【花燃ゆインタビュー】奥田瑛二 「厳しくても愛があればいいと思います」 吉田松陰を厳しく指導した兵学者の叔父・玉木文之進役

2015年1月3日 / 08:22

 NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、主人公の文(ふみ=井上真央)や吉田松陰(伊勢谷友介)の叔父、玉木文之進を演じている奥田瑛二。山鹿流の兵学者で、萩に松下村塾を開き、幼い松陰をスパルタ教育で厳しく指導する。気骨のある人物を数多く演じ、演出・監督業でも活躍する奥田が、演技の神髄を語る。

 

玉木文之進役の奥田瑛二

-玉木文之進役のオファーがあった時はどのように思いましたか?

  玉木文之進という人物を調べてみたら、とてもスパルタで、清廉、何事にも一筋の人ということが分かりました。そのスパルタぶりがすごくて、思わず自分の父親を思い出しました。近所の人に軽いいたずらをしただけで、道路に出されてバットでたたかれるんです。でも、父には愛があって3時間もしたら許してくれました。だから文之進も愛があれば厳しくてもいいのではないかと覚悟を決めて臨みました。

-子ども時代の文をなぐるシーンがありましたね。

 役者ですからカチンコが鳴れば、本気でいってしまうという習性があります。ですから本番では本気でなぐったのですが、子役の女の子のにらみ返してきた目に涙が浮かんでいて、カットの声が掛かったらセットの隅で声を出して泣いていました。

-愛があれば厳しくてもいいと?

 そうですね。それと後々松陰が「ああいう叔父だったけど、われわれを思う気持ちで鍛え上げてくれたから…」と言っています。この一言が全てを救ってくれると思いました。

-以前大河「八重の桜」で演じられた佐久間象山とは逆のタイプに見えますが。

 象山は宇宙人のような人です。崇高な未来を見詰め、世界的にも突き抜けた精神の持ち主でした。一方、文之進は現実を見据えて日本国をどうしていくかを考えた教育者。宇宙人と人間をどう演じ分けるかですね。

-スパルタでしごいたのに松陰は文之進の思い通りにはなりませんね。

 文之進としては松陰のしていることの方が本当は正しいのかもしれないと思いながらも、自分のイデオロギーではそこまで容認することはできないという葛藤があったと思います。松陰が死んだ時のショックは相当なものであったはず。そういう思いを心の中に持っていれば演じられると考えています。

-文之進のどんなことを調べたんですか。

 萩では墓や家には行けませんでしたが、文之進の教え子である乃木希典を祭った東京の乃木神社の奥にある正松(せいしょう)神社へ行きました。そこに「玉木文之進・吉田松陰の御柱(みはしら)を祭る神社である」と記されていたので深々と一礼をしたら、心が打ち震えて涙が出てきました。これでもう何があっても文之進が守ってくれると思いました。

-松陰役の伊勢谷さんとはNHKドラマ「白洲次郎」で親子を演じています。

 以前からよく知っていますが、彼は一生懸命で、本質に近づくための努力は惜しまない人です。今回は松陰にぴったり。伊勢谷は肩の力が抜けていていいですね。松陰像としては爆発的なものを獲得するのではないでしょうか。

-主役の井上真央さんの印象は?

  撮影が始まってから、ずっと観察してきましたが、ひたむきに役に取り組む姿が印象的です。彼女は演じているときに一瞬にして役を輝かせることができる人。プレッシャーは一切見せない人です。

-大河はどんな場ですか?

  これだけいい俳優が参加しているわけですから切磋琢磨(せっさたくま)の場ですよね。でも、若い人の中には自分たちの世代がやってきた役作りとは違うものがあったりします。高良健吾も伊勢谷友介も、私たちの何倍も本を読みあさって役を作っていくんです。驚きましたし、私たちも見習って役作りやドラマへの関わり方を考えなければいけないなと思いました。佐久間象山役をやったころから、大河への参加の仕方が変わってきた気がしますね。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『キャッツ』トム・フーパー監督 フランチェスカ・ヘイワード「人間が踊りを通じてこれだけのことができるということを見せる作品」

映画2020年1月24日

 1981年のロンドンでの初演以来、世界中で上演されているミュージカル劇「キャッツ」が映画化され、1月24日から全国公開となる。公開を前に来日したトム・フーパー監督と、主役のヴィクトリアを演じたバレリーナのフランチェスカ・ヘイワードに、映画 … 続きを読む

【インタビュー】映画『シグナル100』小関裕太 デスゲーム映画に歓喜「ようやく好きなジャンルに携われる」

映画2020年1月23日

 “かわいいイケメン”で朗らかな性格、たまに繰り出す天然発言などで人気を集め、ドラマ「ごめんね青春!」で演じたトランスジェンダーの男子高生・村井守役や、連続テレビ小説「半分、青い。」でのアメリカ育ちの陽気な青年・健人役同様のほんわかしたイメ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top