仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

2024年5月24日 / 08:15

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデートシーンを振り返りつつ、撮影の様子を語ってくれた。

(C)NHK

-出征前の優三と寅子が河原でデートするシーンは心打たれました。

 僕にとっても、すごく印象深いシーンでした。今思い出してもつらい気持ちになります。撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでしたし…。ただ、そういう感覚になることは今まであまりなかったので、それくらい素晴らしい脚本に巡り合えてよかったなと。本当に大事なシーンでした。

-あの場面を演じる上で心掛けたことは?

 「私のせいで、つらい思いをさせてごめん」と土下座する寅ちゃん(=寅子)に、優三が「寅ちゃんができることは、謝ることじゃない」と言って、自分の思いを打ち明けるんですよね。今まで寅ちゃんは、自分の判断基準を“社会的な正しさ”に置いてきました。でもそれが、彼女自身を苦しめることになった。社会的地位のために優三と結婚することが正しかったのか、自分が弁護した被告を本当に弁護すべきだったのか…。そうやって自分を厳しく責め立てる寅ちゃんに、優三は「これからは、自分の“心の正しさ”を大事にしてほしい。誰かのために頑張れる人だからこそ、自分の人生を大切にしてほしい」と伝える。そんなふうに言える優三は、本当に優しい人だなと。その優しさが伝われば、と思いながら演じていました。

-優三の出征に至るまで、劇中では徐々に戦争の影が忍び寄ってきましたが…。

 戦争に行く場面が近づくにつれ、台本を読み進めるのが、苦しくなっていきました。家族のいなかった優三が寅ちゃんと結ばれ、一緒に暮らしてきた猪爪家のみんなと本当の家族になることができ、愛する娘も生まれた。法律の道には進めなかったけど、優三が心の底から欲しかったものは、家族だったんじゃないか…。そんなふうに思っているとき、戦況はどんどん悪化していくわけですから。

-やり切れませんね。

 もちろん、優三にも「なぜ戦争に自分の幸せを奪われなければいけないのか」という怒りはあったと思うんです。でも、彼の中の主語は、あくまで寅ちゃんなんですよね。常に、寅ちゃんが悲しまないように、寅ちゃんがつらい思いをしないように、と考えている。だから優三は、戦争に行くことが避けられない以上、せめて寅ちゃんを悲しませないようにしたかったんじゃないかなと。そういうところが優三らしいですよね。

(C)NHK

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top