池松壮亮「よく分からなかった…」 盟友松居大悟監督の新作に正直すぎる感想

2016年12月15日 / 22:05

松居大悟監督(31歳)とは5つ違いの池松壮亮

 映画『アズミ・ハルコは行方不明』上映後トークイベントが15日、東京都内で行われ、松居大悟監督、松居監督の盟友でライバルでもあるという池松壮亮が出席した。

 作家・山内マリコ氏による書き下ろし小説を映画化したこの作品は、地方都市の独身OL・安曇春子(蒼井優)の失踪事件の背景と行く末を、アラサー、ハタチ、女子高生と3世代の女たちの生き方とともに描く。

 ともに福岡出身で、松居監督演出の舞台や映画に出演経験もある池松は「3日前くらいの夜に来たのですが、3人くらいしかお客さんがいなかった。今日も同じだったら帰ろうと思っていたけど、たくさん来てくださってありがとうございます」と客席の埋まった劇場内を見渡して笑いを誘った。

 若干ショックを受けたような表情の松井監督から、この作品への口コミでの評判が賛否両論巻き起こっていると説明を受け、感想を問われると「感想ね、よく分からなかったですね」と正直すぎる本音を漏らした。「嘘でしょう」と絶句した松居監督にもちゅうちょすることなく「メディアが入っているから最初に悪口を言って、あとは全部褒めますね」とあっけらかんと感想を述べた池松。

 そもそも2人は立場や年齢差(5歳)をも超えて議論し合う間柄だとし、池松は「松居さんとは近くて、お互いにけなし合いもするし褒め合うこともする。いつもの風景なのですが、こういうところでやっちゃだめですね。これは次の居酒屋に持ち込みましょう」と笑わせた。

 肝心の“褒めどころ”については「親愛なる松居大悟監督が待望の新作を発表したことと、何より蒼井優さんが主役を引き受けてこういう形で映画ができたこと」としみじみ語り、「でも全然飽きなかったです。それは本当に。普段は映画を見て飽きることがけっこうあるんですけど…」と明かした。

 また、「松居さんの映画って東京では圧倒的に盛り上がるけど、地方で松居大悟を知っている人はいないですからね。近い身としては悔しいですし、こういう映画こそ地方の人に見てほしい」と願い、自分のことも併せ知名度の向上を目標に挙げた。「ちょっと前までは同じ感じだったでしょ」と唇を尖らせた松居監督に「僕は『デスノート』をやったので」と返したが、「慣れないポップなことを」とやり返されるなど終始和やかなトークを展開した。

赤裸々にトークを展開した(左から)松居大悟監督、池松壮亮

赤裸々にトークを展開した(左から)松居大悟監督、池松壮亮


芸能ニュースNEWS

橋本良亮が朗読劇に挑戦 「ジャニーさん見ててね」

舞台・ミュージカル2020年7月9日

 音楽朗読劇「日本文学の旅」囲み取材が8日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C-Zの橋本良亮と新納慎也ほかが登壇した。  本作は、あらゆる日本文学作品がそろっている“架空の図書館”を舞台に、司書と読書家に扮(ふん)した2人の旅人が、時空を … 続きを読む

薬丸裕英、二宮和也やNEWS増田との交流を明かす 「最終的にジャニーズをけん引するのはTOKIO」

テレビ2020年7月9日

 タレントの薬丸裕英が8日放送のバラエティー番組「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲストとして出演した。  番組では、かつてジャニーズ事務所に所属し、「シブがき隊」のメンバーとして活躍した薬丸が、嵐の二宮和也やNEWSの増田貴久、ジャニ … 続きを読む

「ハケンの品格」大泉洋が再登場 「大泉洋って最高だと思いません?」の声も

ドラマ2020年7月9日

 篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第4話が8日、放送された。  本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問う。  第4話では、コネ入社を自称していた新入社員の … 続きを読む

本上まなみ、外出自粛中は自宅で子どもと相撲 「夫婦間、自分自身と向き合う時間も増えた」

イベント2020年7月8日

 エイジングケアブランド「ブライトエイジ」の「500万本突破記念 ブライトエイジPR発表会」が8日、東京都内で行われ、女優の本上まなみがゲストで出席した。  同スキンケアシリーズの売り上げが500万本を突破。アンバサダーを務めて2年目となる … 続きを読む

松本穂香&奈緒、七夕イベントで浴衣姿を披露 願い事は「一緒にキャンプに行けますように」

映画2020年7月8日

 映画『みをつくし料理帖』七夕大ヒット祈願!記者会見イベントが7日、東京都内で行われ、出演者の松本穂香、奈緒と角川春樹監督が出席した。  本作は、高田郁氏のベストセラー時代劇小説を映画化。大阪に生まれた少女・澪(みお)が、天性の料理の才を武 … 続きを読む

page top