ゴリ、世界のディズニーリゾートの魅力を徹底リポート  一緒に行けば「相手は絶対に“落ちる”」と太鼓判

2014年6月4日 / 14:02

 ディズニー・チャンネルの新情報番組「世界のディズニーリゾートへGO!」の放送が6月14日からスタートする。

 番組では、ナビゲーターを務めるガレッジセールのゴリが世界のディズニーリゾートを体験リポート。米カリフォルニアのほか、フロリダ、仏パリ、香港の各リゾートでのショーやパレード、アトラクション、海外ならではのフードやグッズ、直営ホテルの最新情報などを紹介する。

 ディズニー・チャンネル開局当初から要望が多かった海外のディズニーリゾートの情報番組のスタートに向けて、ゴリが意気込みを語った。

番組は6月14日スタート。初回は特別に1時間スペシャルで放送!

 

-カリフォルニアのディズニーリゾートで特に印象に残ったアトラクションやショーは何ですか。

 「ワールド・オブ・カラー」ですね。目の前の湖に、夜になると高さ何十メートルというたくさんの水柱が立ち上がり、そこに光を当てるとウォータースクリーンが現れるのですが、これが幻想的で圧巻です。昔のディズニー映画の名シーンや仲間たちが映し出され、時間を忘れるぐらいロマンチックです。相手のことを嫌っている女性でも、もし一緒に行ったら、その相手と付き合うようになるんじゃないかと思うぐらい(笑)。

 あるいは“絶対に落としたい人”とか、絶対に契約したい商談相手と行ったりしたら成立すると思います。

 

-今回はウォルト・ディズニーが実際に寝泊まりしていたアパートにも足を運んだそうですね。

 自宅に帰る時間も惜しいぐらい、何かアイデアが浮かんだらすぐにスタッフと話し合っていたのでしょうね。今回、特別にその部屋を見せてもらったのですが、エントランスを入ってすぐ左側に消防署があって、その2階がウォルトが寝泊まりしていた部屋でした。「ウォルトが寝ていたのはここのソファベッドです」と聞いたときは衝撃を受けました。僕も特別に横にならせてもらったのですが意外と小さくて。自分が優雅に気持ちよく過ごすことよりも、人を気持ち良くさせることに時間を割いていたということが伝わってきました。さらに向かい側に同じソファベッドがあって、たまに来る奥さんはそこで寝ていたそうで、それも驚きでした。

 

-実際のウォルトのことを知っているキャストのオスカーさんにもお会いしたそうですね。

  オスカーさんは、もともとはコックさんで、ディズニーリゾートの開園から1年後の1956年から働き始めて今も現役です。彼によると、ウォルトは朝の4時か5時ぐらいに消防署の2階から下りてきて、園内を回ったり、レストランの厨房(ちゅうぼう)にも入ってきて味など全部チェックしていたそうです。ウォルトがスタッフに言っていたのは「常に完璧を求めなさい」ということ。その言葉に刺激を受けて80歳を超えても頑張っているオスカーさんは“ディズニーの宝”なんです。

 

-ゴリさんは映画監督もされていますが、ウォルトの生き方に刺激を受けたところは?

 同じエンターテインメントの世界、というとおこがましいですけど…。人を喜ばせる、夢を与える仕事といっても、おそらくウォルト・ディズニーは自分自身が常に夢に包まれて生きていたからこそ、あれだけ人に夢を与えられたんだなと感じました。だから僕ももっとワクワクして夢を見ないとダメだなと思いました。

 

-最後に視聴者に向けてメッセージをお願いします。

 子どもから大人まで皆さんにご覧になっていただきたいです。僕をあなた自身だと思って見ていただけたら楽しめるはずです。僕が驚くことにはきっと皆さんも驚かれるでしょうし、僕が感動することにはきっと感動していただけると思います。

 

 番組は6月14日スタート。初回は特別に1時間スペシャルで放送!

毎週土曜日午後6時~7時、日曜日午後8時~9時。※7月からは毎週土曜日午後6時~6時30分。日曜日午後8時~8時30分。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top