報知映画賞、『舟を編む』『凶悪』が3冠  主演男優賞に松田龍平、「石井裕也監督のおかげ」

2013年12月18日 / 18:22

「第38回報知映画賞」受賞者たち

報知新聞社制定の「第38回報知映画賞」の表彰式が18日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した松田龍平、主演女優賞の真木よう子、助演男優賞のピエール瀧、助演女優賞の池脇千鶴、新人賞の吉岡竜輝ほかが出席した。

 作品賞・邦画部門に選ばれた『舟を編む』は、出演した松田の主演男優賞、池脇の助演女優賞で3冠を獲得。同じく『凶悪』も、ピエールの助演男優賞、池脇の助演女優賞、白石和彌監督の監督賞で3冠となった。そのほか、作品賞・海外部門に『42~世界を変えた男~』が選ばれた。

 松田は「撮影中に石井裕也監督の言うことを何も聞かず、思うところをぶつけてそれを受け止めてくれた監督のおかげで賞を頂けたのだと思います」と喜びのスピーチ。花束贈呈のゲストとして登壇した共演のお笑いコンビ・ピースの又吉直樹は「10年ぶりぐらいにご一緒させていただいて、異常に背が伸びていて存在感がさらに増していた。一切連絡をくれないので、少しは僕にも愛が欲しい」と祝福した。

 『さよなら渓谷』での演技が評価された真木は「去年の夏にこの作品で素晴らしい出会いをして、それがなければ乗り越えられないとても過酷な役でした。このような形で評価されるのはこの上ない喜びです」と笑顔で語った。ピエールは「このような賞を頂き、正直困惑の部分が多いです」と素直な心境を語ると、花束を持って駆け付けたリリー・フランキーから「読者投票では(助演男優賞は)俺だったのに」と突っ込まれる場面も。

 『潔く柔く きよくやわく』を含め3作品での演技が評価された池脇は「賞のために映画をやっているのではないですが、こうして評価してもらえるのはやはり幸せだなと思います」とマイペースを貫き、白石監督と池脇の祝福に駆けつけた山田孝之は「2度も(登壇して)すみません。決して来年こそはと顔を売っているわけではありません」と笑わせた。

 


芸能ニュースNEWS

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

川栄李奈&池田エライザ「5G体験を楽しんで」 新iPhoneの発売をオンラインで祝う

イベント2020年10月23日

 KDDI「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」が23日、オンラインで開催され、同社のCMで織姫役を演じる川栄李奈、親指姫役を演じる池田エライザが出席した。  この日の午前8時、au5Gに対応した初めての「iPhone1 … 続きを読む

小栗旬「星野源ボイスは“罪な声”」 「気持ちを穏やかにさせる声の持ち主」

映画2020年10月23日

 映画『罪の声』公開直前イベントが22日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、星野源と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフにした塩田武士氏の同名ミステリー小説を映画化。事件の真相を追う新聞記者・阿 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子演じる華が出産 「円城寺さんのダンスが意味不明で元気出た」

ドラマ2020年10月23日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第2話が、22日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。  今回 … 続きを読む

「七人の秘書」木村文乃、菜々緒、大島優子らが悪を倒す 「現代版必殺仕事人」の声も

ドラマ2020年10月23日

 木村文乃が主演するドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)の初回が、22日に放送された。  本作は、東都銀行常務秘書の望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)と情報屋の鰐 … 続きを読む

page top