本木雅弘、樹木希林に「長生きして」 “困ったときの義母頼み”を明かす

2016年3月5日 / 12:24

『日本のいちばん長い日』で最優秀助演男優賞を受賞した本木雅弘

 「第39回 日本アカデミー賞」授賞式が4日、東京都内で行われ、『日本のいちばん長い日』に出演した本木雅弘が最優秀助演男優賞を受賞した。

 同作で、終戦に向けて苦悩する昭和天皇を演じた本木は、「原田(眞人)監督からオファーを頂いて、そのささやかな入り口からこんなに“ありがたいこと”が起こるとは想像もしていなかった」と感謝のスピーチを。

 役を演じるに当たっては「相当プレッシャーがあった。失敗したらこの先(自分は)どうなるのかな…とも考えた。ただ、急なオファーだったので逆に飛び込めたのかもしれません」と振り返った。

 本木は、原発の設計士を演じた『天空の蜂』でも優秀助演男優賞を受賞した。役づくりについては「両作品とももがきあがいた。ちょっと詰めが甘かったかなと正直心配している部分が残っているけど、なんとかやり切ることができた。これからも新たな出会いを大切に、うまく時代の風をつかみながら楽しんでお芝居をしていけたら」と語った。

 また、最優秀賞の発表前には壇上で義母である樹木希林とのエピソードも披露する一幕も。この日は『あん』で優秀主演女優賞を受賞した樹木も来場しており、司会の西田敏行から「お義母さんはいつも(本木の)作品をご覧になっているの?」と尋ねられた本木は「今回は2作品とも出演前に悩んでいたので、先にお伺いを立てました」と説明。

 「樹木さんの助言というのは、自分にとっては正直“苦しい時の義母頼み”で、神ぐらいの力がある。深く(判断の)理由を語ったりはしないけど、常に救いになるので(自分には)なくてはならない存在」と明かし、「ですので、まだまだ長生きしていただきたい」と笑顔で壇上から呼び掛けた。

 これに対して樹木は、「とにかく(本木は)一家の主で生活が懸かっているので、仕事をしてもらわないと(困る)。黙っていると何年も(出演)しないので、すごく不安がありました。…ということです」とあっさり返して笑いを誘った。


芸能ニュースNEWS

竹野内豊、娘を殺され復讐に突き進む父親役 撮影中は「私生活でも苦しいときがあった」

ドラマ2021年5月14日

 「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」の完成報告会が13日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、石田ゆり子、三浦貴大と片山慎三監督が出席した。  本作は、東野圭吾氏のベストセラー小説を連続ドラマ化。男手一つで育ててきた娘を未成年の少年た … 続きを読む

「恋ぷに」石原さとみ&綾野剛の“着ぐるみ姿”に反響 「何なんですか、あのかわいい生き物は」

ドラマ2021年5月13日

 石原さとみと綾野剛がW主演するドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、海洋学者の渚海音(石原)と、ツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の“禁断の恋”を描くラブコメディー。  「私、人間じゃないの」 … 続きを読む

及川光博、デビュー25周年を振り返る 美輪明宏の「誤解されて当たり前」に感謝

CM2021年5月12日

 「ビゲン 香りのヘアカラー新CM発表会」が12日、オンラインで開催され、ビゲンブランドアンバサダーに就任した及川光博が登場した。  この日は、今年デビュー25周年を迎えた及川が、ビゲンの歴史とともに、自身の歴史を振り返るトークセッションを … 続きを読む

中村勘九郎「生きる鼓動を味わって」 コクーン歌舞伎の開幕に喜びと感謝

舞台・ミュージカル2021年5月12日

 渋谷・コクーン歌舞伎 第十七弾「夏祭浪花鑑」取材会が11日、オンラインで開催され、出演者の中村勘九郎、中村七之助、尾上松也、ほかが出席した。  浪花の市井の人々を描いた「夏祭浪花鑑」は、コクーン歌舞伎で1996年、2003年、08年に上演 … 続きを読む

「着飾る恋」川口春奈と横浜流星が“両思い確定ハグ” 「流星くんのギューからの頭ポンポンがやばい」

ドラマ2021年5月12日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4話が、11日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている主人公・真柴くるみ(川口)が、ミニマリストの駿(横浜流星)らとルームシェアをし、恋や友情を深めな … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top