奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

2024年5月24日 / 08:00

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じることを通して、人を救おうとする姿を、さまざまな社会問題を絡めて描いたヒューマンストーリーだ。

 前作に続き、演じ屋ファミリーの松田アイカを演じて、磯村勇斗と共にダブル主演を務めるのが、数々の映画やテレビドラマで大活躍中の奈緒。「自分のホームグラウンド」と語る「演じ屋」への思いを聞いた。

奈緒(C)エンタメOVO

-続編の制作が決まった時のお気持ちは?

 前作の直後から、「続編ができたらいいね」と話していたので、演じ屋ファミリーの皆さんと再会できることがうれしかったです。しかも、私はWOWOWさんでドラマシリーズになる以前の『演じ屋 reDESIGN』(19)から参加させていただいているので、3度も同じチームで作品を撮れるなんて、まるで奇跡のようで。願っていても、めったに実現することではありませんから。もちろんそれは、「演じ屋」を応援してくださるファンの皆さんのおかげですし、皆さんにまた「演じ屋」をお届けできることがとてもうれしいです。

-「演じ屋」には特別な思いがあるのでしょうか。

 「演じ屋」の現場に入ると、初心を思い出すことができるんです。私はこれまで、お芝居をするに当たっては、初めてお芝居をしたときの「楽しい!」という気持ちを忘れないように心掛けてきました。今でもそれは変わりません。ただ、お仕事として結果を出さなければいけない責任感やプレッシャーから、その気持ちを見失いそうになった時期もあって。でも、お芝居をする以上は、初心と向き合い続けていきたい。その点、現場のあちこちに昔の自分がいるような気がして、純粋にお芝居ができる幸せを感じていた頃の気持ちを思い出すことができるのが、「演じ屋」なんです。

-その頃の「演じ屋」の現場はどんな様子だったのでしょうか。

 『演じ屋 reDESIGN』の頃は、みんなで合宿のような形で撮っていました。もちろん、お仕事ではありましたが、まるで自主制作のように、熱意だけでつらいこともみんな一緒に乗り越えて。衣装も自前のものが多かったのですが、「もしかしたら、また使うかも」と思い、その後もずっと手放せなかったですし。そういういろんな思い出の詰まった「演じ屋」の現場が、自分のホームグラウンドのように感じられ、毎回、「帰ってきた!」という気持ちになるんです。そういう作品に出合えたことが、とても幸せです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top