「二宮和也さんになるべく静かにしてろよと言われた」 ももクロが日本アカデミー賞で話題賞を受賞

2016年3月5日 / 12:14
『幕が上がる』で話題賞の俳優部門を受賞したももいろクローバーZ

『幕が上がる』で話題賞の俳優部門を受賞したももいろクローバーZ

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『幕が上がる』に主演したももいろクローバーZ(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏)が登壇した。

 ももクロは、高校の演劇部を舞台にした同作で話題賞の俳優部門を受賞。同賞は全国の映画ファンによって選ばれるもので、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」を通じ、一般聴取者の投票で決定した。

 それぞれイメージカラーのドレスを身にまとって登場した5人は「話題賞を頂きました。私たち週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!!」とおなじみのポーズであいさつした。

 リーダーの百田は「今日はちゃんとした格好で来ました。やっぱり、普段テレビの画面の中にいる方々が目の前にいるのですごく緊張します。二宮(和也)さんに『なるべく静かにしてろよ』と(事前に)言われたのですが、ちょっと(Zのポーズを)やってしまいました」と語り、はにかんだ表情を見せた。

 高城も「この映画を撮った時から『いつか(日本)アカデミー賞を取ってレッドカーペットを歩きたい』と夢を世に(向けて)言っていて…。みんなからは“絶対に無理だろ”という目で見られてきたけれど、たくさんの方に映画を見てもらい、話題賞を取れてうれしいです」と語り、「まだまだ未熟な私たちですが、映画界の仲間入りがちょっとでもできるように頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

 また、話題賞の作品部門は、高校生漫画家コンビの奮闘を描いた『バクマン。』が受賞。メガホンを取った大根仁監督は「話題賞は、このアカデミー賞の中で唯一、一般の方の投票で決まる賞。若い方が支持してくださったということで、最優秀作品賞よりうれしい」と感謝した。


芸能ニュース

自転車をこいで発電に挑んだ小日向文世

小日向文世、発電イベントに挑戦 体当たりの自転車発電も反応せず

映画2017年1月16日

 映画『サバイバルファミリー』の完成披露試写会舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の小日向文世、深津絵里、泉澤祐希、葵わかなと矢口史靖監督が出席した。  矢口監督のオリジナル脚本で映画化された本作は、電気を必要とするあらゆるものが … 続きを読む

来日記者会見に登場したマーティン・スコセッシ監督

マーティン・スコセッシ監督が来日会見 「『沈黙』は積年の思いで完成させた」

映画2017年1月16日

 映画『沈黙―サイレンス―』のマーティン・スコセッシ監督が16日、東京都内で来日記者会見を行った。  本作は、遠藤周作の歴史小説『沈黙』と出会ったスコセッシ監督が、28年の時を経て映画化したもの。  17世紀の江戸初期、激しいキリシタン弾圧 … 続きを読む

「第40回日本アカデミー賞」授賞式で司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ

「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

授賞式2017年1月16日

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。  優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』 … 続きを読む

 青いブレザーの制服に身を包んだ広瀬すず

広瀬すず、改めて成田凌との交際を否定 高校卒業後「進学は考えていないです」

トレンド2017年1月16日

 「SoftBank 2017 Spring」発表会が16日、東京都内で行われ、新CMに出演した広瀬すず、大原櫻子とゲストとしてお笑いコンビのフットボールアワー(後藤輝基、岩尾望)が出席した。 続きを読む

にゃんごすたー(左)と新木優子

中島裕翔「まじですげえ。超かわいい」と大興奮 “今一番会いたい”にゃんごすたーと対面

映画2017年1月16日

 映画『僕らのごはんは明日で待ってる』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、新木優子、市井昌秀監督が登場した。  本作は、無口でネガティブな亮太(中島)と、太陽のように明るく … 続きを読む

more
page top