深津絵里、小日向文世に「ずっと大好きです」 “雨女”藤原紀香が仰天エピソードを披露

2017年2月11日 / 14:33

小日向文世(左)と深津絵里

 映画『サバイバルファミリー』の初日舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の小日向文世、深津絵里、藤原紀香、矢口史靖監督ほかが登場した。

 本作は、ある日突然、電気や情報が絶たれ、超絶不自由生活を強いられたサバイバル能力ゼロの“鈴木家”の奮闘振りと絆を描く。

 鈴木家の父親役を演じた小日向は「おととし11月に豚に振り落とされて、癒やされぬまま、水温7度の川に無理矢理入れられて、あれから1年3カ月、こうやってお披露目する日がきました。今日は感無量です」と過酷な撮影を振り返った。

 妻役を演じた深津が、小日向に対し「長い道のり、お疲れさまでした。こんなにキュートな63歳はどこにもいません。一生かわいい人でいてください。ずっと大好きです」とねぎらいの言葉を送ると、小日向は「今の一言で(苦労が)全部吹っ飛びました」とコメントして、笑いを誘った。

 「実際にサバイバル生活をしたら、誰が一番生き残れそう?」と聞かれると、小日向は深津を指差し「深津さんは食に対しての貪欲さが半端じゃないんです。虫でもなんでもいくと思うんですね。だから絶対に生き残る。僕は駄目です。インドア派なので」と回答し、深津のたくましさを明かした。

 一方、矢口監督から「藤原さんが来た日に限って雨が降るんですよ。藤原さんが雨女だっていうことが分かりました」と暴露された藤原は「すごく言われるんです。ケニアでも干ばつで乾期の時に降っちゃって、洪水になっちゃったぐらいで。そうしたら、野生動物がパンパンうれしがって、マサイ族もうれしがって出てきちゃったりとか、すごかったんですよ」と仰天エピソードを披露して、笑わせた。

(左から)志尊淳、大野拓朗、藤原紀香、時任三郎、小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、矢口史靖監督

(左から)志尊淳、大野拓朗、藤原紀香、時任三郎、小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかな、矢口史靖監督


芸能ニュースNEWS

佐藤健「新しい歴史を提案する思いで…」 『サムライマラソン』に懸けた思いを語る

映画2019年2月23日

 映画『サムライマラソン』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演の佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人とバーナード・ローズ監督が登壇した。  本作は、1855年の幕末、安中藩主・板倉勝明が藩士を鍛 … 続きを読む

戸田恵梨香「新年号になっても語り継ぎたい…」 大原櫻子「恵梨香さんからのビンタは自慢です」

映画2019年2月23日

 映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつイベントが23日、東京都内で行われ、出演者の戸田恵梨香、大原櫻子、田中直樹(ココリコ)、平松恵美子監督が登場した。  本作は、太平洋戦争末期に子どもたちの命を守るため、日本で初めて保育園を疎開さ … 続きを読む

安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

映画2019年2月23日

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。  本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年 … 続きを読む

水谷千重子、がん手術を受けた堀ちえみを激励 「常に明るい方、気力で乗り切ってほしい」

舞台・ミュージカル2019年2月23日

 明治座「水谷千重子 50周年記念公演」初日舞台公開・囲み取材が22日、東京都内で行われ、出演者の水谷千重子(友近)、原田龍二、尼神インター誠子、田山涼成、春澪(宮迫博之)ほがが登場した。 続きを読む

岩田剛典、30歳を迎え「気負わず自然体で…」「今後の人生の趣味を見付けたい」 

イベント2019年2月23日

 「新しい『本麒麟』完成披露会」が22日、東京都内で行われ、ゲストとして岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、小嶋陽菜、土田晃之が登場した。  「本麒麟」が、製品の特徴である「ビールに近い卓越したうまさと品質」をより … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top