三國連太郎さんお別れの会に800人 西田敏行「実に見事な生涯でした」

2013年7月19日 / 20:37

 遺影は2000年に沼津市の魚市場で撮影されたもの

 今年4月14日に亡くなった俳優・三國連太郎さんのお別れの会「三國連太郎 海峡を渡る日 ~お別れの会~」が19日、東京都内で営まれ、山田洋次監督、北大路欣也、八千草薫、岸部一徳、津川雅彦、中尾彬、石橋蓮司、三浦友和、柄本明、中井貴一、石田純一ら、約800人の著名人や関係者が参列した。

 会の名称は、長男で俳優の佐藤浩市の発案で、三國さんの代表作の映画『飢餓海峡』にちなんで付けられた。祭壇も『飢餓海峡』をモチーフに海(荒波)を表現。波瀾(はらん)万丈の人生を送った三國さんを5000本の花で表した。遺影は2000年に沼津市の魚市場で撮影されたものが使用された。

 映画『釣りバカ日誌』シリーズで22年間にわたって三國さんと共演した西田敏行が参列者代表としてお別れの言葉を述べた。

 西田は「佐藤政雄としての壮絶な生い立ちを背負って芸能界入り、以後、佐藤政雄は髪の先からつま先まですべて三國連太郎に覆われ、視界から消えました」と三國さんの俳優人生を振り返った。さらに「愛すべきスーさんを演じました。演じ切りました。その間、私が知る限り一度も佐藤政雄が姿を現したことはないと思っています」と言い切った。

 「(最後は)老いたる獅子のごとく、そっと群れから離れ、自らが歩んだ道の足跡を消し、付いてこようとする後輩に『この道は三國連太郎しか歩けない道だ』ということを無言で諭してくれました。あなたの歩んだ役者の道は誰にも踏まれることのない、一本道です。実に見事な生涯でした」と称賛した。

 さらに「同時代を生きた後輩として、誇りに思います。私も私の役者道を歩んでいこうと決心しました。三國連太郎さん、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を伝えた。


芸能ニュースNEWS

水卜麻美、最近痩せた理由を告白 「今のうちに“太りしろ”を作っている」

テレビ2020年8月5日

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑いタレントの加藤浩次ほかが、4日放送のバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)に出演。朝の情報番組「スッキリ」(同)のスタッフが、加藤らMC陣の“裏の顔”を告発した。  番組ス … 続きを読む

二宮和也「嵐の“推しメン”は大野さん」 「歌っていないときに休む癖がある」

イベント2020年8月5日

 「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」が5日、東京都内で行われ、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出席した。  ソフトバンクは、臨場感あふれる視聴体験を実現する新コンテンツサービス「5G LAB」を発表。その一 … 続きを読む

浜辺美波、理想は「好きな男の子に写真を撮ってもらうシーン」 北村匠海「女子会感に付いていけない」

映画2020年8月5日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公開直前生配信イベントが4日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、ゲストとしてYouTuberのエミリンが出席した。  男女4人の高校生の恋愛模様を描いた本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で … 続きを読む

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」

ドラマ2020年8月5日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第5話が4日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き … 続きを読む

高橋真麻、石田純一の濃密宴会報道に一言 「治療してくれた医療従事者を思い出して」

テレビ2020年8月4日

 お笑いタレントのヒロミ、フリーアナウンサーの高橋真麻が4日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、俳優の石田純一が7月下旬、福岡県に出張で5日間滞在し、ゴルフや連夜の濃密宴会を楽しんでいたと、一部週刊誌が報 … 続きを読む

page top