石田純一「弱い女性に会ったことがない」  海外ドラマ「サイバー諜報員 ~インテリジェンス~」の日本語吹き替えに挑戦

2014年6月12日 / 00:00

 7月12日(土)からBSテレビ局Dlifeで放送される海外ドラマ「サイバー諜報員 ~インテリジェンス~」のゲスト声優に起用された俳優の石田純一がインタビューに応じ、作品の魅力を語った。

 ドラマは、大ヒットドラマ「LOST」のソーヤー役でブレークしたジョシュ・ホロウェイ主演の近未来スパイアクション。主人公のガブリエルは、脳内にマイクロチップを埋め込まれた敏腕スパイだが、5年前に大型テロに巻き込まれて行方不明となったCIAエージェントの妻の行方を捜し続けるなど、愛妻家の一面もある。今回、石田は‟イケメン愛妻家”という主人公との共通点からPR大使として任命され、ゲスト声優にも起用された。石田が演じた役は非公開で、放送当日のお楽しみとなっている。

「アフレコは八十点ぐらい」

 

―ドラマをご覧になった感想を教えてください。

とても面白かったです。このドラマは近未来スパイアクションですが、すぐ先の現実にも起こりそうに思える。綿密に伏線が敷かれていて、現実に起きた事件や史実をうまく絡ませながら実話のようなリライアビリティー(信頼性)が感じられる作品になっていたので、非常に怖かったです。ある意味、ニュース以上に語っている作品だと思います。夜は本を読むことが多いけど、このドラマだったら見てもいいかな。きっと有意義な時間が過ごせると思います。

 

―主人公は脳内に埋め込まれたマイクロチップの力で、世界中のネットワークに瞬時にアクセスすることができますが、もしその能力が手に入ったら、石田さんはどうしますか?

 マイクロチップで自分が知ることができた情報を一般の人たちに公開して、国民や平和のために役立てたいです。

 

―今回は‟イケメン愛妻家”という主人公との共通点からPR大使に任命されましたが、主人公に共感できる部分はありましたか。

 ありました。精神面も肉体面も含めて、男性はこうでありたいと思う本当の強さの部分を感じました。この話は、男性なら誰でも共感できると思います。

 

―ある意味、‟究極の夫婦愛”を描いている作品でもありますが。

  そうですね、最後の展開は明かせないんですけど、本当にグッときました。一緒に年月を重ねてきた夫婦の時間を思い出すシーンがあって、そこは悲しくて泣けました。こういう夫婦の愛や時間というのが人間の歴史なんだなって思いました。

 

―主人公は消息不明の妻を捜すために、脳内にチップを埋め込む選択をしますが、もし石田さんが主人公の立場だったら、奥さまのために脳内チップを埋め込む覚悟はありますか?

 もし本当に(東尾)理子がいなくなったら、自己犠牲という意味でもぜひという気持ちですかね。(息子の)理汰郎もいますし。

 

―ご家族で海外ドラマを見ることもありますか? お子さまがまだ小さくて、家でもなかなか時間が取れないかと思いますが。

 理汰郎はまだ「アンパンマン」とかアニメばかりですけど家族で見ますよ。理子は英語が分かるので、ほとんど英語で見ているんです。僕は知的な作品や学園物も結構好きで見ます。

 

―アフレコを終えた感想は?

 海外の人はすごく(演技が)うまくて早口なんですよ。口を合わせるのは難しかったけれど、八十点ぐらいは取れたんじゃないかなと思います。

 

―石田さんの役柄は番組を見てのお楽しみということですが、視聴者の方はすぐに「石田さんだ!」と分かりますか?

  どうでしょう。僕はえなりかずきくんじゃないんで(笑)。声を聴いただけで分かってもらえるのはすごいなと思いますけど。特に声のトーンは変えないで、普段の声のままでやったんですが…。

 

―好きな登場人物や気になるキャラクターはいますか?

  ライリーという女性護衛官がカッコ良くて好きです。ガブリエルの上司のリリアンもクールで渋かったです。

 

―このドラマには、知的で強くてたくましい女性キャラクターが多く登場しますが、そういう女性はいかがですか。

  しびれますよね。ただ、僕の人生で弱い女性とは出会ったことがないので。女性はみんな強いですから(笑)。

 

―最後に視聴者の方へメッセージをお願いします。

 最高に新しくて面白い作品です。一話見てハマる人も多いと思うし、ぜひいろんな人に見てもらいたいなと思いますね。お薦めです。

 

■ドラマ情報

 「サイバー諜報員 ~インテリジェンス~」

 完全無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)で、7月12日(土)から日本独占初放送。吹替版:毎週土曜23:00~24:00、字幕版:毎週金曜25:00~25:50。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

page top