ゴリ、世界のディズニーリゾートの魅力を徹底リポート  一緒に行けば「相手は絶対に“落ちる”」と太鼓判

2014年6月4日 / 14:02

 ディズニー・チャンネルの新情報番組「世界のディズニーリゾートへGO!」の放送が6月14日からスタートする。

 番組では、ナビゲーターを務めるガレッジセールのゴリが世界のディズニーリゾートを体験リポート。米カリフォルニアのほか、フロリダ、仏パリ、香港の各リゾートでのショーやパレード、アトラクション、海外ならではのフードやグッズ、直営ホテルの最新情報などを紹介する。

 ディズニー・チャンネル開局当初から要望が多かった海外のディズニーリゾートの情報番組のスタートに向けて、ゴリが意気込みを語った。

番組は6月14日スタート。初回は特別に1時間スペシャルで放送!

 

-カリフォルニアのディズニーリゾートで特に印象に残ったアトラクションやショーは何ですか。

 「ワールド・オブ・カラー」ですね。目の前の湖に、夜になると高さ何十メートルというたくさんの水柱が立ち上がり、そこに光を当てるとウォータースクリーンが現れるのですが、これが幻想的で圧巻です。昔のディズニー映画の名シーンや仲間たちが映し出され、時間を忘れるぐらいロマンチックです。相手のことを嫌っている女性でも、もし一緒に行ったら、その相手と付き合うようになるんじゃないかと思うぐらい(笑)。

 あるいは“絶対に落としたい人”とか、絶対に契約したい商談相手と行ったりしたら成立すると思います。

 

-今回はウォルト・ディズニーが実際に寝泊まりしていたアパートにも足を運んだそうですね。

 自宅に帰る時間も惜しいぐらい、何かアイデアが浮かんだらすぐにスタッフと話し合っていたのでしょうね。今回、特別にその部屋を見せてもらったのですが、エントランスを入ってすぐ左側に消防署があって、その2階がウォルトが寝泊まりしていた部屋でした。「ウォルトが寝ていたのはここのソファベッドです」と聞いたときは衝撃を受けました。僕も特別に横にならせてもらったのですが意外と小さくて。自分が優雅に気持ちよく過ごすことよりも、人を気持ち良くさせることに時間を割いていたということが伝わってきました。さらに向かい側に同じソファベッドがあって、たまに来る奥さんはそこで寝ていたそうで、それも驚きでした。

 

-実際のウォルトのことを知っているキャストのオスカーさんにもお会いしたそうですね。

  オスカーさんは、もともとはコックさんで、ディズニーリゾートの開園から1年後の1956年から働き始めて今も現役です。彼によると、ウォルトは朝の4時か5時ぐらいに消防署の2階から下りてきて、園内を回ったり、レストランの厨房(ちゅうぼう)にも入ってきて味など全部チェックしていたそうです。ウォルトがスタッフに言っていたのは「常に完璧を求めなさい」ということ。その言葉に刺激を受けて80歳を超えても頑張っているオスカーさんは“ディズニーの宝”なんです。

 

-ゴリさんは映画監督もされていますが、ウォルトの生き方に刺激を受けたところは?

 同じエンターテインメントの世界、というとおこがましいですけど…。人を喜ばせる、夢を与える仕事といっても、おそらくウォルト・ディズニーは自分自身が常に夢に包まれて生きていたからこそ、あれだけ人に夢を与えられたんだなと感じました。だから僕ももっとワクワクして夢を見ないとダメだなと思いました。

 

-最後に視聴者に向けてメッセージをお願いします。

 子どもから大人まで皆さんにご覧になっていただきたいです。僕をあなた自身だと思って見ていただけたら楽しめるはずです。僕が驚くことにはきっと皆さんも驚かれるでしょうし、僕が感動することにはきっと感動していただけると思います。

 

 番組は6月14日スタート。初回は特別に1時間スペシャルで放送!

毎週土曜日午後6時~7時、日曜日午後8時~9時。※7月からは毎週土曜日午後6時~6時30分。日曜日午後8時~8時30分。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top