綾瀬はるか、鈴木梨央の成長に「年齢差感じない」 2018年大河主役の鈴木亮平にアドバイス

2016年12月15日 / 18:31

女用心棒バルサを演じる綾瀬はるか

 NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」試写会および会見が15日、東京都内で行われ、出演者の綾瀬はるか、真木よう子、板垣瑞生、鈴木梨央、鈴木亮平ほかが出席した。

 日本発のファンタジー大作「精霊の守り人」シリーズを4K実写ドラマとして3年間にわたって放送しているこのドラマは、シーズン1(2016年3~4月放送)から4年後、お尋ね者となった女用心棒バルサ(綾瀬)と新ヨゴ国の皇太子になったチャグム(板垣)の別れ別れとなった2人のそれぞれの冒険を描く。

 シーズン1では子役の小林颯が演じていたチャグムが成長し、今回新たに演じた板垣について綾瀬は「初めてお会いしたときは本当に大きくなったんだなと思って、けっこうびっくりしました」と振り返り、主演大河ドラマ「八重の桜」で演じた八重の幼少期を担当したアスラ役の梨央との再会にも「背もすごく伸びていたし、大きくなったと思いました」と同じような感想を語った。

 さらに、「梨央ちゃんは本当に年下というか子どもとしゃべっている気がしないくらいしっかりしている。待ち時間に話していても年齢差を感じなくてとても楽しかったです」とうれしそうに明かして笑いを誘い、梨央も「幼少期という形で絡みがなかったのですが、今回はこんなに長く綾瀬さんと向き合ってお芝居したのが初めてだったのでうれしかったです」と喜んだ。

 呪術師スファル(柄本明)の娘シハナ役の真木は演じた役柄を「千葉のヤンキーみたいな感じ」と表現して笑いを誘い、「シハナは1人だけ金髪だし、ファンタジーだからなんでもありかなと思って暴走してやっちゃった部分がある。本当にすみません。ただ、最後はきっとシハナを好きになると思います」と自信をのぞかせた。

 また、2018年大河ドラマ「西郷どん」に主演することが決まっている亮平は「これからサードシーズンの撮影に入るので、いろいろ心構えみたいなものを質問攻めにしたい」と綾瀬へ予告し、さっそくアドバイスを求めると「すごく楽しいから、本当に大事な1年だから、じっくり味わってください」とコメントを引き出していた。

 ドラマは来年1月21日午後9時から毎週土曜オンエア。

(左から)鈴木梨央、真木よう子、綾瀬はるか、板垣瑞生、鈴木亮平

(左から)鈴木梨央、真木よう子、綾瀬はるか、板垣瑞生、鈴木亮平


芸能ニュースNEWS

霜降り明星、低姿勢貫く 次なる“冠”獲得期待も「反感買わないように」

トレンド2019年5月22日

 「よしもと学園祭2019」オススメタレントお披露目会が22日、東京都内で行われ、霜降り明星ほかが出席した。 続きを読む

堤真一「自分の映画を見て初めて泣いた」 『泣くな赤鬼』完成披露、結婚&妊娠発表の川栄李奈も登場

映画2019年5月22日

 映画『泣くな赤鬼』の完成披露試写会が21日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼と兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤 … 続きを読む

北斗晶、薬物依存について考える 「もし自分の子なら寄り添って戦えるのか」

トレンド2019年5月21日

 映画『ベン・イズ・バック』トークイベントが21日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの北斗晶、内科医で作家のおおたわ史絵氏が出席した。 続きを読む

今田美桜、公開アフレコに挑戦 声優業は「すごく難しくて勉強中です」

映画2019年5月21日

 映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』アフレコイベントが21日、東京都内で行われ、日本語版吹き替え声優を務める女優の今田美桜が出席した。  本作は、ブラックスーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為 … 続きを読む

長谷川博己、大河ドラマの撮影を前に墓参 「『必ずいいものにします』と念を込めました」

ドラマ2019年5月21日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で戦国武将・明智光秀を演じる長谷川博己が20日、光秀の菩提(ぼだい)寺である滋賀県・西教寺を訪れ、明智一族の墓に参った。  昨夏も同地を訪れたという長谷川は「今回、また西教寺に来ることになり、明智 … 続きを読む

page top