稲垣吾郎、舞台出演で感じる充実感「表現として自分に合っている」【インタビュー】

2023年9月14日 / 08:00

稲垣吾郎(ヘアメーク:金田順子〈June〉 /スタイリスト:栗田泰臣) (C)エンタメOVO

 NHK Eテレでは教育バラエティー番組「ワルイコあつまれ」や「趣味の園芸」に出演し大きな話題を集め、主演映画『正欲』の公開も控えるなど、多岐にわたって活躍を続ける稲垣吾郎。10月6日からは、主演舞台「多重露光」が開幕する。モボ・モガプロデュースによる最新作となる本作は、脚本を横山拓也、演出を眞鍋卓嗣が務める舞台。稲垣が演じる町の写真館の2代目店主・山田純九郎にまつわる物語が展開する。稲垣に作品の見どころや意気込み、さらにはカメラにまつわる思い出などを聞いた。

-脚本を読んで最初に感じた本作の魅力を教えてください。

 最初はすごく不思議なお話だと思いました。庶民的な人情劇なのかなと思ったら、実はそうでもなくて、つかみどころがない横山さんらしい世界だなと。一見すると、普通の人物に見えるのですが、よくよく見ると不思議なキャラクターたちの集まりですし、読み終わった後も余韻が残り、考えさせられる作品だったので、面白いと思いました。これぞ横山さんワールドなのかなと思います。

-稲垣さんが演じる純九郎という人物は、どんな人物だと感じていますか。

 幼少期に母親から言われた言葉によって、逆に自分らしく生きることができずにいる人物です。純九郎は、40歳を過ぎていますが、自分が望んでいた家族の形を得ることができなかったという思いを今も抱えています。本当の自分の生き方を見つけることができていないんですよね。生きているといろいろな人間関係が生まれて、その中で家族というものへの見方も変わっていくものです。解決できていない問題があったとしても、大人になるとある程度は“ふたをする”ことを覚えていくと思うんです。忘れて生きていったり、逃げ道を見つけたり、それぞれに対処法を見つけていくものですが、純九郎は今でも家族にとらわれているので、それが僕には意外にも感じました。もちろん、そういう人もたくさんいるとは思うのですが、僕自身は全くそういうことがなかったので。

-なるほど。

 振り返ってみると、僕は本当に愛情に恵まれた家庭で育って、トラブルもなく、まだ誰かの死というものも経験していないんですよ。親もまだ元気ですし、姉にも家族がいて元気に暮らしている。僕は、親から言われた一言が呪縛となって、ずっと引っかかっているということもないので、改めて、自分は本当に恵まれていたんだなと思います。そう考えると、自分とは似ていない環境にいる純九郎ですが、ただ、純九郎が抱えている問題やこの作品で描かれていることは、家族だけに限らず、自分の中で解決できないことや引っかかっていることがあったり、思い悩んでいる人にも響く作品になればいいなと思って臨んでいます。

-舞台「サンソン―ルイ16世の首を刎ねた男―」は稲垣さんからの発信でスタートした作品だと聞いていますが、今回は、どういった形でこの作品と出合ったのですか。

 スタッフの方から、横山さんというとても魅力的な才能のある劇作家さんがいるとお聞きしたのが出会いです。僕はこうしたストレートプレーに出演したことがなかったので、ずっとやりたいと思っていたんですよ。最近は特に、スケール感の大きい演劇やミュージカルが多かったですし、こうした会話劇は実はやってきているようでやってきていないので興味があったこともあり、ぜひと思って今回の形になりました。

-先ほど、似てないと言っていましたが、稲垣さんをイメージするような人物像も見受けられました。あてがきだったのでしょうか。

 多少はあると思います。横山さんが、テレビやグループでの活動などを見てくださって感じた僕に対するパブリックイメージや、僕のラジオを聞いてくださったり、(稲垣が主演している)阪本順治監督の『半世界』を見て再発見してくださった僕を書いてくださったのかなと思います。それから、横山さんも写真がすごく好きで、芸術の勉強をされていたそうで、お話する機会をいただいたときにフィルムカメラのお話で盛り上がりました。なので、そんなお話を書いてくださっていると思います。

-本作の出演が決まったときにも「最近、写真に興味を持っています」というコメントを出していましたが、稲垣さんはどんな写真を撮るんですか。

  僕は何を撮ればいいのか迷っているタイプです。向いてないんです、カメラマンに(苦笑)。なので、すごく撮りたいものがあるわけではない人はカメラを持ってはいけないんじゃないかとも思っています。もしかしたら、撮ることよりも、カメラという機材のかっこよさや機械としての造形美に引かれているというところが大きいのかもしれません。特に、機械式カメラやフィルムカメラには、その思いが強い。僕は、機械式カメラが本当に好きで、一番古いものだと1920年代のものを持っているんですよ。恐ろしく古いですよね、100年前ですから。フィルムカメラは2000年ごろにはほとんどの機種がデジタルに移行しているのですが、その過渡期のカメラも持っていますし、ライカのカメラはコンプリートしてます。本当に大好きで、たくさん買っちゃいました(笑)。自分でも、オタク気質だなとは思うんです(笑)。元々は、フィルムで花や植物とか撮るのが好きだったんですが、植物も撮るのが難しくて。でも、お散歩して、草花を撮ったり街の景色を撮ったりしています。人に見せられるようなものではないので、なかなかお見せできるものはないですが、いつか写真展もできたらいいなと。それから、暗室を作って、フィルムの現像も自分でしています。ただ、自分の撮ったものよりも、周りの人に頼まれたフィルムや、フィルムをプレゼントしてお願いして撮ってきてもらったものを現像することが多いですね。ラジオで一緒にパーソナリティーをやっている吉田明世さんの家族の写真も現像しましたよ(笑)。現像は好きなんです。暗室にこもって現像する作業が大好きです。

-これまで、写真を撮られる機会も多かったと思います。

 そうですね。撮られることの方が多いですね。もちろん、フィルムでもたくさん撮っていただきました。今は9割以上がデジタルですが、最近はフィルムも増えてきていますよ。大企業さんの広告でも、フィルムで撮影していることがあります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top