【軍師官兵衛インタビュー】吉本実憂 「時代劇は追究していくとすごく面白い」 長政の2番目の妻として黒田家に嫁いだ徳川家康の養女栄姫役

2014年11月2日 / 17:00

 NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」で、黒田官兵衛(岡田准一)の長男・長政(松坂桃李)に16歳で嫁いだ徳川家康(寺尾聰)の養女、栄姫(えいひめ)を演じている吉本実憂。黒田家は徳川家との結び付きを強めるために、糸(高畑充希)という前妻を離縁してまで、栄姫を迎え入れた。ドラマやCMでも活躍中のフレッシュな吉本が、祝言を終えた直後から波瀾(はらん)万丈の歴史に翻弄(ほんろう)される栄姫の若き覚悟と純な思いを語る。

 

徳川家康の養女栄姫役の吉本実憂

-出演のお話があったときの心境を教えてください。

 私自身が大河ドラマのファンで、昔から家族で見ていましたので、うれしかったです。同時に「私に務まるのかな」という緊張感もありました。母が“歴女”なので、すごく喜んでくれました。

 

-時代劇は難しかったですか?

 一番苦戦したのは所作です。着物を着た状態で立ったり座ったりしますから。練習はしていたのですが、緊張すると足元がおぼつかなくなるんです。でも時代劇は追究していくとすごく面白いことがたくさん出てきました。

 

-栄姫について何か感じることはありますか?

 こういう戦のある時代に生まれてくる女性はみんな力強い女性なんだろうと思っていましたが、それだけでなくすごく純粋で繊細なんです。

 

-演じていて、共感できることはありますか?

 マイペースで思ったことをそのまま言うところなどです。官兵衛さんに面と向かって「悪いうわさが流れていましたよ」と言ってしまったりするんですから(笑)。

 

-現場で一番お話しするのはどなたですか?

中谷美紀さんです。気さくで優しい方です。所作もお芝居も勉強させてもらっています。見ているとおじぎ一つにしても私と違っていて、姿勢がちゃんとしているかどうかで、かっこいいかどうかが決まることが分かりました。

 

-夫となる松坂桃李さんとはお話をしましたか?

 柔らかい雰囲気の方かなと思っていましたが、その中に強さを感じさせる方です。実際に演技してみて、本気で皆さんにぶつかっていかなきゃいけないということをよりいっそう感じました。

 

-最近の大河ドラマで印象に残っているものはありますか?

 「江~姫たちの戦国~」でしょうか。母の横に並んで一緒に見ていました。「江」のときはまだこの仕事、お芝居自体始めていなかったんですよ。

 

-長政の前妻の糸役の高畑さんとはなにか話しましたか?

 メーク室で、長政さんと糸さんと私(栄姫)が一緒になったことがあったんです。ちょっと気まずい感じでした(笑)。そこに光さん役の中谷美紀さんが入ってきて、「すごいね、ここ」って言われました(笑)。ちょっと複雑でしたね。

 

-実在の人物を演じてみてどうですか?

 難しいなと思いました。栄姫は実在したとはいえ、資料を調べても、栄姫の感情の部分がなかなか出てこないんです。でも、難しいけれど人物像を監督ととことん話し合ってゼロから作っていけますから、楽しかったです。吉本実憂らしさが出せますしね。

 

-祝言の撮影時はどんな気持ちでした?

 祝言が終わったらすぐ結婚相手が戦にたってしまうので、とても複雑なお芝居でした。気持ちは全部目に出るので、目に気を配って演じました。俵に入る撮影も楽しかったです。今後の人生で俵に入ることはないでしょうから、わくわくしていました(笑)。私は俵に入るとき、中谷さんは俵から出るときに太兵衛役の速水もこみちさんにお姫様抱っこをしてもらいました(笑)。「平等だね」って中谷さんとほほ笑み合いました。

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top