「二宮和也さんになるべく静かにしてろよと言われた」 ももクロが日本アカデミー賞で話題賞を受賞

2016年3月5日 / 12:14

『幕が上がる』で話題賞の俳優部門を受賞したももいろクローバーZ

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『幕が上がる』に主演したももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏)が登壇した。

 ももクロは、高校の演劇部を舞台にした同作で話題賞の俳優部門を受賞。同賞は全国の映画ファンによって選ばれるもので、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を通じ、一般聴取者の投票で決定した。

 それぞれイメージカラーのドレスを身にまとって登場した5人は「話題賞を頂きました。私たち週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!!」とおなじみのポーズであいさつした。

 リーダーの百田は「今日はちゃんとした格好で来ました。やっぱり、普段テレビの画面の中にいる方々が目の前にいるのですごく緊張します。二宮(和也)さんに『なるべく静かにしてろよ』と(事前に)言われたのですが、ちょっと(Zのポーズを)やってしまいました」と語り、はにかんだ表情を見せた。

 高城も「この映画を撮った時から『いつか(日本)アカデミー賞を取ってレッドカーペットを歩きたい』と夢を世に(向けて)言っていて…。みんなからは“絶対に無理だろ”という目で見られてきたけれど、たくさんの方に映画を見てもらい、話題賞を取れてうれしいです」と語り、「まだまだ未熟な私たちですが、映画界の仲間入りがちょっとでもできるように頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

 また、話題賞の作品部門は、高校生漫画家コンビの奮闘を描いた『バクマン。』が受賞。メガホンを取った大根仁監督は「話題賞は、このアカデミー賞の中で唯一、一般の方の投票で決まる賞。若い方が支持してくださったということで、最優秀作品賞よりうれしい」と感謝した。


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top