沢尻エリカ「心境の変化あった」 1年半ぶりドラマで“普通の女の子”演じる

2013年11月5日 / 14:21

 女優の沢尻エリカがTBSのドラマ特別企画「時計屋の娘」に主演する。同局で昨年4月に放送されたドラマ特別企画「悪女について」以来、1年半ぶりのドラマ出演。沢尻は東日本大震災で母を亡くした、朗らかで芯が強く憎めない主人公・宮原リョウを演じる。

 「悪女について」のプロデューサー・八木康夫氏、脚本家・池端俊策氏、主演女優・沢尻エリカが再び集結した本作は、地方にある時計店を舞台に、時計職人の秋山守一(國村隼)と、その前に突然現れたリョウとの心の交流を描く。秋山と、秋山のかつての恋人の娘であるリョウが本当の父娘なのかという謎を残しつつ物語が進んでいく。

 

ドラマ特別企画「時計屋の娘」

――このドラマはどんな作品ですか?

 震災で母親を亡くして大きな喪失感のあるリョウが、父親じゃないかという人を捜して展開する人情劇です。過去の人物も出てきますが、ほとんど3人の登場人物で繰り広げられる、今ではなかなか珍しい、ドラマらしいドラマ。國村さん演じる秋山さんとのやりとりが見どころになっていると思います。

――初共演の國村隼さんの印象はいかがでしたか。

 怖い感じの方なのかなというイメージがありましたが、現場で初めてご一緒するという感じがしなかった。昔からお会いしていたような雰囲気でした。控室でもいつも和気あいあいとしていました。

――國村さんとのお芝居のやりとりについては?

 國村さんは役者としては大先輩。安心してやれましたし、現場では心強くいられました。リョウが明るく活発な女の子というキャラクターなので、よりナチュラルな芝居をしていこうと思っていました。リハーサルのときから國村さんとは“こういう形かな”というものができていたので、現場はスムーズに進みました。ドラマが進むにつれて秋山さんの心がこちらに通ってきて、それが言葉や所作に表れて、やっていて面白かったです。

――ナチュラルな芝居をするに当たって気を付けた点は何ですか。

 事前に役作りをし過ぎないというところです。ドラマを作っていくための芝居は必要ではありますが、心情を伝えるときのお芝居はファーストインプレッションが大事だと思います。気持ちでの芝居を優先させていったところはありますが、バランスに気を付けてやっていました。

――思い入れのあるシーンを教えてください。

 一番はリョウが心情を訴えながら話しているシーンです。気持ちのお芝居なので、極力作らないで自然にやりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

杉野遥亮&岡崎紗絵&宮澤エマ&向井康二「ムードメーカーは向井さん」 “山岳医療ドラマ”「マウンテンドクター」4キャストが撮影現場を語る【インタビュー】

ドラマ2024年7月13日

 杉野遥亮が主演を務めるドラマ「マウンテンドクター」(カンテレ・フジテレビ系)が、毎週月曜22時から放送中だ。本作は長野県松本市を舞台に、山岳医療の現場に放り込まれた青年医師が、さまざまな思いを抱えた山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いな … 続きを読む

「家族には、一線を超えてもそれを受け止めて、翌日にはケロッとしているという弾力みたいなものがある」橋口亮輔監督、江口のりこ『お母さんが一緒』【インタビュー】

映画2024年7月12日

 親孝行のつもりで母親を温泉旅行に連れてきた長女・弥生(江口のりこ)、次女・愛美(内田慈)、三女・清美(古川琴音)の三姉妹。3人が宿の一室で母親への愚痴を爆発させているうちにエスカレート。互いをののしり合う修羅場へと発展する。そこへ清美がサ … 続きを読む

柄本時生、賀来賢人、落合モトキ「みんなで語っていた夢を実現できたことがうれしい」長年の親友同士が、掃除屋たちの人間ドラマで共演「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」【インタビュー】

ドラマ2024年7月12日

 テレ東にて、7月12日(金)深夜24時12分から始まる「錦糸町パラダイス~渋谷から一本~」(略称:錦パラ)は、東京・墨田区錦糸町を舞台に掃除屋たちがさまざまな人々との出会いを重ねていく人間ドラマだ。本作は、俳優の柄本時生が初プロデュースを … 続きを読む

【週末映画コラム】親子について考える映画を2本 認知症の父と息子の葛藤を描く『大いなる不在』/激しくやり合う三姉妹の家族ドラマ『お母さんが一緒』

映画2024年7月12日

『大いなる不在』(7月12日公開)  幼い頃に自分と母を捨てた父・陽二(藤竜也)が警察に捕まったという知らせを受け、久しぶりに父のもとを訪れた卓(森山未來)は、認知症で変わり果てた父と再会する。  さらに、父の再婚相手の直美(原日出子)が行 … 続きを読む

石丸幹二「捨てるものもあれば、新しく受け取るものがあるのが人生」 年を重ねたからこそ分かる役との向き合い方【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年7月11日

 「劇団四季」の看板俳優として活躍し、退団後も数々のミュージカルや舞台作品に出演し、人気を博す石丸幹二。俳優としてのみならず、「題名のない音楽会」「健康カプセル!ゲンキの時間」の司会やオーケストラコンサートをはじめとした音楽活動もこなすなど … 続きを読む

Willfriends

page top