向井理、祖母役の野際陽子さんの死が「信じられない」 尾野真千子「野際さんから受け継いだことがある」

2017年6月19日 / 14:15

ヒット祈願を行った(左から)深川栄洋監督、尾野真千子、向井理

 映画『いつまた、君と~何日君再来 ~』の公開直前 映画ヒット祈願イベントが19日、東京都内の神田明神で行われ、出演者の尾野真千子、向井理ほかが登場した。

 本作は、向井が祖母の卒寿の祝いに、家族や親戚と自費出版して贈った祖母の手記を、映画化に向けて7年の歳月を掛けて企画した意欲作。戦後の混乱に翻弄されながらも、懸命に生きた家族の愛を描く。

 向井は「特別な家族の話ではなくて、戦後の大変な時代の全ての家族に当てはまる物語だと思っています。多くの家族に見てもらいたい作品です」とアピールした。

 本作では、向井の祖母・朋子の若き日を尾野が演じたが、81歳の現代版の朋子は13日に死去した野際陽子さんが演じており、野際さんの最後の映画出演作となった。

 トークコーナーでは、先月、野際さんが本作に寄せた「尾野さんが大切に演じられた、若い朋子のイメージを壊さないことを常に心に演じました。二度とあのような時代が来ないことを祈ります。それがどんなに大変な日々だったか、ひしひしとこの映画から感じていただきたいです」というコメントが読み上げられた。

 尾野は「野際さんから受け継いだことが、私を通して、向井くんを通して、いろんな人を通して、作品となって、受け継がれていったらいいなと感じました」と語った。

 向井は「この作品をやるに当たって、野際さんから、僕の祖母がどういう人だったのか、という長い質問状を頂きました。本当に役のことを一番に考えていらっしゃる方だったので、いまだに信じられないです」とコメントした。

 向井は、祖母を演じた野際さんをスクリーンで見た時「やっぱり似ていました。雰囲気とか方言が。ばあちゃんがいるって、すごくびっくりしました」と明かした。

 映画は6月24日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波“学生たちの青春写真”に涙 「もっと楽しんでおけばよかった」

映画2020年8月14日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』初日舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二と三木孝浩監督が出席した。  本作は、男女4人の高校生の恋愛模様を描いた青春ラブストーリー。  劇中に登場する夏祭 … 続きを読む

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」 がん患者と家族の物語に「涙腺やられた」

ドラマ2020年8月14日

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の5話が、13日に放送された。本作は、患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。  今回は、主人公の葵みどり(石原)が見守るがん患者とその家族 … 続きを読む

長澤まさみ「まさか。本当にうれしい」 映画『コンフィデンスマンJP』第3弾製作決定

映画2020年8月14日

 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』大ヒット御礼舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小手伸也、関水渚、ジャッキーちゃんと田中亮監督が登壇。小日向文世はリモートで出演した。  本作は、コンフィデンス … 続きを読む

観月ありさ、ヤンキーに絡まれた中学時代を回顧 「『おまえ、放課後に時計台に来いよ』とか…」

テレビ2020年8月13日

 女優の観月ありさ、鈴木蘭々が12日に放送されたバラエティー番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。「〇〇な練馬女」をテーマにトークを展開した。  練馬区の大泉学園に住んでいたという観月は、中学時代を振り返り、「ヤンキーが多かっ … 続きを読む

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が、12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に … 続きを読む

page top