見上愛「亀梨和也さんから、多くのことを学びました」進境著しい若手俳優がノンストップサスペンスの現場でさらに飛躍 連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」【インタビュー】

2024年6月8日 / 12:00

 人気作家・東野圭吾氏の小説を亀梨和也主演でドラマ化した『連続ドラマW 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」』(全4話)が、6月9日からWOWOWで放送・配信スタートとなる(第1話無料)。広告代理店の敏腕プランナー・佐久間駿介(亀梨)が、大手自動車メーカーの副社長令嬢・葛城樹理と手を組み、狂言誘拐を実行。さまざまな思惑が絡み合い、その行方が二転三転していくノンストップサスペンスだ。

 葛城樹理を演じるのは、デビュー5年目となる今年、主演映画『不死身ラヴァーズ』が公開され、NHKの大河ドラマ「光る君へ」にも出演するなど、進境著しい若手俳優の見上愛。主演の亀梨からさまざまなことを学んだという撮影の舞台裏を聞いた。

見上愛(C)エンタメOVO

-スリリングな物語の中、見上さんが演じる葛城樹理は、佐久間と共に偽装誘拐をたくらみつつ、佐久間を翻弄(ほんろう)する一面もある人物ですが、どんなことを心掛けて演じましたか。

 まずは、脚本をきちんと読み込むことを心掛けました。せりふの一つ一つ、シーンの一つ一つに、登場人物それぞれの思惑が詰まっているので、それを見逃してはいけないと思って。しかも、樹理は偽装誘拐の裏に自分の秘めた思いも抱えています。そういうことをすべて踏まえた上で、視聴者の皆さんにネタバレしないように注意しつつ、最後にすべてが明らかになってから思い返した時に、ちょっと引っかかるような表情があった方がいい、ということを監督と話し合いながら演じました。

-その微妙なニュアンスを表現するのは、かなり難しそうですが…。

 監督や、亀梨さんを含めた3人でお話しする時間も多かったので、「どうしたらいいんだろう?」と悩むことなく、お芝居に向き合うことができました。そういう意味では、それぞれが相手に自分をどう見せていけばいいのか、計算しながら演じる部分は劇中の2人の関係につながっていくような感触がありました。

-演じるに当たって、原作を参考にした部分も?

 原作は、お話をいただいたときにすぐに読み、2003年に公開された映画版も拝見しました。演じる上では脚本がすべてだと思っていて、原作や映画は参考程度にとどめ、この作品の中での樹理を演じることに集中しました。

-今回、樹理という役を演じてみて、ご自身の中で新たな発見はありましたか。

 これまで、他人に振り回されるような役が多かったので、こんなふうに振り回す側を演じる面白さに気付きました。

-座長としての亀梨さんの印象は?

 亀梨さんは一見、自分のペースを崩さないようでいて、実は撮影がスムーズに進むように、いろいろな方に気を使い、皆さんに声掛けなどをしていらっしゃるんです。全体をよく見ていらっしゃるのと同時に、芯がぶれずにいてくださるので、とても頼もしかったです。おそらく、キャストだけでなく、スタッフの皆さんも同じように感じていたのではないかと思います。なので、士気が高くまとまりのある現場でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top