ぎず柔らか過ぎず、ちょうどいい。家で歌詞を書くと … 続きを読む

「極主夫道」玉木宏と滝藤賢一の“ヨガ対決”に爆笑 「まじで神回。面白過ぎて腹がよじれる」

ドラマ2020年10月19日

 玉木宏主演のドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系)の第2回が、18日に放送された。   本作は、裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道・龍(玉木)が、極道から足を洗って“専業主夫”となり、愛する家族と町を守るために奮闘する様子を描く … 続きを読む

「危険なビーナス」ディーン・フジオカが妻夫木聡とだまし合い 「“悪ディーン”にゾクゾクする」

ドラマ2020年10月19日

 妻夫木聡と吉高由里子が出演する日曜劇場ドラマ「危険なビーナス」(TBS系)の第2話が、18日に放送された。  今回は、矢神家の養子の勇磨(ディーン・フジオカ)が、伯朗(妻夫木)と楓(吉高)とだまし合いを繰り広げた。  伯朗と楓に、会うこと … 続きを読む

二宮和也、謝罪の手紙が縁で映画出演 「どんなに忙しくても絶対に断らないと決めていた」

映画2020年10月16日

 映画『浅田家!』大ヒット御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、主演の二宮和也(嵐)と中野量太監督が出席した。  本作は、写真家・浅田政志氏と、彼を支え続けた家族の実話を映画化したもの。  観客からの盛大な拍手で迎えられた二宮と中野監 … 続きを読む

page top