吉原光夫「ひたすら演技がうまくなりたいだけ」 演技への真摯な思いを持って新たなミュージカルへ挑む【インタビュー】

2024年2月14日 / 13:24

-ところで、昨年は大河ドラマや日曜劇場など、映像作品でも活躍されました。映像作品での現場では、どのような楽しさを感じていますか。

 映像の方は、まだ経験が少ないので、必死にやっています。ただ、座組みに恵まれているのか、映像界もすごくクリエーティブなものを作ろうとする力が強いことを感じていて、僕はそれがすごく好きです。色々なことを試してみたり、僕から出てくるものに対してきちんと意見を交わしてくれたりする世界が好きですね。

-舞台との違いはどんなところに感じていますか。

 舞台と映像で演じ分ける方も結構いらっしゃいますが、僕はそれはしていないんですよ。フォーカスやベクトルの強弱の違いだと思うので、演技法を変えるということは、今のとこあまりしていません。ただ、映像は舞台と違って最初から最後まで順番に演じるわけではないので、温度を失わないようにとは思っています。僕は集中力がうまく使える方ではないので、舞台よりもしっかりと、そのシーンの前の心情に体を慣らして作るようにしています。

-以前から映像作品でのお芝居にも興味があったのですか。

 そうですね。小さい頃からコアな映画を父親と一緒に見ていたので、映画は好きでした。それから、人間模様の最終形態は、舞台よりも映像のような気がしています。寄った映像で見せることでしか分からないものがあるじゃないですか。カット割りをバンバン入れることによって軸が飛んで、たくさんの情報量を提供できるのも映像だからできることだと思います。なので、そうした世界で一つの役を演じ切るということには興味がありましたし、やってみたらやっぱり面白いと思っています。

-舞台に出演する際に、映像での経験が生きていることを感じることはありますか。

 自分は間違ってなかったんだなとは感じています。日本の舞台界は、演技方法がバラバラなんですよ。歌舞伎の人がいたりとか、2.5次元からきている人もいたり、ミュージカルをやってきた人がいたり、色々な人がいる。それが、一斉に集まって、ごった煮のように演技をして、みんな傷つけないようにリスペクトしたふりをしている。けれども、海外では、全員が分かるエチュードがあって、共通した方法を持っている。日本の場合は、そうしたエチュードをみんなが知らないからぐちゃぐちゃな状態で、自分が否定されたり、自分が違うのかなと思うことも多かったんです。そんな中、映像で自分の完成した演技を見たり、監督と話していくうちに、舞台でやっているものがこうして使えるのだから、自分は間違った演技方法ではなかったのかなと思えるようになりました。それに、映像に出ることで1発の集中力は出たのかなとも思います。その集中力は、舞台でも使えるのではないかなと思います。

-今後はどのような活動をしていきたいですか。

 僕はあまり野望というものがなく、ただ、ひたすら演技がうまくなりたいだけなんです。うまい俳優、いい俳優になりたいという思いが強いので、そこに向かって精進するしかないと思っています。それから、45歳になり、そろそろ未来を担う若手たちの環境を考えていかないといけないなと思います。舞台界も色々な問題があります。例えば働く環境もそうですが、少しでも呼びかけをして環境を改善していくことが大事だなと思います。僕たちが頑張ってきたんだから同じ道を通れというような大人にはなりたくない。少しでもいい環境で渡してあげたいと考えています。

-最後に改めて本作の公演を楽しみにしている方にメッセージを。

 9.11の裏で起きた出来事を描いた物語ですが、われわれにとっての3.11や数々の災害、困難が起こった時も同じことだと思います。自分はどこにいればいいのか分からなくなった時、周りの人たちが無条件でここにいていいと言ってくれ、寄り添ってくれる人がいるかもしれない。今はSNS上や学校などでも小さなテロやいじめ、正義を振りかざした攻撃が日々、行われていますが、攻撃する側になるのか、それとも寄り添う側になるのかを考えさせられるミュージカルになっていると思います。

(取材・文・写真/嶋田真己)

 ブロードウェイミュージカル「カム フロム アウェイ」は、3月7日~29日に都内・日生劇場ほか、大阪、愛知、福岡、熊本、群馬で上演。

 

 

ブロードウェイミュージカル「カム フロム アウェイ」

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

飯豊まりえ「舞台をやるなら、厳しい環境で勉強したいと思っていました」シェークスピアの名作に挑む思い『ハムレットQ1』【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年5月27日

 シェークスピアの四大悲劇の一つに数えられる『ハムレット』。三種類あるその原本のうち、戯曲の原型とも言われるQ1版を、松岡和子の新訳、森新太郎の演出で上演する。5月11日から公演中の東京・PARCO劇場を皮切りに、大阪、愛知、福岡で行われる … 続きを読む

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

Willfriends

page top