【悪貨インタビュー】及川光博&黒木メイサ 「疑い合いながらも信じ合うという奇妙な関係の結末を楽しんでほしい」 若き大富豪と潜入捜査官を演じる

2014年11月10日 / 18:10

 島田雅彦氏原作の、精巧な偽札をめぐる金融サスペンス小説が及川光博と黒木メイサのW主演でドラマ化された。11月23日からWOWOWの連続ドラマW「悪貨」として、全5話で放送される。

  謎の投資家で若き大富豪の野々宮冬彦を演じる及川と、宝石店にマネーロンダリングの潜入捜査官として派遣され、捜査線上に浮かんだ野々宮の壮大な計画に巻き込まれていく宮園エリカを演じる黒木が、スタイリッシュな映像でつづられる新世代ドラマの魅力を語る。

 

初共演も息ぴったりの2人

―撮影現場はどんな雰囲気ですか?

及川 丁寧に時間をかけて作っています。連続ドラマというよりも、映画に参加している気分です。

黒木 とにかく絵(柄)がすごくかっこよくて。ミステリアスな感じが伝わってきます。

―初共演ですが、お互いの印象はいかがでしたか?

及川 最初のあいさつからキランキランと音がするぐらい朗らかで、クールビューティーからかわいい子ちゃんにイメージがくつがえされました(笑)。

黒木 イメージはやっぱりミッチー。でも演じる野々宮という役はものすごくミステリアス。かっこいいし、影があってすてきなんです。

及川 確かにつかみどころがない感じですね。どこまで本気でしゃべっているのかよく分からない。本気とうその境目が曖昧です。

黒木 撮影が終わってお話ししていても、ミッチーが出てきたり及川さんになったり、野々宮が出てきたり。なんなんだ、この人って(笑)。

及川 気遣い屋なのに気遣い屋だと思われたくないんですよ。ミッチーっていうのは、たぶん照れが生み出したゆるキャラなんですよ(笑)。場を盛り上げるミッチーと、冷静に考える及川さん、という感じかな。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top