「やっぱり悪役は面白いです。やっていて面白い」 佐藤二朗『ミュータント・タートルズ ミュータント・パニック!』【インタビュー】

2023年9月20日 / 08:00

 ニューヨークを舞台に、カメの忍者4人組の活躍を描き、コミック、ゲーム、アニメ、映画など、さまざまなメディアで根強い人気を誇る「ミュータント・タートルズ」。アメコミタッチの新たなビジュアルで映画化した長編アニメーション『ミュータント・タートルズ:ミュータント・パニック!』が9月22日から全国公開される。本作の日本語吹き替え版で、4人組と敵対するスーパーフライを演じた佐藤二朗に、映画や吹き替えに対する思いを聞いた。

佐藤二朗 (C)エンタメOVO

-今回のオファーが来た時の心境を。

 ありがたいことに、声優の仕事は何度目かになります。それでこれは何回も言っているんですけど、俳優の仕事は割と子どもに見せられないような年齢制限が付くものが多い。監督をした『はるヲうるひと』(21)も、主演した『さがす』(22)も年齢制限が付いたので、子どもには見せられなかったんですけど、アニメなどの声優の仕事は子どもと一緒に劇場に見に行けます。今までも一緒に見に行っているので、「また息子と行けるな」って。最初はそう思いました。

-では、演じるに当たって、子どもが見るからという意識はありましたか。

 それはあまりないです。というか、当たり前のことですけど、声優は俳優とは別の難しさがあるので、それを思う余裕がなかった。付いていくのに精いっぱいだったというところです。今までやってきた、アニメの吹き替えもそうだけど、大人も楽しめるような作品ということを考えながらやっていますから、子どもが見るからということは特に意識していないです。ただ、(レオナルド役の)宮世(琉弥)くんもこの間イベントで言っていたけど、やっぱり「うー」とか、リアクションの声が大変なんです。特に息遣いは戦うシーンなどがあるので。声優をやるときは、これを声だけで表現するのはなかなか難しいといつも思います。

-スーパーフライのキャラクターについてどう思いましたか。

 非常に人間に恨みを持っていて、人間を支配しようとたくらんでいるんです。例えば、ドッグショーとか、動物園で動物をおりに入れるとか、人間が動物にしていることの逆のことをしようとしている。それで「人間が動物を扱うように俺たちは人間を扱う」みたいなことを言うシーンがあるんです。やっぱり、こういう作品は、善と悪がいて、その両方の言い分に利がある方が深みがあっていい作品になると思います。そういう意味では、スーパーフライは、もちろん傍若無人で、強引に人間を支配しようとしているから、とんでもないやつなんですけど、確かに、動物側がそう思うようなことを人間がすることもあるんじゃないかなと、ちょっと自省を促されるところもあります。だから、スーパーフライが言っていることも、全部間違いではないという感じがするんです。ミュータントになったのだって、人間の意思なわけですから、自分が好きでなったわけじゃない。人間界になじめるんじゃないかと思って一度外に出たけど、ひどい目に遭うというような悲しい過去もあったりしますしね。

-スーパーフライは、タートルズにとっては悪役ですが、悪役を演じることで何か気を付けたことはありましたか。

 特に気を付けたことはないです。ただ、これは俳優仲間でも割と同じ意見を言う人が多いんですけど、やっぱり悪役は面白いです。やっていて面白い。すごく感じの悪いやつとか、ドロドロの内面を持っているやつとか、ものすごい野心を持っているやつとか、そのためには人なんて簡単に蹴落とすとか。そういう役をやるのは面白いです。やっぱりちょっと普段の生活とはかけ離れたことできるからですかね。まあ、それが、演じる仕事のある種の特権の一つでもあるじゃないですか。普通だったら怒られそうな人とか、後ろから刺されそうな人ができる。それは楽しいです。

-オリジナルのアイス・キューブの声も聞いたんですよね。いかがでしたか。

 スーパーフライは、明らかに彼を想定したキャラクターだから、登場シーンも、ラップみたいな感じで出てくるんです。でも、そこはあまり意識せずに、僕は僕でと思ってやりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

山崎大輝&糸川耀士郎がWキャストで挑む 市村正親×大竹しのぶによる最恐で最高のミュージカル「また一つギアを上げて頑張っていきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月5日

 市村正親×大竹しのぶ×演出・宮本亞門で作り上げる、ミュージカル「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」が3月9日から上演される。本作は、18世紀にロンドンに実在したという理髪師をモデルとする痛快にして悲しい復讐譚。2007年に市 … 続きを読む

野間口徹、NHKドラマ初主演!VR世界を舞台にした異色のラブストーリーは「自分に近すぎる役で、圧倒的に難しい」夜ドラ「VRおじさんの初恋」【インタビュー】

ドラマ2024年3月4日

 NHK総合で4月から、夜ドラ「VRおじさんの初恋」が放送スタートする。さえない独身中年男性・遠藤直樹は日々、制服姿の少女のアバター“ナオキ”を操作し、VRゲームに没頭していた。人と関わることが苦手で、VR世界でも一人で過ごすナオキだったが … 続きを読む

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

Willfriends

page top