本木雅弘、樹木希林に「長生きして」 “困ったときの義母頼み”を明かす

2016年3月5日 / 12:24

『日本のいちばん長い日』で最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『日本のいちばん長い日』に出演した本木雅弘が最優秀助演男優賞を受賞した。

 同作で、終戦に向けて苦悩する昭和天皇を演じた本木は、「原田(眞人)監督からオファーを頂いて、そのささやかな入り口からこんなに“ありがたいこと”が起こるとは想像もしていなかった」と感謝のスピーチを。

 役を演じるに当たっては「相当プレッシャーがあった。失敗したらこの先(自分は)どうなるのかな…とも考えた。ただ、急なオファーだったので逆に飛び込めたのかもしれません」と振り返った。

 本木は、原発の設計士を演じた『天空の蜂』でも優秀助演男優賞を受賞した。役づくりについては「両作品とももがきあがいた。ちょっと詰めが甘かったかなと正直心配している部分が残っているけど、なんとかやり切ることができた。これからも新たな出会いを大切に、うまく時代の風をつかみながら楽しんでお芝居をしていけたら」と語った。

 また、最優秀賞の発表前には壇上で義母である樹木希林とのエピソードも披露する一幕も。この日は『あん』で優秀主演女優賞を受賞した樹木も来場しており、司会の西田敏行から「お義母さんはいつも(本木の)作品をご覧になっているの?」と尋ねられた本木は「今回は2作品とも出演前に悩んでいたので、先にお伺いを立てました」と説明。

 「樹木さんの助言というのは、自分にとっては正直“苦しい時の義母頼み”で、神ぐらいの力がある。深く(判断の)理由を語ったりはしないけど、常に救いになるので(自分には)なくてはならない存在」と明かし、「ですので、まだまだ長生きしていただきたい」と笑顔で壇上から呼び掛けた。

 これに対して樹木は、「とにかく(本木は)一家の主で生活が懸かっているので、仕事をしてもらわないと(困る)。黙っていると何年も(出演)しないので、すごく不安がありました。…ということです」とあっさり返して笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

浜辺美波&横浜流星「私たちはどうかしている」スタート 「美男美女過ぎて破壊力がエグい」

ドラマ2020年8月13日

 浜辺美波と横浜流星のW主演ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の初回が12日に放送された。  本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件を巡り、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が、過酷な運命に翻 … 続きを読む

ウエンツ、菅田将暉に英国留学のエピソードを披露 「イギリスの料理はおいしくないと言うけど…」

テレビ2020年8月12日

 俳優の菅田将暉が11日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士と共に出演した。  舞台は、都内のアイリッシュパブ。コロナ禍がなければ「好きな古着や演劇を見に、イギリスに観光で行こうと思っていた」という菅田は「今日 … 続きを読む

「私の家政夫ナギサさん」の過去が明らかに! 「とにかく大森南朋がかわいくて仕方がない」

ドラマ2020年8月12日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第6話が11日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻 … 続きを読む

ヒロミ「すごく気を使っていたはず」 新型コロナ感染の眞島秀和に言及

テレビ2020年8月11日

 タレントの坂上忍、ヒロミ、フリーアナウンサーの高橋真麻が11日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、俳優の眞島秀和が新型コロナウイルスに感染したことを取り上げた。眞島は6日に37.8度の発熱があり、PCR … 続きを読む

生田斗真×クドカンの単発ドラマに反響 「最後ゾワッとしたけど面白かった!」

ドラマ2020年8月11日

 生田斗真主演、宮藤官九郎氏作の単発ドラマ「JOKE~2022パニック配信!」(NHK総合)が10日、放送された。  本作は、生配信されるネット番組「俺んちチャンネル」の映像をベースに、視聴者のコメントと電話の声のみで、主人公の“たった一人 … 続きを読む

page top