岡田准一は「パパラッチと呼ばれた男!?」 鈴木亮平と染谷将太を「撮りたくなる」

2016年12月10日 / 14:09

(左から)野間口徹、鈴木亮平、染谷将太、吉岡秀隆、綾瀬はるか、小林薫、ピエール瀧、山崎貴監督

 映画『海賊とよばれた男』の公開初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、小林薫、山崎貴監督が登壇した。

 本作は、2013年に本屋大賞を受賞した百田尚樹氏の同名小説を映画化。主人公・国岡鐵造が、明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく姿を描く。

 岡田は「山崎監督から『共に闘ってくれ』と言われてから、悩みながらチャレンジし続けて、キャストやスタッフの皆さんに支えられながら撮影してきた作品なのでうれしい」と初日を迎えた思いを笑顔で語った。

 また、撮影で苦労したことを聞かれると「VFXです」と即答し、「見えない世界の中で撮影することになるので、目の前にないものをイメージしながら現場に立っているのに苦労しました」と振り返った。

 さらに、この日、岡田以外の登壇者が映画のタイトルになぞらえ、「○○と呼ばれた男」として岡田の意外な一面を明かした。

 染谷は、岡田を「ぶれないと呼ばれた男」とし、「たたずまいもお芝居もぶれない。そして、ぶれずに俺のことをかわいがってくれる」とべた褒め。「裏では、岡田さんを『岡田さま』って呼んでいます」と岡田への熱い思いをアピールした。

 一方、鈴木は「パパラッチと呼ばれた男」と話す。鈴木は「現場ですぐに隠し撮りをしていて、1日の撮影が終わると、気を抜いている俺の写真と共に『今日の鈴木くん』というメールが送られてくるんです。その後には、染谷くんの写真も送られてくる。岡田くんと同じ現場だと気を抜くとすぐに撮られます」と暴露した。

 これに対して岡田は「撮りたくなるんです、2人は。外では見せない、抜けているところを撮るのがたまらない」と無邪気に話し、会場の笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

ファブロー監督、賀来賢人ら日本語版声優を称賛 「キャラクターのスピリットを表現してくれた」

映画2019年7月23日

 映画『ライオン・キング』のジャパンプレミアイベントが22日、東京都内で行われ、来日中のジョン・ファブロー監督、日本版声優の賀来賢人(シンバ役)、江口洋介(スカー役)、門山葉子(ナラ役)ほかが登壇した。  ディズニー・アニメの名作『ライオン … 続きを読む

上白石萌音「座右の銘にしようかな」 演じた起業家のモデルの言葉に感動

映画2019年7月23日

 映画『スタートアップ・ガールズ』の先行上映イベントが22日、東京都内で行われ、ダブル主演の上白石萌音と山崎紘菜がトークショーに登壇した。  2人は2011年の東宝「シンデレラ」オーディションで、共に審査員特別賞を受賞。本作が初共演だったが … 続きを読む

吉本興業・岡本社長、宮迫&田村亮との関係修復を希望 「非常につらい思いをさせてしまった」

ニュース2019年7月22日

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、反社会的勢力の会合に参加した“闇営業“に端を発する一連の騒動を受け、東京都内で会見を行った。  この日の会見は、20日、同社と契約解消となったお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎中のロンドンブーツ … 続きを読む

岸恵子、幼少期の悲惨な戦争体験を告白 清原果耶「同世代の方にも見てほしい」

ドラマ2019年7月22日

 NHK特集ドラマ「マンゴーの樹の下で ~ルソン島、戦火の約束~」試写会見が22日、東京都内で行われ、出演者の岸恵子、清原果耶、渡辺美佐子、山口まゆ、伊東四朗が登場した。  本作は、太平洋戦争の中で最も凄惨(せいさん)を極めたフィリピン攻防 … 続きを読む

斎藤工「業界全体が変わらなきゃいけない時代」 芸人らに「気が気じゃないだろうな」

トレンド2019年7月22日

 「読売新聞 特別記者」任命式が22日、東京都内で行われ、特別記者に任命された俳優の斎藤工が登場した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top