【花燃ゆインタビュー】奥田瑛二 「厳しくても愛があればいいと思います」 吉田松陰を厳しく指導した兵学者の叔父・玉木文之進役

2015年1月3日 / 08:22

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の文(ふみ=井上真央)や吉田松陰(伊勢谷友介)の叔父、玉木文之進を演じている奥田瑛二。山鹿流の兵学者で、萩に松下村塾を開き、幼い松陰をスパルタ教育で厳しく指導する。気骨のある人物を数多く演じ、演出・監督業でも活躍する奥田が、演技の神髄を語る。

 

玉木文之進役の奥田瑛二

-玉木文之進役のオファーがあった時はどのように思いましたか?

  玉木文之進という人物を調べてみたら、とてもスパルタで、清廉、何事にも一筋の人ということが分かりました。そのスパルタぶりがすごくて、思わず自分の父親を思い出しました。近所の人に軽いいたずらをしただけで、道路に出されてバットでたたかれるんです。でも、父には愛があって3時間もしたら許してくれました。だから文之進も愛があれば厳しくてもいいのではないかと覚悟を決めて臨みました。

-子ども時代の文をなぐるシーンがありましたね。

 役者ですからカチンコが鳴れば、本気でいってしまうという習性があります。ですから本番では本気でなぐったのですが、子役の女の子のにらみ返してきた目に涙が浮かんでいて、カットの声が掛かったらセットの隅で声を出して泣いていました。

-愛があれば厳しくてもいいと?

 そうですね。それと後々松陰が「ああいう叔父だったけど、われわれを思う気持ちで鍛え上げてくれたから…」と言っています。この一言が全てを救ってくれると思いました。

-以前大河「八重の桜」で演じられた佐久間象山とは逆のタイプに見えますが。

 象山は宇宙人のような人です。崇高な未来を見詰め、世界的にも突き抜けた精神の持ち主でした。一方、文之進は現実を見据えて日本国をどうしていくかを考えた教育者。宇宙人と人間をどう演じ分けるかですね。

-スパルタでしごいたのに松陰は文之進の思い通りにはなりませんね。

 文之進としては松陰のしていることの方が本当は正しいのかもしれないと思いながらも、自分のイデオロギーではそこまで容認することはできないという葛藤があったと思います。松陰が死んだ時のショックは相当なものであったはず。そういう思いを心の中に持っていれば演じられると考えています。

-文之進のどんなことを調べたんですか。

 萩では墓や家には行けませんでしたが、文之進の教え子である乃木希典を祭った東京の乃木神社の奥にある正松(せいしょう)神社へ行きました。そこに「玉木文之進・吉田松陰の御柱(みはしら)を祭る神社である」と記されていたので深々と一礼をしたら、心が打ち震えて涙が出てきました。これでもう何があっても文之進が守ってくれると思いました。

-松陰役の伊勢谷さんとはNHKドラマ「白洲次郎」で親子を演じています。

 以前からよく知っていますが、彼は一生懸命で、本質に近づくための努力は惜しまない人です。今回は松陰にぴったり。伊勢谷は肩の力が抜けていていいですね。松陰像としては爆発的なものを獲得するのではないでしょうか。

-主役の井上真央さんの印象は?

  撮影が始まってから、ずっと観察してきましたが、ひたむきに役に取り組む姿が印象的です。彼女は演じているときに一瞬にして役を輝かせることができる人。プレッシャーは一切見せない人です。

-大河はどんな場ですか?

  これだけいい俳優が参加しているわけですから切磋琢磨(せっさたくま)の場ですよね。でも、若い人の中には自分たちの世代がやってきた役作りとは違うものがあったりします。高良健吾も伊勢谷友介も、私たちの何倍も本を読みあさって役を作っていくんです。驚きましたし、私たちも見習って役作りやドラマへの関わり方を考えなければいけないなと思いました。佐久間象山役をやったころから、大河への参加の仕方が変わってきた気がしますね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】「麒麟がくる」 新章「京~伏魔殿編」の波乱を予感させた第二十八回「新しき幕府」における足利義昭の姿

ドラマ2020年10月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。10月18日放送の第二十八回「新しき幕府」では、織田信長(染谷将太)と共に上洛を果たした足利義昭(滝藤賢一)が将軍に就任。光秀(長谷川博己)も幕臣に加わり、幕府の新体制が始動するが…という展開 … 続きを読む

【インタビュー】映画『彼女は夢で踊る』加藤雅也「低予算の地方の映画に出るときは、普段とは違うキャラクターが演じられることに意義がある」

映画2020年10月19日

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴丈)の恋に思いをはせる。『シネマの天使』(15)で、閉館する実在の映画館を描いた時川英之監督が、今回は広島に実在するストリ … 続きを読む

【インタビュー】舞台「フリムンシスターズ」松尾スズキ「人を前にして笑わせたい、ということにこだわっているんだと改めて思いました」

舞台・ミュージカル2020年10月18日

 松尾スズキが、作・演出を務めるCOCOON PRODUCTION 2020「フリムンシスターズ」が10月24日から開幕する。本作は、故郷・沖縄での忌まわしい過去を記憶から消し去り、東京の西新宿で暮らす女と、そこで出会った絶不調のミュージカ … 続きを読む

【インタビュー】 ドラマ「マリーミ―!」久間田琳加&瀬戸利樹 ニート×国家公務員の“結婚”を演じて「結婚したくなりました!」

ドラマ2020年10月17日

 雑誌『Seventeen』の専属モデルとして人気の久間田琳加と俳優の瀬戸利樹が出演し、現在放送中のドラマ「マリーミ―!」(ABCテレビ・テレビ朝日系)。本作は、架空の法律「ニート保護法」のもと、強制的に結婚することになったニートの女性・陽 … 続きを読む

【インタビュー】映画『みをつくし料理帖』松本穂香「澪はすごいな、と思いながら演じていました」

映画2020年10月15日

 先にドラマ化もされた高田郁の同名人気時代小説を、角川春樹監督が映画化した『みをつくし料理帖』が10月16日から公開される。さまざまな困難に立ち向かいながらも、店の看板料理を生み出していく料理人の澪を演じた松本穂香に、映画の裏話や、料理につ … 続きを読む

page top