二宮和也がスタッフ、キャストに焼き肉をごちそう!? 山田涼介「櫻井くんに話したら『うそだろ!』」

2016年2月22日 / 17:46

(左から)原作者の松井優征氏、山本舞香、桐谷美玲、菅田将暉

 映画『暗殺教室 ―卒業編―』の製作報告会見が22日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、桐谷美玲、知英、成宮寛貴、椎名桔平、羽住英一郎監督ほかが出席した。

 本作は、人気漫画を実写化した『暗殺教室』の続編。謎の黄色いタコ型超生物・殺せんせーと、その暗殺を政府から託された生徒たちとの戦いを描く。

 主役を続投する山田のほか、前作で殺せんせーの声優を務めた二宮が殺し屋・死神として出演を果たした事も話題に。だが、2人の共演シーンはなかったそうで、二宮が「前作も、殺せんせーとして現場には一応いるという形は取っていたので、僕も現場に行きたい気持ちはありました」と語ると、山田も「共演したい気持ちはすごくありましたし、先輩の演技を身近で見てみたいと思いました」と同調した。

 それでも山田は、撮影初日に先にクランクインしていた二宮の撮影現場を訪れたことを明かし、「邪魔しちゃいけないと思って何カットかだけ見て。出てきたところで前から約束していた洗剤をプレゼントしちゃって、この日じゃなかったらって後悔しています」と苦笑いで振り返った。

 山田は、先輩・二宮の魅力について「日本を代表するアイドルグループをやっているにもかかわらず壁がないと言いますか、僕も人見知りですが先輩の中で唯一すっとお話しできるような方です」と親しみやすさを強調した。

 群馬県で泊まり込みで行った撮影の際には、二宮が仕事でその場にいなかったにもかかわらずキャストやスタッフのために焼き肉をごちそうしたそうで、山田は「スタッフさんとも結構な人数で行ったら、お会計の時に『ここは二宮さんが撮影に参加できなかった代わりにおごりです』と。おいしかったです」と感謝を口にした。

 ファンの間ではあまり他人にはおごらないことで知られている二宮だけに、山田が「このエピソードを嵐の櫻井(翔)くんに話したら『うそだろ!』ってびっくりしていました」と付け加えると、二宮は「寒かったり朝早くからと大変な撮影なので、ちょっとでも『明日から頑張ろう』という空気になればいいなと思って」と照れくさそうに理由を語った。

 映画は3月25日から全国東宝系で公開。


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top