玉置玲央「柄本佑くんのおかげで、幸せな気持ちで道兼の最期を迎えられました」強烈な印象を残した藤原道兼役【「光る君へ」インタビュー】

2024年5月5日 / 20:45

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月5日放送の第十八回で、主人公まひろ/紫式部(吉高由里子)にとっては母のあだに当たる藤原道長(柄本佑)の兄・藤原道兼が壮絶な最期を迎えた。衝撃の第一回から物語の原動力の一つとなり、視聴者に強烈な印象を残した道兼を熱演した玉置玲央が、最期のシーンの舞台裏を含め、撮影を振り返ってくれた。

(C)NHK

-道兼が壮絶な最期を迎えましたが、弟の道長が立ち会う場面は、台本にはなかったそうですね。

 実は台本では、見舞いに来た道長に対して、疫病の伝染を恐れた道兼が御簾(みす)越しに「お前が倒れればわが家は終わる。二度と来るな」と追い返すことになっていたんです。でも、リハーサルの時、佑くんが「道長が御簾の中に入り、道兼に寄り添う」という芝居を提案してくれて。その時は結論が出ず、「検討する」ということになったのですが、撮影当日、佑くんが改めて「道長は寄り添うと思います」と主張し、演出の中泉(慧)さんも納得してくださり、あの場面が生まれました。

-心打たれるシーンでした。

 しかも、最期に寄り添ってくれたことは、道兼にとって転機となった第十五回の「道長に救われた」という思いが、一方的なものではなかったことがわかる瞬間でもあったんです。撮影の時はカメラが止まった後も、せきが止まらない僕の背中を、佑くんが優しくさすってくれて。つくづく、佑くんが道長でよかったなと。いろんな思いが湧き上がり、これで自分の役割を全うできると、幸せな気持ちで最期を迎えられました。

-道兼は笑いながら最期を迎えましたが、あの笑いにはどんな意味が?

 思い返してみると、単純な笑いではなく、あそこにはいろんな思いが入り混じっていた気がします。今までの所業を振り返って気付いた自分の愚かさ、父や兄に続いて自分が死を迎えて気付いた「人は必ず死ぬ」ということへのむなしさ、あるいは道長が自分の最期に寄り添ってくれたことへの喜び、それと同時に、今までの道長に対する自分の振る舞いを申し訳なく思う気持ち…。そういういろんなものが入り混じった笑いだったのかなと。

-ここで改めて、道兼と道長の関係についてお聞かせ下さい。

 元々、道兼は道長のことが大嫌いでした。父の兼家(段田安則)が道長に向かって、「わしだって三男坊だ」と気さくに語るシーンがありましたが、道兼には父とそんなやり取りはできない。だから、そのシーンを見たとき、「うらやましい」と思ったんです。でも同時に、道長のそういうところが嫌いだったんだろうなと。

-そんな道長との関係が大きく変化したのが第十五回でした。

 最も信奉し、自分の中の柱だった兼家が亡くなったとき、崩れてしまった道兼を救ってくれたのが、道長でした。それまで散々ひどいことをしてきたのに、道長はボロボロになった道兼を迎えにきて、「兄上は変われます」と、その時最も必要な言葉を、逃げずに真正面からぶつけてくれた。それは、とてもエネルギーの要ることで、道長の中でも乗り越えなければいけないハードルがたくさんあったはずです。でもそのおかげで、道長に対する感情がガラッと変わった。同時に、道兼の中で「汚れ役」の目的が、今までのような「自分の出世欲のため」ではなくなり、「誰かのため」の「汚れ役」を引き受けるようになった。

(C)NHK

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

朝夏まなと&一路真輝&夢咲ねねが語る、人生を変えるほどの大きな出会い ミュージカル「モダン・ミリー」ではハッピーを届ける【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1920年代のニューヨークを舞台にした、ハッピーオーラ全開のブロードウェイミュージカル「モダン・ミリー」が朝夏まなと主演で再演される。1967年公開のミュージカル映画を原作とした本作は、心に残る数々のソングナンバーと華やかなダンス、そして … 続きを読む

釈由美子「私の原点『ゴジラ×メカゴジラ』からご縁がつながりました」監督のラブコールを受け、日本特撮へのオマージュ満載のアメリカ映画に出演『Iké Boys イケボーイズ』【インタビュー】

映画2024年6月13日

 日本の特撮やアニメが大好きなオクラホマのオタク高校生、ショーン(クイン・ロード)とヴィクラム(ローナック・ガンディー)はある夜、日本のレアなアニメのDVDを見ていたところ、なぜかスーパーパワーを身に付けてしまう。これを機に、彼らは世界の存 … 続きを読む

Willfriends

page top